2016年11月10日

11/10放送 小学校訪問㉙「秋の実りをありがとうございます」〜直川小☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「小学校訪問㉙」
和歌山市立直川(のうがわ)小学校にお邪魔しました。

IMG_1407.JPG


直川小学校では、毎年地域の方のご協力で
5年生が、田植え稲刈りの農作業を体験しています。


IMG_0664.JPG


今年も10月24日に稲刈りを行い、お米を収穫しました。

51
学級委員の柳本臨(やなぎもとりん)くん
同じく学級委員の西谷和花(にしたにのどか)さん
吉永萌乃(よしながもえの)さん
松原好優(まつばらよしまさ)くんにお話をお聞きしました。


CIMG2001.JPG


柳本くんによると、稲刈りの当日は鎌を使っての手作業。
「サクサクと刈りました。」
西谷さんは、「鎌が重たかった。」と話しています。


では、皆さんに稲刈りをした時の感想をお聞きしましょう。

柳本くん
「最初は難しいと思っていたけど、やってみたら意外と簡単でした。」

西谷さん
「鎌を持ったので緊張したけど、地域の人が、
こうしたら早く出来る、と教えてくれたので
すぐに出来ました。」


上手く刈るポイントとしては、
の方をしっかり持って、鎌での方を切ったらいい。」
教えてもらったそうです。

吉永さん
「最初、難しいと思っていたけど、
やってみると
気持ち良い音
がして楽しかったです。」


切った時の「サクサク」という音が心地良かったそうです。

松原くん
「最初は、鎌で手とかを切りそうで怖かったけど、やっていて
慣れてきたら、だんだんと切るのが楽しくなって、
もっともっとやりたいと思うようになってきました。」


今は、農家の方も機械を使っての稲刈り。
昔ながらの手作業を体験した皆さんは、
その大変さがわかったようです。


CIMG2003.JPG


6月には、田植えも体験した皆さん。
田植えのときには、田んぼにはだしで入って、
みんな1列に並んで手で植えたそうです。

柳本くんは、
「田んぼに入った時、最初足元がぐちゃぐちゃしたけど
あとから慣れてきました。」


西谷さんは
「最初田んぼに入った時は緊張して、足元も少し気持ち悪かったけど
やっていくうちに少し楽しくなってきました。」


吉永さんは
「ずっとやっていると(下を向いているので)腰が痛くなりました。」

松原くん
「最初は、はだしで入るのが嫌だったけど、やっていたら
稲刈りと一緒で楽しくなってきて、いっぱい植えられて楽しかったです。」



IMG_1433.JPG


皆さん、とても良い経験をしましたね!
収穫したお米は、12月にお餅つきをしてみんなで食べるそうです。

出来上がったお餅はとっても美味しいことでしょう。
きな粉を付けたり醤油を付けたりして食べます。」
柳本くんが説明してくれました。

とっても美味しそうですね!
他の皆さんも、
「きな粉」「醤油」「きな粉と醤油両方」
など、美味しく食べることを楽しみにしています。


IMG_1422.JPG


では最後にみんなでひとこと。
「今年も豊作
地域の皆さん、
秋の実りをありがとうございます。」



(画像提供=直川小学校)

「直川小学校」はこちらをクリック!


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 小学校訪問(2016) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする