2017年04月19日

4/19放送 「子ども読書の日」記念事業〜市民図書館☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「子ども読書の日」記念事業について
和歌山市民図書館 司書の川端智世(かわばたちせ)さんに
お話を伺いました。


IMG_7616.JPG


4月は「こどもの読書月間」
4月23日から5月12日までは「子ども読書週間」。
423「子ども読書の日」です。

市民図書館では、
子どもたちに本を読む楽しさに触れていただくため
「子ども読書の日」の記念事業を行います。

まず、明日4月20日(木)から児童室で
「南方熊楠文庫」を設置し貸し出しを行います。

今年2017年は、南方熊楠生誕150周年にあたります。


IMG_7619.JPG


市民図書館では、すでに、一般開架室で、今年1月から
「南方熊楠」の関連図書を展示、貸し出ししていますが、
明日4月20日(木)から、
児童室に科学図鑑を中心に集めた「南方熊楠文庫」を設置し
図書を貸し出しします。

和歌山市の偉人である、博物学者の南方熊楠は、
幼少の頃、近所の医師や商家にあった「和漢三才図絵」や
「本草綱目」などを筆写したことは有名で、
「書いて覚える」という南方熊楠の学問スタイルは、
この頃養われたと思われます。
優れた本に出会えた経験は、子どもたちの成長に大きな影響を与えます。
市民図書館は「熊楠先生」に続く
未来の巨人を応援したいと思っています。


次に、(4月15日から)6月19日(月)までの期間、
児童室で、ニュース和歌山連載『えほん日和』に紹介した
絵本を展示しています。

当館司書が一押しの絵本を紹介するコーナー
(おもに未就学児対象の絵本)、
ニュース和歌山連載「えほん日和」の絵本を集め、
児童室で展示、貸し出しをしています。
展示期間中、
「えほん日和」で紹介した本のリストもお配りしています。


IMG_7622.JPG


また、4月20日(木)から6月19日(月)まで
「石井桃子さん 生誕110周年」の展示もします。
翻訳家で児童文学作家の石井桃子さんは、「くまのプーさん」
「ちいさなうさこちゃん」「ちいさいおうち」など、
誰もが親しみのある作品を多く手がけました。

さらに、
「子ども読書の日」の423日(日)
午後230から
、市民図書館3階ホールで
こどもビデオシアター
「チャーリーとチョコレート工場」(日本語吹替)
を上映します。


CCI20170418.jpg


ティムバートン監督、ジョニーデップ出演の
この映画の原作は、ロアルド・ダールの児童小説
「チョコレート工場の秘密」です。

映画を観た後は、是非原作を読んだり、
色々な本に触れたりして下さい。
市民図書館では、子ども向け・大人向けの上映会を毎月行っています。
映像を楽しまれた後は活字の世界をお楽しみください。


「市民図書館」はこちらをクリック!


明日は「中学校訪問E」です。
お楽しみに。
posted by 和歌山 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする