2023年10月03日

10/3放送 骨髄バンクについて

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は
「骨髄バンク」について
保健対策課 玉置美帆さんに伺います。

ドナーチラシ.jpg
骨髄バンク事業とはどういった事業ですか?
この事業は「骨髄移植を必要としている血液疾患の患者さん」と、「患者さんのために骨髄を提供したいというドナー」との橋渡し役を担う組織的な活動のことです。

白血病や再生不良性貧血などの血液疾患は、以前は有効な治療法がなく、治りにくい病気でしたが、骨髄移植や末梢血幹細胞移植により健康を取り戻せるようになりました。

しかし、骨髄移植を成功させるためには患者さんとドナーのHLA型という白血球の型を一致させる必要があります。 HLA型が一致する確率は、兄弟姉妹では4人に1人の確率ですが、それ以外では数百人から数万人に1人の確率でしか一致しません。

1人でも多くの患者さんを救うためには、より多くの方にドナー登録をしていただく必要があります。

令和5年7月末現在、全国のドナー登録者は54万人を超えていますが、ドナーになれる方は、18歳〜54歳の方であるため、55歳になったり健康に変化があったり、登録から外れる方が増加しています。そのため新規の登録者が減り、現在の登録者がどんどん登録から外れてしまうと、移植を受けることが困難になってきます。

厚生労働省では毎年10月を「骨髄バンク推進月間」として、骨髄移植についての正しい知識を普及啓発しています。

Q ドナー登録をするにあたって要件はありますか?
ドナーの登録要件は3つあります。

@年齢が18歳以上、54歳以下の健康な方
A体重が男性45kg、女性40kg以上の方
B骨髄の提供内容を十分に理解されている方  

この3つの要件をすべて満たす方が対象です。

Q ドナー登録の流れを教えてください
骨髄の提供内容を知ってもらうための説明を行い、登録必要書類を記入いただきます。その後、約2mlの採血を行い登録は完了します。ドナー登録は、和歌山駅前献血ルームや献血バスで日時を決めて行っています。

また、和歌山市では、ドナーの方がより骨髄を提供しやすい環境を整えるために、骨髄ドナー奨励金を交付しています。詳しいお問い合わせ先は、和歌山市保健所 保健対策課 難病対策グループ 電話番号073-488-5116です。

Q 最後にメッセージをお願いします。
一人でも多くの命を守るため、骨髄ドナー登録にご協力をお願いいたします。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする