2022年11月24日

11/24放送 通信販売の偽サイトについての相談が寄せられています

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は
「通信販売の偽サイトについての相談が寄せられています」について
市民生活課の窪田義孝さんに伺います

(見守り新鮮情報第415号)百貨店をかたる偽通販サイトにだまされないで.jpg
Q:最近はどのような消費者トラブルが発生していますか?
最近は、百貨店や有名ブランドなどの偽通販サイトに関する相談が寄せられています。

Q:偽物の通販サイトですか。「だまされて、偽物を購入してしまった」というようなことでしょうか。
SNSに安売り広告などを表示して、百貨店や有名ブランドのロゴ、商品の画像などを掲載した偽サイトに誘導します。中には、本物のサイトとほとんど区別がつかないように偽造し、一目見ただけでは偽サイトだと判別できないものもあります。コロナ禍で通信販売が増えている中、それに伴ってトラブルの相談も多くなっています。

Q:欲しかったものが値下げされていたら、飛びついてしまう気持ちも分かります。 実際にあった相談はどのようなものですか。
相談事例の概要を紹介します。スマートフォンでSNSを見ていたところ、「大手百貨店の免税店が閉店し、格安でセールをする」といった内容の広告を見つけた。通販サイトにアクセスしたところ、定価約28万円の海外ブランドのバッグが約2万円で売られていた。サイトには大手百貨店のロゴマークが表示されていたので信用して、氏名、住所などを入力して注文した。支払い方法は代金引換のみだった。注文完了メールが届かず、不審に思って百貨店のホームページを確認したところ、偽サイトについて注意喚起されていた。どうしたらよいかといった内容です。

Q:メールの返信が無かったり、商品が届かなくて詐欺にあったと気が付くんですね。では、このようなトラブルに遭わないためにはどのような点に注意すればよいでしょうか。
いくつか注意するポイントをお伝えします。
ポイント@ 百貨店が通販サイトで高級ブランド品を大幅に値引きして販売することは、通常はありません。有名ブランド品が極端に安い場合、偽サイトの可能性が高いです。
ポイントA 代金の振込先がお店と関係のない個人名義の口座の場合、注意が必要です。
ポイントB 支払い方法が代金引換の場合、商品を受け取った後から偽物だと分かっても宅配業者からの返金は困難です。代引きの場合は、気を付けてください。
これらのポイントに注意して、欲しいものを見付けてもすぐに購入せず、注意深く確認するように心がけましょう。

Q:極端に値段が安い場合などは注意が必要ですね。それでは、最後に一言お願いします。
困ったことや心配なことがあれば、消費生活センター073-435-1188 や消費者ホットライン188 へ相談してください。
既に代金を支払ってしまった場合は、できるだけ早く銀行やクレジットカード会社、警察などにも連絡してください。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月23日

11/23放送 世界エイズデー

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は
「世界エイズデー」について
保健対策課 感染予防対策グループ 原田友紀さんに伺います。

poster2022.jpg

Q 12月1日は世界エイズデーに設定されています。和歌山市保健所での取組を教えてください。
はい。今年の世界エイズデーのキャッチフレーズは『このまちで暮らしている。私もあなたも。』です。
取組の1つは、市内を走るバスに吊り広告を掲示します。通勤通学の時に探してみてください。また、11月28日から12月2日まで、HIVエイズに関するコーナーを和歌山市保健所に設置する予定です。手続き等で来所されたときはぜひご覧ください。

Q 2つ目のイベントは、12月1日からの一週間、17時から23時まで、市堀川の水辺周辺を赤くライトアップされるそうですね。
はい。ここ数年「レッドリボン」にちなみ赤くライトアップしています。寒い時期ですので、温かい恰好でお越しください。買い物などの帰り道、ちょっとお立ち寄りいただければと思います。

Q 3つ目のイベントがHIV抗体検査ですね。
そうです。祝日を除く、毎週火曜日は18時から19時20分(最終受付時間)に、第3木曜日は9時から10時30分(最終受付時間)に実施しております。ただし、年末は12月20日火曜日が検査最終日となります。
予約制なので、他の人と顔を合わすことはありません。名前を名乗らなくてもいいです。自己負担はなく、無料です。

Q イベントの詳細な情報を知るためにはどうすれば良いですか?
ホームページ『和歌山市感染症情報センター』に掲載しています。
お電話の場合は、和歌山市保健所 電話073-488-5118 平日8時30分から17時15分までにご連絡願います。

Q 世界エイズデーのイベントに込めた想いを教えてください。
はい。「エイズは死に至る病気」というイメージが未だに強いです。今は、医療の発達により、薬が改善され、きちんと治療を受けることで、感染しても感染前とほぼ同じ生活を送れるようになりました。早期発見・早期治療が大切です。
しかし、HIV感染を自分のこととして受け止め、検査を受ける人が少ないのが現実です。コンドームなしの性行為をしたなら、誰でも感染する可能性があるのがHIVエイズです。感染の有無は簡単な血液検査で調べることができます。
年末の忙しい時期ではありますが、ライトアップを見ること等で、HIVやエイズについて自分ごととして捉える機会になればと思っています。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月22日

11/22 放送 おのみなとこども食堂A

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

子どもたちや地域の方が気軽に立ち寄れて、
わいわい食事をしたり、遊んだりできる場所が「こども食堂」です。
和歌山市には約20ヶ所子ども食堂があります。
今日も昨日に引き続き「おのみなとこども食堂」さんを
ご紹介します。

お話を岡定紀さんに伺います。

収録時写真㈪.JPG
289389868_1473874003085354_5456867138201504280_n.jpg


Q おのみなとこども食堂さんの活動、具体的に教えていただけますか?
月1回でしてきました。誰でも来てくださいという形で呼びかけていました。毎回大勢、100人以上の方が来られまして、ボランティアの方や色々な方が来てくれているおかげで、今まで続けてこられました。

コロナになってからは自粛せざるを得なかったので、残念ですが自粛しておりました。一か月ほど経ってからのことですが、ある日、一人親の方が生活に不安を覚えて、食料をもしいただけるなら、ということになり、お渡しました。それからコロナになってから貧困に陥る家庭というのが、かなりいる、ということがわかりまして、支援活動を中心にこの2年半ぐらい続けてきました。
基本は食料支援なんですが、いろいろ話を聞く中で生活相談や仕事のこと、子供の悩みも聞かせてもらったので、そういうところにも支援させてもらえたら、と思っていました。

今、和歌山市内で大学生がすごく増えてきていて、大学の方からも、子ども食堂のボランティアというお話もいただきまして、子供にとっても、学校と家庭だけではなく、地域の人やお兄さんお姉さんとつながることで、子供自身の悩みも話せるようになり、そういうところにすごくやりがいを感じました。

Q 今後の予定とメッセージお願いします。
まだまだコロナが終息したわけではありませんし、引き続き、難しい運営になると思いますが、みんなとつながることを一番の目的に続けていきたいと思っております。
(子ども食堂は)地域の居場所であり、数が多ければ多いほどいいと思います。まだまだ和歌山も決して多いとは言えないと思いますので、子ども食堂がどんどん増えていくように貢献できたらなと思ってます。

Q 子ども食堂についてもっと詳しく聞きたいという方はどうすればよろしいでしょうか?
是非、スマホやインターネットで「おのみなとこども食堂」と検索してもらえたら、辿れるようになっています。どんな形でも結構ですので、メッセージでもいただけたらと思います。



122136480_1073365816469510_4512479211633476183_n.jpg
2019.12月78495086_820087668463994_2789778569549578240_n.jpg
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする