2023年11月16日

11/16放送 お仕事紹介

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「お仕事紹介」
スポーツ振興課の中野領さんに伺います。
ゲンキ写真.jpeg
Q:スポーツ振興課ではどのようなお仕事をしていますか。
スポーツ振興課は、生涯スポーツや、競技スポーツなどの振興を目的とし、「振興班」と「交流班」の2つの班を設けています。

「振興班」では、市体育協会などの生涯スポーツ関係団体や市スポーツ推進委員と連携し、ふれあいスポーツ教室など、生涯スポーツイベントを実施するとともに、市民ニーズや社会環境に対応したスポーツ推進計画の検討や体育施設の管理運営、建設計画を行うことで地域におけるスポーツ機会の充実を図っています。

「交流班」では、12月に開催予定である「和歌山ジャズマラソン」開催業務や、和歌山市の自然を生かしたジュニアスポーツ教室、サイクリングイベント等を実施し、スポーツの普及と青少年の健全育成を図っています。また、スポーツキャンプや大規模大会を誘致することでスポーツツーリズムの創出を目指しています。

Q:スポーツ振興課で何を担当していますか。
私は、「振興班」に所属しており、市スポーツ団体との連携業務などを担当しています。
スポーツ推進委員関連業務の「ふれあいスポーツ教室」は、10月12日から毎週木曜日、合計6回行われ、本日11月16日が最終日でした。

どのスポーツを実施するか、定員は何人にするかなど、スポーツ推進委員さんと協議しながら事務を進めました。また、地域住民により自主的・主体的に運営し、多世代・多種目・多志向という特徴をもつ総合型地域スポーツクラブの支援として、年3回日本スポーツ振興センターに提出する報告書の精査や同団体への助成金の申請など、団体間の橋渡しのような業務も行っています。

Q: 仕事を行う上で心掛けていることは何ですか。
しっかりと話を聞き、分かりやすく伝えることを意識しています。
各団体の方とともに大会やイベントを作っていくことがほとんどなので、相手の話を理解し、そのうえで自分の話を伝えることで、お互いの意見をすり合わせ、より良い大会やイベントになるように考えています。

Q:最後に市民の皆様へ一言お願いします。
私が関わっているもう一つの事業「第45回新春つれもて歩こう走ろう会」が、来年も1月1日に開催予定です。

和歌山城の周辺を楽しく歩け、走れるコースを設定し、爽やかな汗を流して新年を迎えていただくというイベントです。
先着1,850名には辰が刻印された記念メダルを配布しますので、ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| お仕事紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする