2023年03月21日

3/21放送 和歌山盲ろう者友の会A

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は盲ろう者の支援活動を行なっている
「和歌山盲ろう者友の会」
理事長 小杉純弘さんと
事務局長 瀬戸節子さんに
昨日に引き続き伺います。


☆IMG_3526.JPG

Q どういった支援活動を行っているのでしょうか?
盲ろう者のために交流会だとか学習会だとかというイベントをやっております。
盲ろう者は目が見えない、耳が聞こえないのですが、手で触って(作業が)できますので、織物を織って、自分の作った作品を楽しんだり、作品を一般の方に買ってもらったりして、活動をしております。

見えない、聞こえないという障害が同じ人が一緒に集まるって、すごく安心感がありますので、一回目来られた方はまた行きたい、また行きたいと集まってくれます。そのために通訳介助者がとにかく大勢欲しい、私、無理よという人はボランティアで来ていただけたら、一番ありがたいですね。
☆IMG_3529.JPG

☆IMG_3533.JPG
Q 今後、こういった形でやっていきたい、といのはありますか?
いろんなイベントを色々考えて、一般の方と盲ろう者の触れ合える機会を作りたいな、とは思っていますl。

私たちHeart to Hand は盲ろう者と支援者、そして、一般の方にも訪ねてきていただければ、実際盲ろう者とはどういう障害なのか見ていただけて、こういう障害なんだな、と一般の方にも理解していただけると思います。是非、訪ねてきていただければありがたいな、と思います。

Q 瀬戸さんはいかがでしょうか?
同じ障害者が集まるということで障害者の人も視野が広がり、通訳介助者の視野も広がる。

それはとても素晴らしいことだと思いますし、私たちは盲ろうの方からいただくことも、ものすごく多いです。ここの集まる場所ができたのが、13年前ですが、今度は高齢者になってきましたので、同じ障害者同士で老人ホームが欲しいな、と言っています。

Q 問い合わせ先、教えていただけますか?
和歌山市の障害者支援課さんとか和歌山県の障害福祉課さん、あと盲ろう者友の会にはホームページがありますので、それを見ていただければと思います。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月20日

3/20放送 和歌山盲ろう者友の会@

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は盲ろう者の支援活動を行なっている
「和歌山盲ろう者友の会」
理事長 小杉純弘さんと
事務局長 瀬戸節子さんに伺います。

☆IMG_3515.JPG
Q まずは、理事長の小杉さんにお話を伺います。盲ろう者とはどういう方になりますか?
盲ろう者とは単純に言えば目が見えない、耳が聞こえない人の事です。
昔、アメリカにヘレンケラーという女性がおりましたが、この方も目が見えなくて、耳が聞こえない、そして言葉も話せないという三重苦の人でした。
まず、盲ろう者というのは人とのコミュニケーション、会話したりというのができない人です。
外出もできなければ、人と会うこともできない、非常に社会から孤立した障害の方です。仲間作りが私たち盲ろう者の1番の目的であり、そうありたい、と考えています。

Q 瀬戸さん、いつ頃設立されたのでしょうか?
2001年ごろ、一人の盲ろう者が和歌山には集まる場所がなかったので大阪の方に行ってました。その方が「和歌山にも集まる場所が欲しいな、喫茶店でお茶したいな」というようなところから仲間を集めて理解者を集めて、1年半くらい活動して、その後「盲ろう者友の会の準備会」を立ち上げました。
その後4年くらいしてから「盲ろう者友の会」という任意の団体を立ち上げたわけです。

Q 盲ろう者の方とのコミュニケーションはどのような形になりますか?
盲ろう者の方のコミュニケーションは10人あれば10通りあると言われてまして、一人一人が違うコミュニケーションをとります。

通訳介助者という精度がありまして、その通訳介助者がいることによって、手話のできる盲ろう者だと触手話、といった形で、目が見えませんので手のひらで手話を読んだり、それから少し音声が聴こえる人は補聴器を使って音声で。そして、両方できないような方には手のひらにひらがなを書いたりとか、色々なコミュニケーション方法があります。

通訳介助者養成研修会というのは和歌山県と和歌山市で一年に一回していますが、なかなか興味を持ってきてくださる方が少ない、ということと、研修を受けられても、修了されても、通訳介助者として活動してくださる方、というのはなかなか難しいです。特に若い方に興味を持っていただきたいです。
☆IMG_3542.JPG

明日は活動内容について伺います。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月17日

3/17放送 和歌山市のイベント

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


今日はゲンキトピックス、和歌山市内の行事などを紹介いたします。

◎和歌山市民図書館 

18日(土)図書館スタッフによる
「ワクワクみんなのおはなし会」
ワクワクみんなのお話.jpeg

そして、
19日(日) ボランティア団体「koko Books」さんによる
「英語絵本おはなし会」が開催されます
英語絵本読み聞かせ.jpeg
どちらのおはなし会も
場所 4階 えほんの山
時間 午後3時〜午後3時30分
申し込みは当日午前9時から4階カウンターにて整理券を配布します

◎四季の郷公園 FOOD HUNTER PARK
18日(土)、19日(日)
flowertree.jpg
Flower&Tree Park〜花と木々のマルシェ〜が開催されます。
花や草木など自然をモチーフにした商品が並ぶ素敵なお店が大集合します♪
時間 午前10時〜午後5時(雨天中止)
自然に囲まれた広い園内で、花や木々とのふれあいをお楽しみください♪

◎和歌山県JAビル
18日(土)〜21日(火・祝)
海洋ごみアート「子ども美術館」と小中学生による成果発表会が開催されます
持続可能な海づくりを推進する活動の一環として、子供たちが海洋ごみでアート作品を制作しました。
このイベントでは、海洋ごみアートの展覧会と、海洋ごみアート制作の活動を通して得た気づきや学びを発表する「小中学生による成果発表会」を実施します。
是非、会場へ足を運び、子供たちの活動の成果をご覧ください。

<展覧会>
会場:1階アグリテラス
時間:午前10時〜午後4時
※最終日(21日)のみ午後4時30分まで
0201.jpg


<小中学生による成果発表会>
開催日:21日(火・祝)
会場:2階和(なごみ)ホール
時間:午後2時〜午後4時
申込は不要。先着300名
0301.jpg


posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 | ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする