2024年02月20日

2/20放送 学生支援プロジェクト 学生と音楽2024〜みんなと奏DAY~A

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


今日も昨日に引き続き、和歌山市と和歌山文化スポーツ振興財団の共催事業、
学生支援プロジェクト事業の一環として開催される初の合同演奏会
「学生と音楽2024〜みんなと奏DAY〜」
出演される和歌山大学交響楽団団長ア山萌乃香さんと
同じく和歌山大学マンドリンクラブ部長の入木田颯真さんにお話伺います。

image.jpg
Q この音楽祭への出演の依頼がきたとき、どんな思いでしたか?
(入木田さん)是非、参加したいと思いました! 私たちマンドリンクラブでは定期演奏会も近年は大阪で行っているので、和歌山で演奏する機会が少ないです。新しくて綺麗な和歌山城ホールで演奏できると聞いてすごく嬉しかったです。

Q 和歌山大学の交響楽団とマンドリンクラブは普段から交流はあるのでしょうか?
(ア山さん)残念ながら今まで交流がありませんでした。 しかし今回、同じ音楽祭の場で演奏し合えるのは喜ばしいことです。この機会からまた今後も仲良くさせていただければ、と思ってます。

交響楽団-2 (1).jpg

マンドリン-1 (1).jpg
Q どんな曲を演奏されるのですか?
(ア山さん)それはお越しいただいてからのお楽しみということで秘密にしておきます。ただ交響曲なので初めて聴くだろう曲もありますが、演奏する曲の中でも 1度は聞い た事あるだろうな、という曲もあります。 迫力感のある曲、 ゆったりとした優雅な曲をご用意してます! ぜひともその楽しさを私たちと同じ空間で感じてほしいです。

(入木田さん)私たちマンドリンクラブでは、皆さんに馴染みのあるジブリ音楽や、JPOP をはじめとし、マンドリンオーケストラのために作曲された曲も多数演奏します。
1,2 回生だけで演奏する初めての機会なので、切磋琢磨しながら練習に励んでいます。

(ア山さん)今回和歌山城ホールさんが実施して頂けるこの音楽祭は初めてとのことなので私たちもワクワクでいっぱいです。 和歌山の学生主体の音楽祭というのは普段ではなかなか味わえないとても貴重な時間です。 私たちが奏でる音楽をぜひ和歌山城ホールで味わって欲しいなと思っています。

そして和歌山大学交響楽団は5月19日に演奏会を行います。 少しでも興味があればお越しいただけたら嬉しいです!

(入木田さん)この演奏会を通じてマンドリン音楽の良さを皆さんに知っていただけるよう精一杯頑張ります!。宣伝になりますが、2024年12月14日土曜日に第68回定期演奏会が大阪府阪南市文化セ ンターで行われます。是非、お越しください。

この合同演奏会は、
2月25日(日)午後1時30分から和歌山城ホールで開催されます。
受付開始は午後1時から
入場無料で、チケットも不要です。
0歳から大人の方まで、どなたでも楽しめる演奏会になっています。
是非、お越しください。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月19日

2/19放送 学生支援プロジェクト(学生と音楽2024〜みんなと奏DAY~

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は和歌山市と和歌山市文化スポーツ振興財団の共催事業、
学生支援プロジェクト事業の一環として開催される初の合同演奏会
「学生と音楽2024〜みんなと奏DAY〜」
についてお届けします。

IMG_4292.JPG

市内の高等教育機関に通う学生たちによる演奏会で、どなたでも楽しんでいただけるコンサートを構成しています。
この演奏会に、出演される和歌山大学交響楽団団長ア山萌乃香さんと同じく和歌山大学マンドリンクラブ部長の入木田颯真さんにお話を伺います。

Q 和歌山大学交響楽団のア山萌乃香さん、交響楽団とは、どういうグループなのでしょうか?
交響楽団とは交響曲を演奏することを目的とし構成されたグループです。バイオリンをはじめとした弦楽器、クラリネットなどの木管楽器、トランペットなどの金管楽器、そして打楽器によって構成しています。

交響楽団-1.jpg

和歌山大学交響楽団は37人の学生が入団しています。
弦楽器のバイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス。
木管楽器のクラリネット、フルート、オーボエ、ファゴット。
金管楽器のトランペット、ホルン、トロンボーン
パーカッションで構成されています。

私はバイオリンを演奏しています。大学から始めてまだまだ練習は必要なのですが、部活の度に、前はできなかったことができていたり、少しの変化に成長を感じることができて本当に楽しいです。

Q 和歌山大学マンドリンクラブの部長の入木田颯真さん、マンドリンクラブについて教えてください。
和歌山大学マンドリンクラブは45人で活動しています。
マンドリン、マンドラテノール、マンドランチェロ、コントラバス、クラシックギター、フルートの6種類の楽器を使って演奏するクラブです。

マンドリン-2.jpg

和歌山大学マンドリンクラブは和歌山大学の前身である和歌山高等商業学校時代から続く歴史あるクラブです。まだまだマイナーな楽器ですので、みんなと奏DAYの演奏を通じてみなさんにマンドリンの音色を好きになってもらえたら嬉しいです。

Q 入木田さんは大学に入る前から演奏されていたのですか?
実はマンドリンクラブでマンドリンを弾いていなくて、先ほど紹介したギターパートに所属しています。ギターは高校の時から独学で趣味程度で嗜んでいたのですが、マンドリンという楽器は大学に入るまで見たことも、聞いたこともありませんでした。今、自分がマンドリンクラブで部長をしていることも不思議です。

この合同演奏会は、
2月25日(日)午後1時30分から和歌山城ホールで開催されます。
受付開始は午後1時から
入場無料で、チケットも不要です。
0歳から大人の方まで楽しめる演奏会になっていますので、みなさま是非お越しください。

明日も引き続き2人にお話を伺います。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月16日

2/16放送 和歌山のイベント

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


今日は、ゲンキトピックス
和歌山市の週末のイベント、お出かけスポットなどについて紹介します。

I:今日は、2月18日日曜日に和歌山城ホールの4階で開催される、
「和歌山城市民茶会」について紹介します。

a-77340-thumbnail2.jpgb-thumbnail2.jpg


N:市民茶会というと、12月にも開催されましたよね?

I: 12月は表千家、この2月は裏千家の先生方がお茶をたててくれます。

N:茶道ってあまり馴染みがない方も多いと思うのですが、そんな方でも大丈夫ですか?

I:大丈夫です。そういう方にこそ行っていただきたいです。持ち物や作法は不要で、普段着のまま気軽に参加していただけるイベントです。茶道をされている方は、いつもと違う環境でお茶を楽しんでいただけますし、茶道をされたことがない方は、和の文化である茶道を体験していただけるいい機会になっています。

N:こんな時だからこそ、普段来ていない着物を着て参加というのもいいですね。

I: お着物で参加される方も多数おられます。

N:先生方がたててくださるお抹茶がいただけるんですよね?

I:目の前でたてていただく、本格的なお抹茶と、季節のお茶菓子が順番に出てきます。和歌山城ホールから、和歌山城を眺めながら、お茶を楽しんでいただけます。

N:参加したい場合は、どうすればいいのでしょうか?

I: すでに前売り券をお持ちの方は、当日、午前10時から午後2時までに受付をお済ませください。
また、当日券もあります。当日券は、和歌山城ホール4階の受付で、1席600円で販売しています。

N:当日券もあるのですね。

I: ただし、当日券は枚数が限られていますので、午前中の早い時間に来ていただくことをお勧めします。
市民茶会に参加していただいた方は、そのチケットで、和歌山城天守閣と歴史館に入っていただけます。一日中和歌山城周辺を楽しんでいただけます。ぜひ、ご参加ください。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする