2016年01月14日

1/14放送 「はたちのつどい」で「誓いの言葉」〜冨永さんと北畑さん☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

木曜日はふるさとわかやまゲンキ人です。
今日は「はたちのつどい」で新成人代表として
「誓いの言葉」を述べた
冨永龍樹(とみながりゅうき)さん
北畑亜津沙(きたばたあづさ)さんをご紹介しました。


IMG_4719-001.JPG


今月10日和歌山ビッグホエールで開催された
「平成28年 和歌山市はたちのつどい」
「誓いの言葉」をのべたのは
各地区代表の新成人28人の皆さん。
そのセンターでリーダーを務めたのが、
貴志地区代表の冨永さんと和歌浦地区代表の北畑さんでした。

IMG_4700.JPG


何度もリハーサルを重ねた「誓いの言葉」。
立派に努めた本番のあと、お話を伺いました。

誓いの言葉.jpg


「ステージに上がると友人が手を振ってくれたので
少し緊張がとけて、落ち着いてやれました。」
と冨永さん。

「リハーサルで何度も練習したので、本番では上手く
出来たと思います。」
と北畑さん。
それぞれ、やり終えたホッとした笑顔の見せてくれました。

お2人とも現在大学2年生
冨永さんは、京都の大学で法学を学んでいます。
将来は、法律関係の仕事を専門的にやれればと話しています。

北畑さんは徳島の大学で、薬学を学んでおり、
将来は薬剤師を目指しているそうです。
ともに将来の目標が明確なお2人です。

成人式を迎えての感想をお聞きしました。

冨永さんは
「こうして人の前に立たせていただいたので、
こういう機会を通じて、自覚をしっかり持って
尊敬してもらえるような大人になりたいと思います。」


北畑さんは、
「尾花市長もおっしゃっていましたが、社会人の一員として
自覚責任のある行動をしていかなければならないなと
改めて思いました。」

とそれぞれ、しっかりとした口調で語ってくれました。


生まれ育った「ふるさと和歌山市」についてもお聞きしました。

冨永さんは、
「やっぱり、京都は寒いです。和歌山を離れてわかりました。
(和歌山は)温度的にも、人の温かみも感じました。」


北畑さん、
「徳島もそうですが海や山など自然も多く、
伝統的な歴史のある街なので
そこは誇れる思います。」



IMG_4699.JPG


これからの目標・抱負についてお聞きしました。

冨永さん
「人に胸を張って生きながら、
今まで育てていただいた方々に感謝しながら
そう言ったことを思い続けて行動し、
他人の目標となれるような人になりたいと思います。」


北畑さん
「夢はやっぱり大学でしっかり勉強を積んで、将来薬剤師になって
最近災害が多いので、そういった時には災害医療ボランティアとして
地域に貢献出来ればいいなと思います。」


将来的に和歌山に帰ってくることはありますか?

冨永さん
「仮に直接関わることができなくても、和歌山の力になるような
仕事はどこかで必ずしたいと思っています。」


北畑さん
「和歌山に帰ってきて地域の方々に貢献します。」
と頼もしい言葉を返してくれました。

両親や、家族親戚の方、そして普段から応援してくれている皆さん友人に、
感謝の気持ちでいっぱいとおっしゃるおふたり。
今の気持ちを大切に
素晴らしい未来に向かって歩んでくださいね


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| ふるさとわかやまゲンキ人(2011~2015) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする