2022年12月05日

12/5放送 未来の和歌山城を考えるシンポジウムを開催します

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は
「未来の和歌山城を考えるシンポジウム」について
和歌山城整備企画課 柳雄介さんに話を伺います。

simpo.jpg
Q こちらのシンポジウムの内容教えてください
和歌山城天守閣は昭和33年に鉄筋コンクリート造で、再建されてからもう60年以上が経ちます。
その和歌山城天守閣をこれからどういう風に再整備して行ったらいいのか、というのを、今、住民の皆さんと一緒に色々検討を進めておりまして、同じように和歌山城について考えていただいたり、関わっていただける方が少しでも増えたらいいな、と、今回、「未来の和歌山城を考えるシンポジウム」を開催することにいたしました。

Q なかなかない企画ですよね。
皆さんは歴史的なこととか、特別展であったり色々なことを通じて、見て頂いてることもあると思います。
歴史をふり返っても、天守閣と言うのは本来敵から攻めて来られた時に籠城する戦いのための施設でしたが、昭和の再建の時には戦いの施設か、と言うと間違いなくそうではなくて、その時には郷土の歴史資料などを展示する施設、と言うことで、当時は作られたわけです。

そして、今は観光で訪れられる世界中の方々がおられますし、いろんな時代ごとに和歌山城天守閣に求める要素は違うと思います。そこで、未来はそこがどういう風になればいいのかな、と、みんなで考えられたらいいなと思ってます。

Q こちらの具体的なプログラムはどのような感じですか?
お城好きの方は皆さんご存知だと思うのですが、奈良大学教授の千田嘉博先生に、まずは「近世城郭としての和歌山城」で歴史的な部分、歴史的な特徴など、そういう和歌山城の良い所を皆さんで再認識させて頂いて。次はぐっと未来的になるのですが、「 VR (バーチャルリアティー)で楽しむ和歌山城の魅力とメタバース和歌山城城郭ツアー」と言いまして、メタバース、今注目されてる新技術で和歌山城を表現していくと、どんな楽しいお城観光ができるのか、未来を考えながら楽しんでもらえたらと思っています。

その後は、昭和の和歌山城の再建はどういう風に行われたのかを解説させていただく「戦後の和歌山城天守閣再建とヒストリー」を紹介させていただいて、最後にパネルディスカッション「未来の和歌山城」を色々な有識者の方と一緒に未来の和歌山城について考えていきたいと思ってます。

Q こちらのシンポジウムの日時を教えてください。
年明け2023年の1月9日(祝月)です。和歌山城ホールの小ホールで午後1時から開催されます。

Q こちらに参加したい方はどうすればよろしいでしょうか?
和歌山城の公式ホームページから申込みフォームに跳ぶことができます。
そちらで必要事項をご記入の上、 web で申し込んでいただくのと各支所連絡所などにもチラシを置きますので申し込み部分を切り取っていただき、郵送または FAX でお申し込み頂ければと思います。12月25日を締め切りとさせて頂いております。

20221128-1.jpg



Q 最後に一言お願いします。
皆で一緒に未来の和歌山城について語り合いましょう。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月01日

12/1放送 クーポン利用でコース変更?通信販売の落とし穴

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は
「クーポン利用でコース変更?
通信販売の落とし穴」について
市民生活課 窪田義孝さんに伺います。

n-20220907_2_lf.jpg
Q:今回は、通信販売がテーマですが、通信販売に関する相談が多く寄せられているそうですね?
コロナ禍で通信販売の利用が増えたことに伴って、ここ数年、全国的に消費生活センター等へ通信販売の消費者トラブルに関する相談が多く寄せられています。「初回無料」や「お試し」と書かれていたのに、実際には定期購入が条件となっていたり、解約に細かい条件があったりするなど、「詐欺的な定期購入商法」も見られます。
今年の6月1日から法改正によって、消費者が誤認しないように数量・回数や販売価格、解約に関することなどを明記することが求められています。

Q:法律が改正されて、分かりやすくなったんですよね。それなのに【通信販売の落とし穴】があるんですか?一体どんな落とし穴でしょうか。
最近は「いつでも解約可能」などと表示された「定期購入」の広告もあります。そのような広告を見て、1回だけ商品を購入し、2回目以降を解約しようとしたところ、「購入回数の条件が無い定期コースを申込んだ後に、『特別割引クーポン』を使用したことで、複数回の購入が条件のコースに切り替わっており、1回目のみの購入では解約できない」と言われたなど、トラブルが発生しています。

Q:クーポンを利用したらコースが切り替わって、結局は定期購入になるんですか。 何だか騙された気がしますね。
相談事例の概要を紹介します。スマートフォンで、「定期縛りなし」「初回2,000円」という美容液の定期コースの広告を見て注文した。
初回の商品が届き、販売業者に電話で解約したいと伝えると、「4回の購入が条件の定期購入コースの契約になっている」と説明された。
「定期縛りなし」と記載されていたと伝えたが、「『特別割引クーポンの利用』ボタンを押してコースを変更しているため、4回約4万円分の商品を購入する必要がある」と説明された。
何度も納得できないと伝えたが、「4回購入しないと解約できない」としか言われない。注文完了直後に割引クーポンが表示され、利用した記憶はあるが、コースが変更されるとは思っていなかった、といった内容です。

Q:最後の確認画面まで、きちっと確認しないといけませんね。では、こういったトラブルに遭わないための注意点を教えてください
注文完了直後に、「特別割引クーポン」を利用することで気付かないうちにコースが変更される場合があります。
クーポンを利用する際の「最終確認画面」でも、定期購入の条件が変更されていないか、2回目以降の分量や代金、特に購入回数は必ず確認してください。通信販売はクーリングオフができません、購入の際は注意してください。
困ったことや心配なことがあれば、消費生活センター(073-435-1188)や消費者ホットライン(188)に相談してください。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月30日

11/30放送 お仕事紹介

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「お仕事紹介」
道路政策課 宮本真希 さんに伺います。
IMG_4617 2.jpg

Q.道路政策課の業務内容を教えてください。
道路政策課は市役所東庁舎4階にあり、和歌山市内の道路の整備に関する総括、企画、計画及び調整に関することや、道路の整備に係る補助金や交付金についての業務を行っています。

Q.道路政策課ではどのような業務を担当していますか?
道路政策課には、政策班と第二阪和・京奈和班の2つの班があり、私は第二阪和・京奈和班に所属しています。

私が所属している第二阪和・京奈和班では、主に道路の拡幅など地元の自治会などから要望を受けた和歌山市内の道路について、実際に現地での調査を行い、対策の必要性を検討します。実際の現地調査では、道路幅員などの測量や、ケースに応じて自動車・自転車・歩行者の交通量調査などを行っています。その上で、対策が必要だと判断した場合、水路の暗渠化や用地買収などによる道路拡幅・歩道整備などの対策案の検討や地元自治会や地権者、国、県、警察といった関係機関との協議など事業化に向けた調整を行っています。

また、道路政策課は道路河川部の総括課でもあるので、国や県などの機関から道路河川関連の照会などがあれば、部内各課へ依頼し、道路河川部内の取りまとめを行い回答するといった業務も担っています。

Q.仕事を行う上で心掛けていることは何ですか?
和歌山市内の国道・県道・市道や都市計画道路、緊急輸送道路、重要物流道路といった様々な道路についてできる限り早く覚えるように意識しながら業務に取り組んでいます。
市民の生活に直結する生活道路や、地域間を結ぶ幹線道路など、道路によって求められるものも違ってくるので、そのあたりの感覚も養えるよう意識しながら日々取り組んでいます。
また、道路に関する知識について、道路法や道路構造令、和歌山市道路の構造の技術的基準等に関する条例といった法令や条例についても触れる機会があり、学ぶべきことがたくさんあるので、業務に生かすことができるように日々勉強しています。

Q.最後に市民の皆様へメッセージお願いします
市民の皆様と直接関わる機会が少なく、馴染みのない部署だと感じるかもしれませんが、これからも市民の皆様が和歌山市内の道路を安全で快適に使いやすいように、精一杯業務に励んでいきますので、よろしくお願いいたします。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする