2023年07月26日

7/26放送 お仕事紹介

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回はお仕事紹介」
資産税課 石飛 海知 さんにうかがいます。

お仕事紹介.jpg

Q:資産税課での業務内容についておしえてください
資産税課では、固定資産税に関する事務を行っています。
固定資産税とは、毎年1月1日の賦課期日に土地や家屋、償却資産を所有している方にかかってくる税金です。

資産税課では、土地班、家屋班、管理償却班の3つの班に分かれており、和歌山市内の固定資産・償却資産について各班が評価額を計算しています。ここで算出された評価額をもとに固定資産税額が決定され、毎年5月中旬ごろに納税通知書が発送されるという流れになっています。

この他にも税証明の郵送請求の対応、窓口受付や固定資産税の評価方法の説明などを行っています。

Q:石飛さんはどのようなお仕事をされているのですか?
私は土地班に所属しており、固定資産税の中でも土地に関する評価・計算を担当しています。
土地を評価する上で、実際に現場に行き、土地の使用用途の確認を行っています。固定資産税は現況課税主義といって、今どのように使われているかで、課税をするため、現場に行くことが多いです。

 また、土地、家屋に関しては3年に1度、評価額を見直す評価替えの年があります。来年令和6年度は評価替えの年に当たるため、今年は路線価の検証や標準宅地の見直しなど、評価替えの準備業務も行っております。

Q:業務で心掛けていることはどんなところですか?
私たちの調査結果から、評価額そして固定資産税額が決まっていくので、適切な評価ができるようにいつも緊張感をもって調査や計算を行っています。

また、固定資産税は身近な税金でありながら、税額決定の過程が複雑で、評価するにあたり地方税法以外の法律の知識が必要であったりと、難しい点が多くあります。そういった質問に対して、私自身も固定資産税や法律について勉強し、上司とも相談しながら、より分かりやすく丁寧な対応ができるように努めています。

Q:最後に一言お願いします。
固定資産や償却資産など、資産税に関することで少しでも分からないことがございましたら、市役所本庁舎2階の資産税課までお問い合わせください。
資産税課の電話番号は073-435-1037です。

posted by 和歌山 at 08:00| 和歌山 ☀| お仕事紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月20日

6/20放送 お仕事紹介

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「お仕事紹介」
地域安全課 高垣郁美さんに伺います。
IMG_6379.jpg

Q:地域安全課ではどのようなお仕事をしていますか?
地域安全課は、安全推進班と地域防災班の二つの班に分かれて仕事をしています。

安全推進班では、防犯活動の推進として防犯活動の実施や防犯に係る広報・啓発、犯罪の起こりにくいまちづくりの環境整備、交通安全対策として交通安全の啓発及び普及に関することに取り組んでいます。
地域防災班では、地域の防災への取組支援を行なっていまして、自主防災組織の育成指導や防災知識の普及啓発及び企画、避難場所や災害対策備蓄に関する業務を行っています。

私は地域防災班の一員として、主に家具転倒防止用固定金具取付事業に関する業務や避難場所についての災害協定に関する業務を担当しています。

家具転倒防止用固定金具取付事業とは、地震などの災害時に家具の転倒による被害を軽減するためのものです。2016年の熊本地震では、負傷者のうち家具の転倒落下によって怪我をした方の割合が最も高く、戸建て住宅で29パーセント、マンションで40パーセントでした。

また、家具の転倒による被害は怪我だけでなく、火災が発生したり、避難経路が妨げられるなどの危険性もあります。対策としてはあらかじめ家具を金具で固定しておくことが有効ですので、地域安全課では、避難に支援を要する方がいる世帯を対象に、家具転倒防止用金具の取付けを無料で行っています。

こういった事業を正確かつ円滑に進め、多くの市民の方に事業を利用して防災に取り組んでいただけるようにはかることが私の仕事になります。

Q:心掛けていることはありますか?
相手の視点から考えることを心掛けています。事業について説明するときや、問合せを受けるときなど、よく話を聞き、相手の視点からのニーズを意識することで、誠実で説得力のある対応を行っていきたいと思います。

家具転倒防止用固定金具取付事業の詳細については、
消防局庁舎5階にある地域安全課にお問い合わせいただくか、和歌山市ホームページをご覧ください。

市民の方に安心して生活していただけるよう精一杯励んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 和歌山 at 08:00| 和歌山 ☔| お仕事紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月25日

5/25放送 お仕事紹介

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回はお仕事紹介
広報広聴課の加納慎也さんに伺います。

お仕事紹介.jpg
Q: 広報広聴課ではどのようなお仕事をしていますか。
市役所5階にあります広報広聴課には、「報道企画班」と「広報広聴班」の2つの班があります。
「報道企画班」では、記者会見や資料提供で報道機関に市政情報を伝えることに加え、市の認知度向上のため、県外メディアでもとりあげてもらえるよう働きかけを行っています。
「広報広聴班」では、「市報わかやま」などの印刷物による広報活動、テレビ・ラジオによる広報活動、ホームページやSNSによる広報活動を行っています。また、「職員出前講座」「インターネットモニター」など、市民の意見をお聴きし市政に反映し、市民の皆様に市政への理解を深め関心をもっていただけるような広聴活動も行っています。

Q:広報広聴課で何を担当していますか。
私は広報広聴班の一員として、主に「市報わかやま」に関する業務を担当しています。
「市報わかやま」は、市民向けの行政情報紙として、毎月発行しています。市が行う事業やイベント、まちの話題など、あらゆる行政情報を掲載しています。
「市報わかやま」は、私たち広報広聴課の職員が作っています。企画、取材、写真撮影、文章作成、レイアウト、文字校正などを行い、最終出来上がったデータを印刷業者さんに渡します。印刷された完成版が手もとに届くと、嬉しい気持ちになります。
「市報わかやま」は、和歌山市役所のホームページや「マチイロ」というアプリを利用していただくと、いつでもどこでもスマホなどで「市報わかやま」を読むことができます。ぜひ確認してみてください。

Q: 仕事を行う上で心掛けていることは何ですか。
広い視野で物事を捉える、ということです。市民の方がどんな情報を求めているのか、何をお伝えするべきかを常に考えています。そして、内容をわかりやすく、見やすく、読んでみようかなと思える紙面になるよう心掛けています。

Q:最後に市民の皆様へ一言お願いします。
これからも市民の皆様のご協力のもと、和歌山市をたくさんの方に知っていただけるよう、より良いまちと感じていただけるよう、頑張っていきますので、これからもよろしくお願いいたします。
【お問い合わせ先】広報広聴課 ☎073-435-1009
posted by 和歌山 at 08:00| 和歌山 ☀| お仕事紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする