2023年05月01日

5/1放送 防災マップについて

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は
「防災マップ」について
地域安全課の井上大輔さんに伺います。

風水害横.png

地震横.png
Q:今回、防災マップが新しくなったと聞きましたが、どのような目的でしょうか。
これまでそれぞれ別冊子だった防災マップ(地震・津波)、洪水・土砂災害・内水ハザード情報を1枚の紙に掲載し、普段の備えを理解していただけるように総合的なマップを作成しました。

Q:防災マップの内容はどのようなものでしょうか。
津波・地震・洪水・土砂災害・内水のハザード情報や普段からの備え、災害情報の入手先の紹介、大雨時の避難行動判断フロー図やマイタイムライン、貴重品・情報収集用品・非常飲食品・衛生用品・日用品などの非常持出品や非常備蓄品のチェックリストなどを掲載しています。

Q:大きく変わったところはどこでしょうか。
 一番大きく変わったのは、音声版に対応できたところです。スマートフォン用に無償提供されている「Uni-Voice」というアプリを使い、地図に記載している音声コードを読み取ることで、マップの内容を音声で確認することができるようになりました。

Q:防災マップは、どうやって入手すればいいですか。
5月の市報わかやまと一緒に配布します。また、消防局庁舎5階地域安全課、お近くの支所・連絡所、サービスセンターにも置いてあります。和歌山市HPにも載せていますので、インターネット上でもご確認いただけます。

Q:最後に地域安全課から一言お願いします
これから大雨が増える出水期もやってきますので、この機会に自宅やよく行く場所の災害リスクを知って、避難場所や避難経路を確認してください。また、非常持出品や備蓄品の賞味期限を確認するなどして、備えておいてください。

防災行政無線が聞き取りにくい場合は、無線の内容をそのまま聞くことができる防災情報電話案内サービスを利用できるよう電話番号を登録しておいてください。
電話番号は、フリーダイヤルの0120-077-199です。

ほかにも、和歌山市防災情報メールに事前に登録をしたり、和歌山市ライン公式アカウントを追加しておき、いつでも情報を入手できるように準備しておいてください。電話番号やメールアドレスも防災マップに載せていますので、ご確認ください。

posted by 和歌山 at 08:00| 和歌山 ☔| 家庭内の災害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月02日

8/2放送 「データ放送」で防災無線の内容を確認できます

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は
「データ放送」で防災無線の内容を確認できますについて
総合防災課の北本真之さんに伺います。
bousaitirasi2.jpg

bousaitirasi2.jpg
Q 防災行政無線とはどのような物でしょうか?
市内各所に設置している屋外スピーカーを通して、市民の皆さまへ迅速かつ効率的に緊急・災害情報を届ける情報伝達の設備です。

普段は毎日夕方5時の時報のお知らせと共に夕焼け小焼けのメロディーが鳴るので、聞いたことがある人も多いと思います。ただ、屋外の放送となりますので、雨、風などの気象状況や周辺建物などの障害物に影響を受けることや、建物内では聞き取り辛くなるなどの問題があります。

そのため、和歌山市ではメール、電話、ホームページの他、今年の6月から防災行政無線の放送内容を「データ放送」で確認できるように取り組みを始めました。

Q 「データ放送」で防災行政無線の放送を確認できることは、どういうことでしょうか?
まず、テレビのチャンネルでテレビ和歌山を映してください。そこで、リモコンのDボタンを押してください。その後、「市町村情報」を選択し、「防災行政無線放送内容」と書いている欄を選んでください。そこで、直近の防災行政無線放送内容を確認できます。

放送後2時間程度、テレビ和歌山のデータ放送に掲載しています。ただ、放送によっては、データ放送への反映が30分程度遅れることがあります。申し訳ないのですが、ご注意ください。

Q 他には、防災行政無線の放送を確認する手段はありますでしょうか?
和歌山市が行っているものでは、主にメール・電話・ホームページがあります。この3つについて、それぞれ説明させていただきます。
メールで確認できる、「和歌山市防災情報メール」は、防災行政無線放送と同時に、登録いただいている方に、放送内容をメールで送るものです。メールでの配信となるので、聞き逃すといった心配が無く便利です。登録方法は和歌山市ホームページ内の和歌山市防災情報メールというページにありますので、是非ご登録ください。

次に、「防災情報電話案内サービス」では、電話していただくことで放送内容をご確認いただけます。防災行政無線の屋外スピーカーから放送が流れたが、「雨風の音など雑音で聞き取れなかった」「放送内容をもう一度聞きたい」このような場合には是非ご利用ください。昨年よりフリーダイヤル化し、無料となりました。電話番号は0120-077-199、もう一度言いますね、0120-077-199となります。

最後に、放送内容のホームページ投稿です。防災行政無線放送と同時に放送内容が文字で確認できます。和歌山市のホームページのトップにもリンクがあるので、是非ご利用ください。

Q 災害の情報収集をする上で、どのようなことを意識すればいいですか? 
普段からご自身で、災害時にはどのような手段で情報収集するかをあらかじめ決めておくことが大切と思います。
メール・電話・ホームページ以外にも、和歌山市公式のライン、フェイスブック、ツイッターといったSNSがあります。

また民間さんのサービスになりますが、放送局が販売する防災行政無線放送を聞ける防災ラジオやスマホにインストールする防災アプリなども役に立ちます。
他にも、テレビ・ラジオといった普段からご使用されているものも、情報収集手段として重要です。このような手段を台風や地震等の災害時に活用できるように、備えておいていただきたいと思います。

Q 最後に総合防災課から一言お願いします。
これから台風の危険性が高まる時期です。情報収集手段はたくさんありますが、市民の皆様には、ご自身に合う情報収集手段をいくつか準備していただいて、災害に備えていただきたいと思います。

posted by 和歌山 at 08:00| 和歌山 ☁| 家庭内の災害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月02日

3/2放送 家庭の災害対策

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


令和3年12月から令和4年3月まで、毎月1回「家庭内の災害対策」について地域安全課に紹介してもらいます。今回は第4回目となります。
和歌山市地域安全課、三宅 洋佑さんです


Q:家庭内における災害対策として本日はどのようなことをお話しいただけるのでしょうか?
ここ最近、毎年のように大規模な風水害が発生し、逃げ遅れることによって亡くなる方がいます。本日は、風水害の避難について、タイミングや日頃からできる対策についてお話させていただきます。

Q:避難するタイミングについて教えてください。
基本的には、行政が発令する避難情報にそって避難するようにしてください。

避難のタイミングは警戒レベルという5段階で表されています。その中でも特に覚えてほしいのが、「警戒レベル3、4、5」です。「警戒レベル3 高齢者等避難」は、高齢者の方や障害のある方などの避難に時間がかかる方は危険な場所から避難してという知らせです。

次に、「警戒レベル4 避難指示」は全員が危険な場所から避難してという知らせです。以前は
「避難勧告」というのがあったのですが、今は「避難指示」に一本化されています。

最後に、「警戒レベル5 緊急安全確保」は災害が発生又は切迫している時に発令され、これが発令されると
今から避難を開始しても避難所に行くことが難しいことがありますので警戒レベル5の発令を待たずに、警戒レベル4までに避難するようにしてください。

Q:警戒レベルなどの避難情報はどこで確認できますか?
防災行政無線や、市 HP、ツイッターやラインなどの SNS で情報提供しています。また、防災行政無線が聞き取りづらい方は、防災情報電話や防災情報メールといった、無線と同じ内容を電話やメールで確認できますので、ぜひご活用ください。

Q: 日頃からできる対策はどのようなものがありますか?
昨年7月に作成した、和歌山市「マイタイムライン」をご活用ください。

Q:マイタイムラインとはどのようなものですか?
「マイタイムライン」とは、避難に備え「いつ」、「何をするのか」を時系列に沿って決めておく防災行動計画のことです。注意報や警報が発令された時の自分自身の行動であったり、
避難のタイミングや避難先を書き込むことがようになっています。

04大雨【例】.jpg

03大雨 (1).jpg


Q:最後に地域安全課からひと言お願いします。
風水害から命を守るためには、「早めの避難」と「日頃の備え」が重要となります。市HPにはマイタイムラインのシートと作成例を掲載しています。また、職員出前講座も実施していますので、活用していただけたらと思います。


posted by 和歌山 at 08:00| 和歌山 ☀| 家庭内の災害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする