2022年09月21日

9/21放送 秋の全国交通安全運動

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「秋の全国交通安全運動」について
地域安全課の田中義久さんに伺います。

秋の全国交通安全運動チラシ(内閣府・表).jpg

秋の全国交通安全運動チラシ(内閣府・裏).jpg

Q:秋の全国交通安全運動が実施されるということですが、いつ実施されるのでしょうか
秋の全国交通安全運動は、本日9月21日から9月30日までの10日間実施されます。また、運動期間中の9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。

Q:今回は、どのようなことが運動の重点とされているのでしょうか。
今回の運動重点は、3点定められています。

1点目は、子どもと高齢者を始めとする歩行者の安全確保です。
和歌山県では、信号機のない横断歩道での歩行者横断時における一時停止率が、全国平均以下のワースト5位という結果を背景に、今年の7月から「サイン+サンクス運動」を開始しました。
歩行者が手を上げ、横断歩道を渡る意思を明確に示す「サイン」と停止してくれた運転車に会釈などで感謝を伝える「サンクス」のコミュニケーションをとることで、運転者の歩行者保護の意識を向上させ、横断歩行者事故を抑止することを目的とした運動です。
これを機会に、「サイン+サンクス運動」の積極的な実施をお願いします。

2点目は、夕暮れ時と夜間の歩行者事故等の防止及び飲酒運転の根絶です。
夕暮れ時や夜間の時間帯は、反射材を身につけてドライバーなどに早めに自分の位置を知らせることで、事故を防ぐことができます。
夕暮れ時に運転する際は、早めのライト点灯で自分の位置を他の歩行者や自転車に知らせましょう。

3点目は、自転車の交通ルール遵守の徹底です。
自転車は車両に含まれることから左側通行が原則です。自転車の右側通行は、道路を通行してくる車両や歩行者との事故を誘発するのでやめましょう。自転車に乗るときは安全な運転を心がけ「自転車安全利用五則」を守り、万一の事故に備えて自転車保険に加入しましょう。

「自転車安全利用五則」とは
1.自転車は、車道が原則、歩道は例外
2.車道は左側を通行
3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4.飲酒運転・二人乗り・並進の禁止など安全ルールを守る
5.子どもはヘルメットを着用
の五つのルールです。

Q:最後に地域安全課から一言お願いします。
市民の皆様には、秋の全国交通安全運動の機会に、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践をより一層意識していただき、交通事故の防止に努めていただくようお願いします。
posted by 和歌山 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする