2023年10月18日

10/18放送 介護予防について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「介護予防」について
地域保健課 藤本晶子さんに伺います。
R5シニアチラシ(南).jpg

Q:介護予防とは、どんなことですか?
介護予防とは、介護が必要な状態とならないように早期から予防策を講じることによって、日々の生活に必要な健康状態や身体機能を維持していくことです。
要介護になる原因は 1位 認知症 2位 脳血管疾患 3位 高齢による衰弱 です。
そのため、介護予防に大切なポイントは認知症予防、生活習慣病の予防、生活に必要な筋力の維持といえます。

そのためには・・・
社会参加(友人と交流する) 
運動機能の維持・向上(週に1〜2回以上運動する) 
低栄養の予防(3食バランスよく食べる。肥満・やせを避ける) 
口腔機能の向上(よく噛む、よく話す) 
認知機能の低下予防(ぼーっとする時間を減らす、頭の体操をする)が大切です。

でも、いざ介護予防と言ってもどんなことをすればいいのか分かりませんし、一人ではなかなか続きません。まずは、日常生活でどんなことができるか、一緒に学ぶ教室にきてみませんか?

保健センターでは、自分の体の状態を知り、行動するきっかけをつくるために高齢者を対象とした「シニアのための元気アップセミナー」を4年ぶりに開催予定です。ぜひご参加ください。

Q:シニアのための元気アップセミナーは、いつ、どこで開催されますか?
今年度は11月20日(月曜日)、21日(火曜日)の連日和歌山市西保健センターで開催します。、こちらは既にお申し込みがたくさんあり満員になってしまいました。もう1回はR6年2月5日(月曜日)2月19日(月曜日)に和歌山市南保健センターで開催します。

Q:どのような内容なのでしょうか。
1回目はまず体組成(身長、体重、筋肉量、血圧など)を測定して自分の体の状態を知ってもらいます。それから理学療法士の先生のお話を聞いて、実際に運動をします。脳を使いながら体を動かし、筋力維持だけでなく認知症の予防にもつながる運動です。

2回目は血管年齢を測定した後、管理栄養士と歯科衛生士の先生の講話を聞きます。

2回の教室を通して、運動・栄養・歯科の3つの視点から介護予防について大切なことを知ってもらい、学んだことを日常的に活用してもらえるような内容になっています。ぜひご参加ください。

2月の教室の申し込みやお問い合わせは、1月末までに
和歌山市南保健センター 073-499-5566にご連絡ください。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月17日

10/17放送 お仕事紹介

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「お仕事紹介」
産業政策課 清竹良憲さんに伺います。
お仕事紹介.jpg

Q:産業政策課の業務内容おしえて下さい
産業政策課は、産業政策班と雇用労働班と企業立地班の3つの班に分かれて仕事をしています。

産業政策班は、市内産業に対する政策の立案や経済情報の収集を担当しており、その時々の情勢よって企業支援に取組んでいます。現在はITツールの導入支援や事業者への補助金交付を行っています。

雇用労働班は、市内企業の雇用促進として就職イベントを開催することや、勤労者の福祉に関することとして融資制度や勤労者向け施設の管理をしています。また、企業内の人権啓発や市民の方からの労働相談に応じるなどの取組みをしています。

企業立地班は、企業誘致及び立地の推進として、企業立地促進奨励金制度の活用に関することや、実際和歌山市に拠点を作る企業の方々とやりとりを行っています。また、工場立地法に関する業務や企業が先端設備を導入する際の支援策にも取り組んでいます。

Q:産業政策課で何を担当していますか
私は雇用労働班の一員として、学生の市内企業への就職や、女性の就労支援として就職イベントに関する業務を主に担当しています。他にも企業に対する働き方改革推進や女性の就労支援策などについても関係機関と連携しながら周知啓発に努めています。

直近では9月28日に「女性の就職応援フェア2023」が開催され、ご好評をいただきました。また、11月25日に「わかやま学生×企業 就活交流会」と題して、学生と市内企業の方々が少人数で気軽に交流できるイベントが予定されています。こういった和歌山市主催の就職関連のイベントが来年の大学生就活解禁までの間に随時行われるほかに、和歌山県や労働局などとの共催事業もあるので、各機関と打ち合わせを進めているところです。

Q:業務で心掛けていることはどんなところですか?
分からないことはすぐに調べて知識を増やすことを心掛けています。
雇用に関することが班の業務になるので、範囲が広いことに最初は驚きました。例えば働き方改革についてですが、企業の働き方改革を実現するために様々な補助金を国が用意しており、相談窓口が労働局などに用意されていることは業務に携わってから知りました。

他にも企業に対する支援策が色々あり、学ぶべきことがたくさんあるので、業務に生かすことができるように日々勉強しています。

Q:最後に市民の皆様へメッセージお願いします
産業政策課は市役所本庁の10階にあります。直接市民の皆様とお話しする機会はないですが、市内産業の活性のために日々取り組んでまいりますので、よろしくお願いします。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| お仕事紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月16日

10/16放送 小学生市場体験

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日は小学生市場体験について、
和歌山市中央卸売市場管理事務所業務班の矢本敦久さんにお話を伺います。

令和元年度夏休み親子市場体験B.JPG

令和元年度夏休み親子市場体験A.JPG
Q:今回、「小学生市場体験」を開催ということですが、どのような目的で開催されるのでしょうか。
中央卸売市場の果たしている役割や流通の仕組みなどについて市民の方々に知ってもらい、興味を深めていただくために市場体験会を行います。

Q:小学生市場体験は、いつ、どこで開催されるのでしょうか。
小学生市場体験は、11月11日(土曜日)午前6時から午前7時30分頃まで
、和歌山市中央卸売市場で行います。

Q:やはり市場ですから、早起きして来ていただくということになるんですね。
はい、そうですね。

Q:当日は6時に来ていただいて、どんなことを皆さんに体験していただくのか教えてください。
7時から青果物のセリをしているところを見学してもらいます。
そして、市場に出ている野菜・果物や魚などの説明を聞いてもらいます。
その後、家にある冷蔵庫よりも大き冷蔵庫を見学してもらうことになります。
令和元年度夏休み親子市場体験@.JPG
Q:参加されます皆さんにどんなところを特にご覧いただきたいですか?
早朝の市場の賑わいとか、実際の大きさ。それからセリの威勢の良さを見ていただきたいと思います。

Q:参加対象について教えてください。
小学校1年生から6年生までの方とその保護者の方、10組を対象にして行います。ただし、1組4名までになります。

Q:これはお申込みが必要なんですよね。
市報わかやま10月号、わかやまこども市報10月号、和歌山市ホームページに申し込みの案内を掲載しています。そこに載せてあるQRコード
またはURLから申込フォームで申し込んでいただけます。


申し込みの締め切りは、10月23日の月曜日までになります。

小学生市場体験に関するお問い合わせは
、和歌山市中央卸売市場管理事務所までご連絡ください。
電話番号は073-431-3169です。

Q:応募者多数の場合はどうなりますか?
抽選とさせていただきます。

抽選の結果は、10月26日頃に、当選された方にのみ、メールで連絡させていただきます。
抽選に外れた方には、申し訳ありませんが連絡は致しませんので、悪しからずご了承ください。

普段あまり接する機会のない中央卸売市場を体感できる、楽しい体験ですので、ぜひ参加をお待ちしています。よろしくお願いします。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする