2019年04月02日

4/2放送 三田地区・了法寺の「涅槃会」

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます


火曜日は「まちかど通信」。今週は三田地区をご紹介します♪
和歌山市坂田の「了法寺(りょうほうじ)」を訪ねました。
地元では「坂田のおしゃかさん」として親しまれています。
この日は3月15日で、年に1度の「涅槃会(ねはんえ)」の日です。

副住職の小林慈幸(こばやしじこう)さんに伺います。
とっても素敵なお名前ですね
IMG_8927 (2)-2.jpg

「涅槃会」とは、お釈迦様が80歳で亡くなった
2月15日に行われる仏教のお祭りです。
了法寺では、1か月遅れの3月15日に行う慣習で、
この日は地元の方々が大勢お参りしていました。
DSC01770.JPG

そして年に1度、
「釈迦如来像」が安置されている「釈迦堂」が
開帳される日でもあります。中をのぞくと…
IMG_8929 (2)-2.jpg
中央に横たわっているお釈迦様の周りに
たーーーーーくさんの小さな仏像が👀その数およそ千体!
これは「立体涅槃群像」で、お釈迦様の弟子や動物たちが
お釈迦様の死を悼んでいる場面を表しています。
みんな悲しそうな表情をしていますが、
1体だけ大きな口を開けて笑っているように見える仏像が。
IMG_8965 (2)-2.jpg
これがあの「天邪鬼(あまのじゃく)」で、
「わざと周囲に逆らう言動をするひねくれ者」という意味の由来です。

そして「涅槃会」に合わせて了法寺の境内では
雑貨や軽食を販売する出店が並び
「手作りマルシェ」が開かれていました!
IMG_8914 (2)-2.jpg
これは「『寺』というイメージを脱却し
もっと気軽に立ち寄ってもらいたい」という副住職の思いから。

「立体涅槃群像」を保有している寺院は
国内に2か所しかないそうです。貴重ですね!!
あなたも、来年の3月15日はぜひ☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする