2018年06月26日

6/26放送 まちかど通信J 「有功地区」〜概要と「元気いさお夏祭り」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信J」
今回は「有功(いさお)地区」
ご紹介します。
有功地区連合自治会長酒井武也さん
地区の概要や「夏祭り」についてお話を伺いました。


IMG_0307-001.JPG
(酒井さん=左から2人目)


有功地区は、
東は、千手川、西は鳴滝川、北は和泉山脈を背にし、
南は紀の川に囲まれた地域で、
温暖な気候と豊かな紀の川の恵みにより、古くから
稲作を中心とした農業が行われ大いに発展してきました。

近年は、最良の住宅地となっており
人口は、一時2万人が居住していましたが、
現在約1万6000人が居住しています。


酒井会長は、有功地区で生まれ育った方。
千手川や鳴滝川は、昔から水がきれいで、ホタルがよく見られた場所。

「子どもの頃は、網や手でホタルをかごに入れて持ち帰り、
家で庭に放して眺めたりしていました。」

と懐かしそうに話してくださいました。


また、歴史的遺跡も多く、
大和時代紀の川河口より貿易が盛んに行われ、
当地区は大和から通じる街道沿いに位置し、
鳴滝遺跡からは、
五世紀前半に建てられたとされる七棟からなる倉庫群が発見されています。

その他、園部丸山古墳は和歌山市指定の文化財で、
大同寺所有地から出た家形ハゾウは、現在東京国立博物館に展示されています。

これ以外にも古い遺跡、社寺が数多くあります。


催しものとしては、
「第19回元気いさお夏祭り」
7月28日(土曜日)に開催されます。

このお祭りが始まった経緯は、
有功地区の伝統文化の伝承と、
平成10年に発生した「毒物カレー事件」で
地域住民が元気をなくしていたため、
平成12年に連合自治会として、地域を元気付けようとしたのが始まりです。

有功地区の伝統文化を伝承していくために、
小学校の児童や中学生に参加していただき、若い人の参加も多くなり
毎年5000人ほどの人たちが参加いただいています。


内容は、
各種団体や小学校からの夜店

午後5時から、
有功小学校児童による「太鼓演奏」
有功東小学校児童の「子どもみこし」
有功中学校吹奏楽部による演奏

午後7時から、
夏まつり本番の総踊り、
伝統文化の伝承踊り「有功音頭」といった内容です。

午後8時ごろには抽選会を行い、多数の人々に喜んでいただいています。


「これからも長く続けていきたいと思っています。」

酒井さんは、このように話してくださいました。

7月28日、今年も盛会でありますように。

IMG_0311.JPG


「有功支所」はこちらをクリック!



明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

6/25放送 性感染症のひとつ「梅毒」にご注意☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は。性感染症のひとつ「梅毒」について
和歌山市保健所保健対策課の中居徳子さんにお話を伺いました。

CCI20180622.jpg


「梅毒」とは
性感染症のひとつで「梅毒トレポネーマ」という病原菌による感染症です。
感染した部位にしこりが出来たり、
リンパ節が腫れたり、発疹などの症状が出ることもありますが、
全く症状が表れないこともあるため、
感染に気付かないことも珍しくありません。

しかし、気付かないままで治療しない状態が長く続くと、
重症化して命に係わる場合もあります。

全国的に平成22年ごろから梅毒は急増しています。
特に昨年(平成29年)は、暫定値ですが、報告者数は5820人となっています。
報告者数が5000人を超えたのは、昭和48年以来44年ぶりであり、
感染拡大を防ぐためにも早期発見、早期治療が重要になってきます。

和歌山市においても、全国同様に増加傾向であり、
決して遠いところの話ではありません。
誰もがかかる可能性がある感染症という認識を持って
予防していただきたいと思います。

梅毒には予防のためのワクチンはありません。

性感染症のひとつのため、感染を予防するためには
コンドームをきちんと使用することが重要です。

ただし、くちびるに病変がある場合などは、
キスでも感染する可能性はあるため
残念ながら100%予防できるわけではありません。

体調が悪い、皮膚や粘膜に異常がある場合などは
性的な接触は控えるようにしましょう。


CCI20180622_0001.jpg


梅毒に感染しているかどうかは、血液検査でしかわかりません。

ただし、感染してすぐに検査をしても正確な判断はできないため、
心配なことがあってから,
1ヶ月程度の期間をあけてから検査を受けるように
してください。

検査は、医療機関で受けることが出来ます。

和歌山市保健所でも
感染の可能性がある方は、HIV(エイズ)の検査と合わせて
梅毒検査を受けていただくことが出来ますので
感染の不安がある場合は一度ご相談ください。

相談、お問い合わせは
☎073-488-5118(和歌山市保健所 保健対策課 感染予防対策班)まで。


中居さんは
「梅毒以外にも性感染症はたくさんありますが、
いずれの性感染症も、コンドームを正しく使用することにより
感染のリスクを下げることが出来ます。
使用すると感染のリスクを下げることが出来るということを
正しく理解し、感染予防に努めてください。」

と話しています。


詳しくはこちらをクリック


明日は「まちかど通信J」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

6/22放送 「名草姫舞台衣装展」「和歌山市吹奏楽団定演」ほか☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)


金曜日は「ゲンキトピックス」 
週末から来週の行事などをご紹介しています。

nagusahime.jpg

和歌山市役所1階玄関口の「市民ギャラリー」では、今
劇団ZEROの「名草姫舞台衣装展」
開催されています。

古代の紀の国に存在していたとされる名草戸畔(なぐさとべ)
(名草姫)の伝説を舞台化し、
上演した際の衣装などが展示されています。

「名草姫舞台衣装展」は27日(水)まで開催されています。


詳しくはこちらをクリック


明日23日(土)
国指定重要文化財「旧中筋家住宅」では、
「和歌山の歴史的建造物映像上映会」が開催されます。


nakasujike_image-001.jpg


和歌山には、身近で魅力的な歴史的建造物があちこちにあります。
和歌山歴史的建造物映像化の会の皆さまのご協力により、
江戸時代後期の大庄屋の屋敷「旧中筋家住宅」の大広間で、
和歌山の歴史的建造物の上映会を開催します。
時間は午前10時から午後4時までとなっています。


詳しくはこちらをクリック


和歌山市民会館大ホールでは、明後日24日(日)
第39回市民文化まつり参加
「和歌山市吹奏楽団 第88回定期演奏会」

が開催されます。

300624 第88回市吹奏楽団定演チラシ.jpg

演奏曲目は、
第1部では「鳳凰〜仁愛鳥譜(じんあいちょうふ)」
歌劇「トゥーランドット」より。
第2部では、映画「紅の豚」より「ポルコロッソ」。
「ディープパープルメドレー」、
行進曲「ブルーインパルス」となっています。

午後1時30分開場。
午後2時開演。

是非お出かけください。

(内容を誤って掲載しておりました。お詫びして訂正いたします。)


詳しくはこちらをクリック


和歌山市加太の淡嶋神社では、
明日から7月7日まで「たなばた祭」が行われます。

これは、地域の子どもたちのために始められたお祭りで
境内に置かれた短冊に、自由に願い事を書いて笹に吊るしていただけます。
笹飾りは7日の16時頃からお祓いを受けた後にお焚き上げされます。


詳しくはこちらをクリック


さて、来週、28日(木)午後7時から、
和歌山ビッグ愛1階のホールでは、
男女共同参画週間特別公開セミナー
「女性が活躍できる社会−行動経済学で考える−」

が開催されます。

chirashi-1.jpg

講師に大阪大学教授で経済学者の大竹文雄さんをお迎えし、
わかりやすくお話いただきます。
なお、お申し込みが必要です。

☎073-436-8704 男女共生推進課まで。

詳しくはこちらをクリック


来週もお楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする