2018年03月15日

3/15放送 マイナンバーカードを活用したサービス☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日も「暮らしのゲンキ」をお届けしました。
今日は「マイナンバーカード」を活用した便利なサービスをご紹介。

000370432-1.jpg

まずは、新しく始まった
「児童手当の電子申請サービス」について
こども家庭課の平川裕二さんにお話を伺いました。

和歌山市では、3月12日から、
マイナンバーカードを活用した児童手当の電子申請サービスを
行なっています。電子申請サービスでは、国が運営する
マイナポータルにアクセスして、
自宅のパソコンから児童手当の手続きを行うことが出来ます。

電子申請が可能な手続きは、
お子さんが生まれた時や、和歌山市に転入された時には
児童手当の新規の申し込み、
児童手当の増額の申し込みが出来ます。

また、児童手当に係る変更の手続きも可能で、
氏名や住所を変更した場合の届出
手当の振込口座の変更の届出を行うことが出来ます。

さらに6月からは児童手当現況届の電子申請サービス開始を予定しています。

電子申請に必要なものは、
マイナンバーカード
マイナンバーカードに対応したカードリーダー
インターネットに接続されたパソコンが必要です。
マイナポータルの専用アプリを使って、
マイナンバーカードの電子署名を付与した状態で申請を行なってください。

電子申請の手順は、
自宅のパソコンから「ぴったりサービス」にアクセスし、
手順に従って進めてください。

こちらをクリック!

なお、マイナンバーカードの電子署名が付与されていない場合は
申請を受理できませんのでご注意ください。
また、申請の際には連絡先としてメールアドレスや、
電話番号の入力を忘れずにお願いいたします。


次に、証明書などの「コンビニ交付」について
市民課の千田博美さんにお話を伺いました。

和歌山市ではマイナンバーカードを使って、
コンビニで各種証明書が取得できるコンビニ交付を
平成29年2月から始めています。

取得できるのは、
住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍の全部事項証明書、
個人事項証明書、戸籍の附票の写しが取得できます。

全国のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどで
利用できます。
利用できる時間帯は、住民票の写しと印鑑登録証明書については
午前6時30分から午後11時まで、
戸籍の全部・個人事項証明書と戸籍の附票の写しについては、
午前8時30分から午後5時15分までとなっています。
なお、年末年始とシステム休止日は証明書の発行はできません。

証明書の取得は、
コンビニに設置しているマルチコピー機で証明書を取得します。

コンビニ交付を利用することにより、申請書を書いたり、
窓口で待つ時間がなくなります。
市役所、サービスセンターまでわざわざいかなくても、
自宅や職場の近くのコンビニで証明書を取ることができます。
土曜日、日曜、祝日、夜間でも証明書がとれます。


「コンビニ交付」についてはこちらをクリック!


000370432-2.jpg


なお、
マイナンバーカードは、郵送での申請やスマートフォン、
自宅のパソコンやまちなかの証明書写真機からも
申請することができます。

または市役所・サービスセンター・南管内の支所の窓口で
申請することもできます。
必要書類等がありますので、お問い合わせの上でお越しください。

マイナンバーカードは、
マイナンバーを証明する書類、本人確認の際の身分証明書として
利用でき、e-Taxなどの電子申請や
コンビニで各種証明書の交付ができるほか、
今後さらに利用範囲が広がっていく予定ですので、
多くの市民の皆様にマイナンバーカードを
取得していただければと思っています。

また、マイナンバーカードを申請しているが,
まだお受取りになっていない方は、
送付しています交付通知書の交付場所に
事前に交付日時を予約していただきお受取りください。


マイナンバーカードについてはこちらをクリック!


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 | 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする