2023年01月02日

1/2放送 消防出初式

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


新年あけましておめでとうございます
今年も「ゲンキ和歌山市」を
よろしくお願いいたします。


新年最初の放送は
「消防出初式」について
消防総務課 中本庸介さんに伺います。

hosui.jpg

Q 毎年、恒例の消防出初式が行われますが、いつ、どこで行われるのですか。
新春、1月8日 日曜日、午前9時30分から、和歌山城ホールで開催します。

Q  消防出初式は、どのような目的で行われるのですか。
新年を迎え、消防関係者が一堂に会して、防火と防災に対する意識を再確認する、また、1件でも火災を少なくする、1人でも火災による犠牲者をなくすという強い決意を新たにするために行っています。
また、放水演技や救助訓練を通じて、消防活動の姿を広く市民の皆様に見ていただくことで、防火防災意識の向上を図ることを目的としています。

Q 消防関係者とは、具体的にどのような人たちが集まるのですか。
私たち消防職員のほかに、消防団、婦人防火クラブ、事業所自衛消防隊、トラフス災害救援隊、幼年消防クラブが参加し、総勢で1,600人近くになります。

Q 式典ではどのようなことが行われるのですか。
式典では、消防音楽隊のオープニング演奏、幼年消防クラブによる鼓笛演奏、そして、消防関係者による小隊行進などを行います。

また、昨年に引き続き、採用1年目の消防職員が消防に対する想いを表現し、伝える【まといの伝え】を実施します。
まといとは、江戸時代の町火消しが各組のシンボルとして掲げたもので、その町火消しの活躍と勇気は人々を励ましました。
時代は変わり、消防技術が向上した現代であっても、火災や自然災害に対する不安は変わることはありません。そのような不安から人々や街を守り、寄り添う気持ちと勇気をまといに込め、伝えます。

Q 消防出初式の見どころは?
一つは和歌山城ホール周辺で行う「ふれあいコーナー」です。こちらは、防火服を着ての消防士なりきり体験や水消火器での消火体験をはじめ、消防車や救急車への乗車体験などお子さまにも楽しんでいただけるイベントとなっています。

もう一つは、放水演技と救助訓練です。式典終了後、11時頃から和歌山城東側の堀端で行います。放水演技では、消防職員と消防団員による一斉放水が見どころとなっています。また、救助隊員がお堀をロープで渡る姿は、迫力満点です。

Q  最後に一言お願いします。
今年の消防出初式は、ふれあいコーナーや3年ぶりとなる放水演技など、コロナ禍によって中止を余儀なくされていたイベントが復活します。
お子さまから大人まで、皆さんお楽しみいただけますので、ぜひお立ち寄りください。



posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月29日

12/29放送 初日の出を天守閣で

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は
「初日の出を天守閣で」について
和歌山城整備企画課 太田雄也さんに伺います。

00295_0.jpg

Q:「和歌山城の新春初登閣」というイベントはどのような内容でしょうか?
1月1日の午前6時から午前9時まで天守閣を無料開放します。
先着1,000人に記念品のかわらけを天守閣で配付し、新春をお祝いします。また、干支であるウサギの登閣記念スタンプもご用意しますので、記念に押していただけます。
00295_1.jpg
Q:このイベントは、今回で何回目でしょうか。
昭和58年(1983年)から実施しており、今回で41回目になります。

Q:ご来場にあたって、注意するはありますか?
初日の出を見られる天守閣3階の展望フロアは狭くなっており、混雑時は入場を制限をする場合があります。
その場合は、天守閣前広場等の屋外でも、初日の出をご覧いただけます。

Q:初日の出は何時ですか?
来年1月1日の日の出時刻は午前7時5分になっています。

Q:和歌山城整備企画課から一言お願いします。
和歌山城天守閣では、12月29日から31日まで年末の休館日となっています。

新年1月1日には、しめ縄などの新年の飾りつけをして、お客様をお迎えします。1年のはじまりに、和歌山城にぜひお越しください。

来年も和歌山市に賑わいをもたらすために、市民の皆様と一緒になって和歌山市のシンボルでもある和歌山城を更に盛り上げていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月28日

12/28放送 新春連れもて歩こう走ろう会

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は
「新春連れもて歩こう走ろう会」について
スポーツ振興課の繁田悠さんに伺います。

06-01E6ADA9E38193E38186E8B5B0E3828DE38186E4BC9A-thumbnail2.jpg

Q 新春つれもて歩こう走ろう会とはどういったものになりますか?
元旦に和歌山市のシンボルである和歌山城周辺をウォーキングやジョギングで楽しむ新春恒例のイベントです。令和2年度と全和3年度は、感染症拡大防止のため、メダルの配布のみをおこないましたが、来年の元旦は、ウォーキングとジョギングも実施いたします。

新年を新しい気持ちで、和歌山城周辺を思い思いのペースで歩いたり、走ったりすることで、市民の皆様の健康づくりに役立ててもらおうと考えています。

久しぶりの開催で嬉しいですね。
Q 今回で何回目になりますか?
昭和55年から始まり、今回で44回目を迎えます。毎年恒例の行事となっており、朝早くから大勢の方にお越しいただいています。

Q 新春つれもて歩こう走ろう会の日程を詳しく教えてください。
令和5年1月1日に開催されます。
受付時間は、午前6時30分から砂の丸広場で始まり、受付時に参加賞引換券を配布します。開会式は午前7時から始まり、みんなでラジオ体操をおこなったあと、午前7時15分ごろから走る人と歩く人に分かれてスタートしていきます。

ゴール後には、参加賞引換券と参加賞を交換します。参加賞の引き換えは午前8時までとなっておりますのでご注意ください。

Q 気になる参加賞は何でしょうか?
毎年、干支が入った記念メダルを配布しています。2023年は卯年(うさぎどし)ですので、ウサギがデザインされた記念メダルを、先着2000名の方に配布します。

干支の入ったメダルを集めるため参加してくれる方も大勢いらっしゃいます。

Q コースはどのようになっていますか?
1.7キロの「ファミリーコース」2.2キロの「健脚コース」の2種類のコースが設定されています。
開会式では歩く人と走る人にわかれて集まってもらいますので、それぞれ自分のペースでウォーキングするかジョギングするか選んでください。

Q 最後に一言お願いします。
爽やかな汗を流して新年を迎えていただけるよう、みなさん、1月1日は午前6時30分に砂の丸広場にお集まりください。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする