2022年11月22日

11/22 放送 おのみなとこども食堂A

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

子どもたちや地域の方が気軽に立ち寄れて、
わいわい食事をしたり、遊んだりできる場所が「こども食堂」です。
和歌山市には約20ヶ所子ども食堂があります。
今日も昨日に引き続き「おのみなとこども食堂」さんを
ご紹介します。

お話を岡定紀さんに伺います。

収録時写真㈪.JPG
289389868_1473874003085354_5456867138201504280_n.jpg


Q おのみなとこども食堂さんの活動、具体的に教えていただけますか?
月1回でしてきました。誰でも来てくださいという形で呼びかけていました。毎回大勢、100人以上の方が来られまして、ボランティアの方や色々な方が来てくれているおかげで、今まで続けてこられました。

コロナになってからは自粛せざるを得なかったので、残念ですが自粛しておりました。一か月ほど経ってからのことですが、ある日、一人親の方が生活に不安を覚えて、食料をもしいただけるなら、ということになり、お渡しました。それからコロナになってから貧困に陥る家庭というのが、かなりいる、ということがわかりまして、支援活動を中心にこの2年半ぐらい続けてきました。
基本は食料支援なんですが、いろいろ話を聞く中で生活相談や仕事のこと、子供の悩みも聞かせてもらったので、そういうところにも支援させてもらえたら、と思っていました。

今、和歌山市内で大学生がすごく増えてきていて、大学の方からも、子ども食堂のボランティアというお話もいただきまして、子供にとっても、学校と家庭だけではなく、地域の人やお兄さんお姉さんとつながることで、子供自身の悩みも話せるようになり、そういうところにすごくやりがいを感じました。

Q 今後の予定とメッセージお願いします。
まだまだコロナが終息したわけではありませんし、引き続き、難しい運営になると思いますが、みんなとつながることを一番の目的に続けていきたいと思っております。
(子ども食堂は)地域の居場所であり、数が多ければ多いほどいいと思います。まだまだ和歌山も決して多いとは言えないと思いますので、子ども食堂がどんどん増えていくように貢献できたらなと思ってます。

Q 子ども食堂についてもっと詳しく聞きたいという方はどうすればよろしいでしょうか?
是非、スマホやインターネットで「おのみなとこども食堂」と検索してもらえたら、辿れるようになっています。どんな形でも結構ですので、メッセージでもいただけたらと思います。



122136480_1073365816469510_4512479211633476183_n.jpg
2019.12月78495086_820087668463994_2789778569549578240_n.jpg
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月21日

11/21放送 おのみなとこども食堂@

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

子どもたちや地域の方が気軽に立ち寄れて、
わいわい食事をしたり、遊んだりできる場所が「こども食堂」です。
和歌山市には約20ヶ所子ども食堂があります。
今日は、その中から「おのみなとこども食堂」さんを
ご紹介します。
お話を岡 定紀さんに伺います。

収録時写真㈪.JPG


123401733_1082606482212110_4633828861118606628_n.jpg
Q この子ども食堂運営にあたり色々な背景あったんじゃないでしょうか、その辺り教えていただけますか
2018年の4月に始めたのですが、遡ること2年前、ちょうど熊本地震があった時に、地域で復興支援バザーというのをしました。その時に高齢者の方とかが結構大変喜んでくれて「次はいつやるんですか」とか「是非、連絡ください」とか、そういう声をいただきました。

こういう地域交流的なことは結構喜ばれる方が多いんだな、ということに気づき、それを定期的にしていた時に「子ども食堂」というのが地域交流にもなっている、ということを知りました。これなら気軽に始められる、と思いまして、始めたのが2018年、というのが背景です。

うちの地域でも一人暮らしの高齢者の方が増えてきています。私もこの地域で生まれ育ったのですが、子供の頃と比べても、その地域とのつながりというのが随分なくなってきたということを実感しています。

私も子供を持つ親なのですが、他の子供に、学校から帰ってくる子供に気軽に声をかけづらいような感じもあります。私ですらそう思うのですから、高齢者の方がもっと気軽に子供と接していけるような機会が、実は欲しいのではないかな、と感じています。
私が子供の時は公園に行けば、もっと、おばちゃんやおじちゃんがいました。それが、子供の数が減った、というのもあるのですが、そもそも地域の繋がりがなくなってきている、というのも背景にあり、「子供」と「食事」というこの二つのキーワードで、これほど地域が繋がっていくのかと、改めて実感している次第であります。

また、「子は鎹(かすがい)」ということわざがありますが、まさに子は地域の鎹と言うか、私達自身も大人同士が繋がりにくくなっている中で、子供のおかげで繋がらせてもらっている、という思いもあります。
私達は本当に子供の笑顔を見て癒されますし、明日への元気ももらえますし、そういう意味でも(こども食堂は)私たちのためにもなってるな、と思ってます。

明日は引き続きこども食堂の具体的な内容について伺っていきます


123127554_1082606205545471_4678192048580832047_n.jpg
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月18日

11/18放送 和歌山市のイベント

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日は「ゲンキトピックス」
市内で開催される行事などをご紹介します。

◎和歌山市民図書館
19日(土)
「ワクワクみんなのおはなし会」が開催されます
ワクワクみんなのお話.jpeg

場所 4階 えほんの山
時間 午後3時から午後3時30分
当日午前9時から4階カウンターで整理券を配布します


◎和歌山市民図書館 西分館
20日(日)
「えいご絵本の読み聞かせ」が開催されます
nisieigoehon.jpg

場所 おはなしスペース
時間 午前11時から午前11時30分
英語で読み聞かせや歌を楽しみましょう。
申し込みは不要、先着20人となっています。

◎ 旧中筋家住宅
明後日20日(日)は
「古民家で昔ばなしを聞く会」が開催されます。
R3.mukasgibanashi.jpg

時間は午後2時から午後2時30分までです。
今回は、和歌山昔ばなしを語る会のみなさんに、和歌山に伝わる昔ばなしを和歌山の土地ことばで語ってもらいます。
申し込みは不要、先着25人となっています。
明日19日(土)、明後日20日(日)に関西各地の文化施設が無料公開される「関西文化の日」の事業として、旧中筋家住宅も無料公開されるため、費用は不要です。

◎和歌山市立和歌山高等学校では
今週末(19日、20日)
3年ぶりに第46回「市高デパート」
館内26店舗 、館外22店舗 計48店舗で開催されます。

チラシ.jpg

時間 19日(土)9時~12時30分、20日(日)9時~12時
商業教育における実際的・体験的な学習の場として、全校生徒・先生が一丸となって取り組ん でいます。人気の市高まんじゅうやバウムクーヘンなどのスイーツから、食料品や日用品など 約1000種類の商品が販売される「市高デパート」にどうぞ、お出かけください。





posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする