2019年02月14日

2/14放送 市役所お仕事紹介「公園緑地課」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日も「暮らしのゲンキ」をお届けしました。
和歌山市役所のお仕事紹介
今回は「公園緑地課」をご紹介。
公園緑地課の福岡大典(だいすけ)さんにお話を伺いました。


公園緑地課 福岡さん.jpeg

市役所本庁舎9階にある公園緑地課では、
和歌山市内の公園及び緑地の適正な環境づくりを目的とした業務を
行っています。
公園緑地課の管轄範囲は広大で、
市有の都市公園・児童遊園・緑地・紀の川河川敷
それに該当します。

公園緑地課は2つの班に分かれており、
公園の管理に関する業務を行う管理班
公園の事業計画・整備計画・整備工事に関する業務を行う
業務班があります。

福岡さんは、
土木職として整備班に配属、主に工事の業務を担当されています。
最近では、有功地区にある園部公園で、既存の木製遊具の撤去と
新しい複合遊具の設置工事を行いました。


公園緑地課1.JPG

工事を行う際の、具体的な業務内容は
「設計業務」「工事監督」があります。

「設計業務」とは、工事を発注するために、現場調査から始まり、
施工業者を決める入札依頼をするまでの業務のことです。
数量計算書・工事図面・設計書等の書類の作成を行います。

「工事監督」とは、その名の通り工事現場の監督を行うことです。
現場に出向き、設計通りに工事が行われているか、
図面通りの材料が搬入されているかどうかの確認を行います。


福岡さんは昨年4月に和歌山市役所に入庁、
最初の配属先が公園緑地課です。

仕事上で苦労した点などについてお聞きしました。

「私は技術職の職員であるため、仕事上専門的な内容を取り扱うことが
多くあります。業者との打ち合わせでは専門用語が飛び交い
図面を作成する際にはCADソフトを用い、設計金額を算出する際には
積算システムを扱います。
専門的な知識を必要とする場面が多々あり、わからないことが多く、
苦労を感じるところがありました。
そのため、まだまだ先輩職員に助けてもらわないといけないので、
1日でも早く独り立ちできるように勉強していかなければ
いけないなと思います。」


また、仕事のやりがいについては

「色々と苦労することはありましたが、
実際に工事が完成してから、一般開放し、遊具で遊んでくれている
子どもたちの姿を見ると、とてもうれしく感じ、自分の仕事に
やりがいを感じました。」

とおっしゃっています。

公園緑地課2.JPG

最後に、
「まだまだ、未熟なところはありますが、
市民の皆さんに満足していただけるような
公園整備をしていきたいと思います。
近隣にお住まいの方は、(福岡さんが担当した)園部公園にも
是非足を運んでみてください。」


(画像提供=公園緑地課)

「公園緑地課」はこちらをクリック!


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 | 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする