2023年12月20日

12/20放送 年末年始の救急医療体制について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「年末年始の救急医療体制」について
総務企画課の松下 未佳さんに伺います。

スクリーンショット 2023-12-19 21.41.02.jpg


Q 年末年始はお休みの医療機関も増え、受診できるところが少なくなると思いますが、もし急に熱が出たりと、病院で診てもらいたいと思ったと  きにはどうすればよいでしょうか。
和歌山市では、和歌山市保健所に隣接している和歌山市夜間・休日応急診療センターで、内科・小児科・耳鼻咽喉科・歯科の診療を受けることができます。

Q 診療時間はどのようになっていますか。
応急診療センターでは、12月29日(金)から年末年始の体制となります。
基本的には、午前10時から午後5時までと、午後7時から翌朝6時までとなっています。ただし、診療科目によって診療を行っていない時間帯もありますので、詳しくは、和歌山市のホームページ、もしくは、市報わかやま12月号をご確認ください。

発熱等の症状がある方は、事前に電話をして症状を伝えてください。
電話番号は、073-425-8181です。

Q 新型コロナウイルス感染症について相談したい場合はどうすればよいでしょうか。
 和歌山県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口でご相談いただけます。
 電話番号は、073-441-2170で、24時間対応で相談を受け付けています。

コロナは過去3年間、年末年始に流行しています。そのため発熱等で流行すると、速やかに医療機関を受診できない可能性がでてきます。発熱等の体調不良に備えて、あらかじめコロナの抗原キットや市販の解熱鎮痛剤を準備しておいていただくのもいいと思います。

Q あらかじめの準備が安心につながりますよね。電話番号も控えておくといいですね。では、最後に一言お願いします。
救急車を呼ぶほどではないけれど、どこに行けば良いかわからない場合は、
「和歌山県救急医療情報センター」にご相談ください。
365日24時間体制で、医療機関の案内を実施しています。
電話番号は、073-426-1199です。

また、お子さんが急病になったとき、医療機関を受診するべきか判断に迷った場合は、
子ども救急相談ダイヤルをご利用ください。
電話番号は携帯電話かプッシュ回線で♯8000番、または073-431-8000となっています。看護師が相談に応じてくれます。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする