2023年01月23日

1/23放送 市民税・県民税の申告について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


今回は「市民税・県民税の申告」について
市民税課 城本弘平さんに伺います。
市報.jpg
Q  今回の市民税・県民税の税制改正では、どのような改正が行われるのでしょうか。
令和5年度から適用される主な税制改正は2つあります。

 まず1つ目が、住宅ローン控除の適用期間が延長され、令和4年1月1日から令和7年12月31日までに入居した方が対象となりました。この改正に伴い、令和4年以降に入居された方の住宅ローン控除の限度額が136,500円から97,500円に引き下げられ、所得税の課税総所得金額等の額の7%となっている部分が5%に引き下げられます。ただし、居住用家屋の新築の方で、契約期間が令和3年9月30日までの方や、分譲住宅・中古住宅の取得及び家屋の増改築等の方で契約期間が令和3年11月30日までの特別特定取得の方は除きます。

 2つ目が、未成年の非課税判定年齢の引き下げです。民法の成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたことに伴い、令和5年度から1月1日時点で18歳・19歳の方は、市民税・県民税が課税されるかどうかの判定において未成年者に該当しないこととなりました。

Q  令和5年度の市民税・県民税の申告期間について教えてください。
和歌山市役所本庁舎での申告受付期間は、2月16日から3月15日となっています。
昨年度に市民税・県民税申告書の提出があった方には、2月初旬に申告書を発送します。また、各支所での出張受付は例年より早く、令和5年2月6日から2月15日に実施します。

不明な点に関しましては、和歌山市ホームページや市報わかやま1月号をご覧いただくか、和歌山市役所市民税課までお問い合わせください。
問い合わせ番号は073-435-1036

最後に、来庁時に気をつけていただきたいことのご案内です。
待合場所に限りがございますので、できる限りお一人での来庁にご協力ください。その際、必ずマスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。体調のすぐれない時や発熱がある時は無理をせず、来庁をお控えください。また、郵送で申告できる方は、できるだけ郵送での申告書提出にご協力ください。
市民の皆様には、これからも税制度についてご理解とご協力をいただけますようお願いいたします。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月19日

1/19放送 献血について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「献血」について
総務企画課 東仁美さんに伺います。

R5 はたちの献血ポスター.jpg          
Q 1、2月は、「きっと誰かが、だったら私が はたちの献血」をテーマとした、はたちの献血キャンペーンを実施しています。
 まずは、献血の必要性、課題について教えてください
輸血用血液は、「献血」によってしか確保することができません。
医療技術が進歩した現在においても人工的に造ることができませんし、生きた細胞の集まりであるため、長期間保存することもできません。そのため、輸血を必要とする患者さんにいつでも血液を届けられるように、献血により毎日新しい血液を確保する必要があります。
課題は、少子化の影響により、10〜30代の若年層の献血協力者数がこの10年間で約98万人も減少していることです。少子化が今後一層進むと、血液の安定供給に支障をきたす恐れがあります。そのため、今後も患者さんに血液を安定的に届けるためには、今まで以上に若い方々の献血へのご理解とご協力が必要となります。
  
Q  献血にも色々な種類がありますよね
献血には大きく全血献血と成分献血があります。
そして全血献血には 400mL献血と、200mL献血があり、血液中のすべての成分を献血していただく方法となっています。
一方、成分献血には、血小板成分献血と血漿成分献血があり、成分採血装置を使用して血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は、再び体内に戻す方法です。
主に、移動採血車では全血献血を、和歌山駅前献血ルームでは全血献血に加え、成分献血についても行っています。

Q  どんな方が献血できるのでしょうか?
 献血は、16歳から64歳までの健康な方であれば、どなたでもできます。また60歳から64歳までに献血の経験がある方については、69歳まで献血ができます。
ただし、採血基準を満たしていても、当日の体調不良や、一定期間内に予防接種を受けたなど、問診結果によっては献血できないことがあります。

Q  最後にメッセージお願いします。
和歌山市役所正面玄関前にて、定期的に移動採血車による400mL全血献血を実施しています。赤十字血液センターでは、新型コロナウイルスの感染症予防のための対策を講じておこなっています。
次回は、2月22日木曜日に行います。献血の受付は、午前10時から正午、午後1時から午後4時までとなっています。 
献血は、輸血を必要としている患者さんのために、健康な人が自らの血液を無償で提供する40分でできるボランティアです。市民のみなさまには『愛の献血』への、より一層のご協力をお願い致します。


posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月18日

1/18放送 お仕事紹介

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回はお仕事紹介です。
道路建設課の中嶋真也さんに伺います
IMG_5120.JPG

Q. 道路建設課の業務内容を教えて下さい。
道路建設課は、市役所東庁舎4階にあります。
道路や橋梁といった公共構造物の新規建設や既存路線の拡幅・改良工事を行なっており、主に生活道路といった市道等の整備をしています。具体的な業務内容は、道路や橋梁をつくるために現地の調査や測量などを行う「設計業務」と、設計業務で作成された図面や数量計算を基に工事が適正に行われているかどうかを確認する「監督業務」となります。
また、構造物が完成にいたるまでの品質の管理やもちろん、その他に安全管理も行います。工事のほとんどは、街なかで行われるため、作業員の安全だけでなく周辺地域への配慮も怠ってはなりません。事故を未然に防ぐために、作業員ひとりひとりに細心の注意を払うように働きかけ、安全施設の完備を心がけています。

Q  中嶋さんはどんな業務を担当されていますか?
それぞれ担当する工事が決められており、設計の時には、道路の構成であったり、側溝の数、擁壁のボリュームなどを計算して、工事の金額を出したりしています。契約が決まった際には、現場に入るまでの調整をしたり、工事中では、日々確認作業を行っています。

Q. 苦労したことはありますか?
いちばんに感じるのは、知識と経験の少なさです。道路事業では専門的なことが多く、技術力が必要です。事業費を算出するための積算システムや、現場でイレギュラーな対応が発生した際に、まだ経験が浅いので、的確な指示をすぐにできないところが苦労しました。

Q. やりがいはありますか?
自ら設計や監督を担当した工事が完成したときに、地域の方々から感謝の声をかけてくれたことにやり甲斐を感じています。道路工事が事業として認定されてから完成にいたるまでは何年・何十年とかかることがあるので、その道が完成して供用されたことへの達成感はもちろんありますが、地域の方々が「便利になった」「安全になった」などの声をかけてくれることに一番やり甲斐を感じます。

Q. 最後にひとことお願いします
工事という言葉を聞くと、騒がしく、うるさいというイメージを持たれることが多く、迷惑だと思われることもあります。しかし、新しい道ができ、道が拡幅することで、その地域に住んでいる人が便利になるだけでなく、通行する車両や歩行者の安全も確保されます。
私たちは、和歌山市で過ごす人が、便利でかつ安心できる道路整備を行なっています。
ご迷惑をおかけすることもありますが、ご協力よろしくお願いいたします。
道路工事に関することでご質問がありましたら、
073-435-1087道路建設課までお願いします。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする