2016年04月05日

4/5放送 「新シリーズ・学校訪問」〜伏虎中学校・吹奏楽部☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今年度の新しいシリーズ。
原則火曜日・木曜日「学校・幼稚園訪問」
第1回の今日は、伏虎中学校・吹奏楽部をご紹介しました。


IMG_5843.JPG


和歌山市の中心部、市役所の隣にある伏虎中学校。
吹奏楽部は、これまで年1回の定期演奏会も45回を数えるくらい
歴史があります。

IMG_5846.JPG


顧問の実宝欽也(じっぽうきんや)先生によると
和歌山市内の中学校の吹奏楽部の多くは、
昭和46年に開催された「黒潮国体」の年にスタートしたそうですが、
伏虎中学校吹奏楽部はそれよりも前から活動を行っていたそうです。


IMG_5827.JPG


現在部員は、新2年生と3年生を合わせて28人。
市内で2番目に生徒数の少ない伏虎中学校では、
全校生徒のおよそ4分の1が吹奏楽部員だそう。

IMG_5828.JPG

IMG_5826.JPG


毎日、授業が終わった放課後5時半くらいまで練習を行っています。
土曜日や日曜日も午前中を中心に練習を行っています。

演奏する場も多く、定期演奏会を始め地域のお祭りや色々なイベントなど
年間20回以上はステージに立っているそう。
また、2年に1度、姉妹都市のリッチモンド市から親善訪問団が訪れた際も
歓迎演奏を行っています。

演奏曲は、吹奏楽のための曲を始め、ジャズやJ-POPなど
レパートリーの幅は広く、いろんな曲を演奏します。

今は、まもなく迎える新入生のために入学式での演奏に向け
春休みも練習を行っています。

部長の前川愛結(まえかわあゆみ)さん(ホルン)、
副部長の徳山萌音(とくやまもね)さん(トランペット)
森本吏胡(もりもとりこ)さん(ユーフォニアム)
小畑鈴奈(おばたすずな)さん(バスクラリネット)
以上、新3年生の皆さんにお話を伺いました。

IMG_5837.JPG
(左から前川さん、徳山さん、森本さん、小畑さん)

演奏をしていて楽しい時はどんな時??
前川さん
「ホルンは主に伴奏ですが、ハーモニーを奏でたとき
自分の吹いた音で、メロディーが浮き出たり、
綺麗に聞こえたときはとても嬉しい。」


徳山さん
「トランペットはメロディーが多いですが、
サビのところがメロディーだったりすると、
とてもテンションが上がります。」


森本さん
「演奏しているときに拍手をもらったりしたら
とても嬉しいです。」


小畑さん
「伴奏が多いのですが、メロディーと伴奏が合ったりすると
カッコイイなと思います。」

とそれぞれ、語ってくれました。

さぁ、いよいよ新学期が始まります。
新しい1年生を迎え、新たな「吹奏楽部」がスタートします。
これからの目標については、

前川さん
「みんなで仲良く元気のある部活にしてゆきたい」

徳山さん
「練習も捗ってやってゆきたいし、演奏会成功させたい。」

森本さん
「みんなで協力して楽しんで演奏できるように頑張りたい。」

小畑さん
「みんなと仲良く楽しくワイワイしながらやるのも大切だと思います。」

新年度も伏虎中学校吹奏楽部の活動にどうぞご期待を!


IMG_5829.JPG


「伏虎中学校」はこちらをクリック!

※取材は平成28年3月に行いました。

明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。


posted by 和歌山 at 07:25| 和歌山 ☔| 中学校訪問(2016) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする