2023年12月25日

12/25放送 和歌浦短歌ワークショップについて

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「和歌浦短歌ワークショップ」について
文化振興課の冨永里菜さんに伺います。

○和歌の浦短歌ワークショップ(ポスター).jpg
○和歌の浦短歌ワークショッ.jpg
Q 「和歌の浦短歌ワークショップ」とはどのようなイベントなのでしょうか。
和歌の浦は、1300年前に万葉歌人の山部赤人が和歌に詠み、その絶景が多くの歌人に称賛され、和歌の神がまつられた和歌の聖地です。

古くは和歌の文化は、現代のSNSのようなコミュニケーションツールでした。そこで今回、和歌の文化を現代の感性で捉え直し、和歌の浦から発信する試みとして、「和歌の浦短歌ワークショップ」を実施します。

Q  どのようなプログラムなりますか?
講師に、若い世代に人気のある短歌×写真のフリーペーパー『うたらば』を発刊されている、歌人の田中ましろさんをお迎えし、募集した短歌に講評をいただきます。

また募集した短歌は会場にも展示し、その他に、子どもから大人まで気軽に楽しむことができる短歌のカードゲーム「5・7・5・7・7」を行います。

Q いつ、どこで開催されるのでしょうか?
令和6年(2024年)1月21日日曜日の午後1時から3時まで、
和歌山市南コミュニティセンター 5階 多目的ホールで行います。
会場定員は40名で、
その他オンラインでもご参加いただけます。いずれも無料となります。

募集する短歌のテーマは、「和歌の浦」と「海の思い出」です。
短歌の募集期間は、2024年1月9日火曜日までです。

投稿方法は、3つあり、X(旧Twitter)、応募ページ、はがきのいずれかで投稿ください。

X(旧Twitter)の場合は、指定のアカウントをフォローし、
「#tanka」、「#wakanoura」をつけて投稿ください。写真やイラストを付けていただいても結構です。

応募ページの場合は、チラシなどに掲載しているQRコードから投稿ください。
はがきの場合は、投稿する短歌と、住所・氏名・電話番号をご記入の上、和歌山市文化振興課までお送りください。
住所は、〒640-8511 和歌山市七番丁23番地の和歌山市役所 文化振興課です。
お一人様につき何首でもご応募いただけますが、異なる作品でお願いします。

Q お問い合わせ先を教えてください。
和歌山市役所文化振興課 073-435-1194までお問合せください。

今回、全く短歌を作ったことのない方から熟練の方まで、またお子様からご年配の方まで、幅広くご参加いただければと思います。
誰かに伝えたい思いを歌にして、ぜひ和歌の聖地に投稿ください。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする