2021年11月12日

11/12放送 イベント情報☆「図書館イベントほか」

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日はゲンキトピックス。
市内で開催される行事などをご紹介します♪

◎令和3年度和歌山市公民館フェスティバル

03festival2-1.jpg

明日13日(土)に、和歌山城ホール 小ホールで
令和3年度和歌山市公民館フェスティバル」の実践発表会が行われます。

公民館活動に参加されている市民の方々の、コーラス・ダンスなどの演技の発表を行います。時間は午前11時30分から午後4時までです。

また本日12日(金)から14日(日)には展示室で作品展も開催されます。絵画や手芸・書道などの作品の展示を行います。

(詳しくはこちら☆




◎旧中筋家住宅イベント


明日明後日の13日(土)と14日(日)、
2021年第19回関西文化の日 無料公開」が行われます。

関西各地の文化施設が無料公開される「関西文化の日」に、旧中筋家住宅も無料公開します。旧中筋家住宅は、国の重要文化財に指定された、江戸時代後期の大庄屋の屋敷です。時間は午前9時から午後4時30分までです。

mukasibanasi.jpg


そして、明後日14日(日)に旧中筋家住宅で
古民家で昔ばなしを聞く会」が行われます。

時間は午後2時から午後2時30分までです。今回は、和歌山昔ばなしを語る会のみなさんに、和歌山に伝わる昔ばなしを和歌山の土地ことばで語ってもらいます。古民家の座敷で昔ばなしを楽しむことが出来ます。申し込みや費用は必要ありません。

【お問い合わせ先】
旧中筋家住宅管理事務所 電話:073-465-3040(土・日・祝日)
文化振興課 電話:073-435-1194(平日)



◎湊御殿 無料公開

minatogoten.jpg

また、同じく和歌山市西浜にある湊御殿が、2021年第19回関西文化の日にちなみ無料公開されます。

湊御殿は、現在の和歌山市湊御殿1丁目にあった紀州藩主の別邸の建物を移築したもので、和歌山市の指定文化財です。
こちらも申し込みや費用の必要はありません。

【お問い合わせ先】
湊御殿 電話:073-444-4188

(詳しくはこちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月11日

11/11放送 パープルリボンキャンペーン

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「パープルリボンキャンペーン」について
和歌山市男女共生推進課久野真奈さんに伺います。

Q:今回「パープルリボンキャンペーン」を開催とのことですが、どのような目的で開催されるのでしょうか。

 内閣府では、毎年11月12日から11月25日までの2週間を「女性に対する暴力をなくす運動」期間とし、女性に対する暴力根絶のシンボルであるパープルリボンにちなんで、全国のタワーやランドマークなどを紫色にライトアップする、パープル・ライトアップを実施しています。
 
 このパープル・ライトアップには、女性に対するあらゆる暴力の根絶を広く呼び掛けるとともに、被害者に対して、「ひとりで悩まず、まずは相談をしてください。」というメッセージが込められています。
 
 和歌山市でも、昨年に引き続きパープル・ライトアップを実施します。

Q:パープル・ライトアップはいつどこで実施されるのでしょうか。

 今年は、11月22日から11月25日までの期間、夕方5時から11時まで、市堀川にかかる京橋・中橋・寄合橋を紫色にライトアップします。橋はもとより、紫色に映える水面もとてもきれいです。

スクリーンショット (2).png


Q:ほかにも取り組みはありますか?

 あいあいセンター5階の男女共生推進センター「みらい」では、パープルリボンで装飾したDV防止特設コーナーを設けています。この機会に女性の人権やDVについて考えていただければと思っています。

Q:最後に市民の皆さんへメッセージ。

 配偶者からの暴力、性被害、性暴力、ストーカー行為などの暴力は、女性の人権を著しく侵害するものです。だれもが対等でよりよい関係でいられるよう、パープルリボン運動が一つのきっかけになればと思っています。
 
 また男女共生推進センターみらい相談室では、女性相談員が相談者の話をお聞きし、問題解決に向けて一緒に考える電話相談を行っています。
 
 電話番号は、073−431−5528です。受付時間は午前10時から午後4時までです。また、月曜日の休館日と祝日はお休みです。ひとりで悩まず、まずは相談してみてください。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月10日

11/10放送 認知症サポーター養成講座

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「認知症サポーター養成講座」について
和歌山市地域包括支援課千田博美さんに伺います。


01.gif


Q: 「認知症サポーター養成講座」が開催されるということですが、認知症サポーターとはどういったものでしょうか?

認知症サポーターは、何かを特別にやってもらうものではありません。 認知症について正しく理解し、認知症の方や家族を温かく見守る応援者です。

「認知症サポーター養成講座」 で得た知識を生かし、 自分のできる範囲での活動、 例えば友人や家族にその知識を伝える、認知症になった方や家族の気持ちを理解するよう努めるなど活動内容は人それぞれです。

Q:「認知症サポーター養成講座」 はどのような内容でしょうか?

認知症についての基礎知識や、 認知症サポーターとして何ができるかなどについて学びます。 誰かのためではなく自分のために、 認知症サポーターになってください。


Q:「認知症サポーター養成講座」は、いつ、どこで開催されるのでしょうか?

「認知症サポーター養成講座」 は、 11月24日 (水) 午後2時から午後3時30分まで、 和歌山ビッグ愛9階 会議室Aで開催いたします。


Q : 認知症サポーターは和歌山市には今どれくらいの人数の方がいらっしゃるのですか?

現在約2万3000人の方が認知症サポーターとなられています。 和歌山市では、市内の小学生を対象にキッズサポーター養成講座も開催しており、 認知症サポーターの中にはキッズサポーターも含まれています。


Q:改めて「認知症サポーター養成講座」 について ご案内をお願い致します。

「認知症サポーター養成講座」 は、 11月24日(水) 午後2時から午後3時30分まで、和歌山ビッグ愛9階 会議室Aで開催いたします。

申込は本日11月10日(水)から11月19日(金)の期間にお電話かファックスでお申し込みください。 住所・氏名・電話番号が必要です。
先着35名となります。

地域包括支援課の電話番号は、073-435-1197です。
ファックス番号は073-435-1343です。

Q:最後に市民の皆様へメッセージ。

認知症に関する正しい知識を持っていただき、 認知症になっても希望をもって日常生活 を過ごせる社会の実現をめざしていますので、 多くの方にこの講座を受講していただきま すよう、ご参加をお待ちしております。

chirashi-1.jpg
(詳しくはこちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする