2024年02月05日

2/5放送 けやき大通りでバスの自動運転の実証実験を実施します

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


今回は
「けやき大通りでバスの自動運転の
   実証実験を実施します」について
交通政策課の才津慎司さんに伺います。

ポンチョ (1).jfif
Q:今回の実証実験はどういった取り組みになりますか?
和歌山市ではバス事業者等のドライバー不足や公共交通不便地域、観光地への二次交通の充実などの課題があり、これらを解消するために、今回、運行事業者である日本モビリティ株式会社と、自動運転レベル2で自動運転バスの実証実験を行います。

今回の実証実験では、和歌山市のメインストリートであるけやき大通りを走行します。日ごろから多くの人や車が行き交う場所ですので、より多くの人に自動運転バスを見て、実際に乗車することで、新たな自動運転技術に触れていただき社会的受容性の醸成を図りたいと思っています。

自動運転化のレベルについては、0から5までの6段階で定義されており、
レベル0は運転自動化なし、
レベル1は運転支援、
レベル2は部分運転自動化と呼ばれています。レベル2では安全運転に関する監視は運転手が行いますが、決められたルートで自動で進んだり、止まったり。車線変更ができます。
今回使用する車両は、一般的な小さめのバス車両にセンサーなどの機器を取り付けたものです。車内には、運転手席を映したモニターを設置していますので、運転手がハンドルを触らずに走行していることが確認できます。

なお、現在準備運行を行っており、実証実験の終了日まで自動運転バスがけやき大通りを走行しています。期間中はバスが20km/hから30km/hの低速で走行しご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いします。

自動運転バスの座席については、和歌山市ホームページからの事前予約制としており、1月29日から受け付けを開始しています。1便当たり10席分の予約を受け付けし、また、当日席としても立席になりますが、各便ともに和歌山駅前停留所でお待ちいただいた10名程度の方をご案内します。こちらについては予約は不要ですが、満席の場合はご乗車いただけないのでご注意下さい。

乗車運賃は無料です。ただし、ご乗車時の感想などアンケートにご協力いただきますようお願いします。

2月14日から18日の5日間、けやき大通りの和歌山駅前から和歌山城公園まで自動運転バスを運行します。16日の金曜日と17日の土曜日は夜間にも運行しますので、けやき大通りのイルミネーションを自動運転バスの車内から楽しむことができます。
運行概要や予約方法については和歌山市ホームページをご確認ください。

和歌山市で初めての自動運転バスの実証実験です。ぜひ一度見て、体験して下さい。よろしくお願いします。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする