2017年09月28日

9/28放送 小学校訪問㉒「食育」授業で体と栄養を知る〜楠見東小☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「小学校訪問㉒」
和歌山市立楠見東小学校にお邪魔しました。

楠見東小学校では、このほど
6年生の児童を対象に「食育」の授業が行われました。


IMG_4370.JPG


「しょくすいさん」として知られる
和歌山市食生活改善推進協議会の皆さんが、
まずは、栄養とからだのしくみについて
「エプロンシアター」でわかりやすく説明しました。


IMG_4365.JPG


食事として食べたものは、胃で消化され、
栄養分は小腸で吸収され
やがて、排出されるといった流れを
わかりやすく紹介。


IMG_4373 (1).JPG


IMG_4374.JPG
(エプロン上に作られた内臓から小腸を取り出します)


小腸のところでは、こんな質問が投げかけれました。


IMG_4375.JPG
(「小腸ってこんなに長いんです」実際の長さを体感)


小腸の長さって何メートルくらいと思いますか??」
児童たちは、答えます。
「3メートル??」
「4メートル??」
もっと??
「6メートル?」
「7メートル?」
「正解!」

小腸の長さはおよそ7メートル。
総面積にしてテニスコート1面くらいの
広さになるんだそうです。

みんな驚いていました。

そのあとは、からだを整えるためにも
1日に摂ってほしい350gの野菜を実際に見せて
子どもたちに実感してもらいました。

IMG_4377.JPG


後半は、和歌山市保健所地域保健課
金谷裕代さん

3食きちんとバランスを考えて食べることの大切さを
いろいろなメニューを挙げながら説明しました。


IMG_4386.JPG



この日、前半の授業を担当したメンバーのおひとり
和歌山市食生活推進協議会坂本育子さん
好き嫌いをせずに、バランスよく食べること。
朝ごはんは欠かさない、3食きちんと食べてほしい。
お母さんもお忙しいでしょうけど子どもたちを応援してほしい。
そのためのお手伝いが出来ればと思います。」

と話していました。

IMG_4381.JPG


児童たちに感想を聞きました。
「食育や身体のことがわかって良かったです。」
「野菜は好きだけど魚は嫌いです。」
「野菜350gは思っていたより少なかった。」
「きらいなものはありません。」
「野菜もっと摂らないとと思いました。」
「好き嫌いはあります。」という児童も。
「野菜美味しいです。全部好きです。」
色々答えてくれました。
お話を聞いて、自分の生活を振り返り、
「もっと早く寝ないとと思いました。」
言ってくれた児童もいました。
みなさん、大切なことを学びました。


3食きちんとバランスよく食べて
健康な体を作って下さいね。



「楠見東小学校」はこちらをクリック!


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。
posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 小学校訪問(2017) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

9/27放送 南方熊楠生誕150周年シリーズF〜中学卒業後の熊楠☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
南方熊楠生誕150周年シリーズ
7回目の今日は「中学卒業後の熊楠」
和歌山城整備企画課学芸員の武内善信さんのお話です。



南方熊楠生誕150周年記念ロゴマーク.jpg


(旧制)和歌山中学校(現在の桐蔭高校)を
卒業してからの熊楠は、
いよいよ和歌山を出て上京します。

東京では、共立学舎(東大に入るための予備校のような学校)
に1年ほど通い、
その後、大学予備門(今の東京大学の教養学部)に入学します。
その時の同級生には、
夏目漱石正岡子規、小説家の山田美妙(びみょう)らがいました。

しかし、熊楠は大学予備門を中退してしまいます。

理由のひとつには、
自分の好きな勉強ばかりしていたということもあり
当時の学校は、進級試験というのがあり、
いくつかの科目で赤点を取ると、進級できなかったのです。

小学校、中学校も全てそうでした。
例えば、和歌山中学も熊楠が入学したときは40人ほどいた生徒が
卒業したのは6人でした。
ただし、中学を正式に卒業していなくても大学に入学することが出来たようです。
試験さえ通れば入れたわけです。

大学を中退した熊楠は、一度和歌山に戻り、両親を説得し
アメリカに留学します。

商業の勉強をするということで両親を説得した熊楠は
アメリカに渡り、サンフランシスコの商業の学校で語学を学びます。

シカゴには有名な商業大学がありますが、そこには入らずに
ミシガン州ランシングにある農科大学に入学。
自身の好きな生物について学びました。

当時のアメリカは、まだ人種差別が根強く残っており
熊楠はそのような差別に反抗し、農科大学も中退してしまいました。

その後、熊楠は
ミシガン大学の近くのアナーバーというところに渡ります。
そのミシガン大学には、当時日本人留学生が何人もいました。

例えば、オノヨーコさんの祖父であったり、
和歌山で一番の大金持ちの佐藤長兵衛氏の養子となった
佐藤虎次郎とかがいたそうです。

熊楠は大学には正式には入らず、そういった留学生に交じりながら
好きな生物の勉強をしていました。
アメリカでの熊楠は、自由奔放に好きな学問を極めて行ったようです。

来月は「イギリス」時代の熊楠についてです。


明日は「小学校訪問」です。
お楽しみに。
posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

9/26放送 「中学校訪問Q」新チームで目指せ優勝〜河西中柔道部☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「中学校訪問Q」
和歌山市立河西中学校にお邪魔しました。


IMG_4651.JPG


河西中学校柔道部は、3年生が引退し
2年生を中心としたメンバーで新しくスタートしたばかり。

まずは、2年生新キャプテン
阪部喬則(さかべたかのり)くん
にお話を伺いました。

阪部くんがキャプテンとなったのは2学期になってから。
今どんな気持ちですか?とお聞きしたら
ひとこと「頑張ります!」と答えてくれました。

IMG_4811.jpg

IMG_4623.JPG


2年生を中心に、12人。
内、女子も2人頑張っています。
毎日練習は夕方6時半ごろまで行っています。

この夏は、引退した3年生にとっては最後の大会。
河西中柔道部は、力を合わせて頑張りました。

和歌山市中学校総合体育大会(中体連)夏季大会で
男子団体 準優勝で、
県大会出場を果たしました。

「うれしかったです。」と阪部くん。

IMG_4812.jpg

IMG_4810 (1).jpg

この時に、チームを引っ張ってくれた3年生の
元キャプテン薮井雷土(やぶいらいと)くん
元副キャプテン淵上悠真(ふちがみゆうま)くん
お話をお聞きしました。

薮井くんは、個人戦では、県大会で優勝
全国大会出場という快挙を成し遂げました。

「全国大会では2回ぐらい勝ちたいと思いましたが、
1回勝って2回目負けました。」

とちょっぴり残念そう。

全国大会のレベルは高かった。」と言っています。
しかし、全国大会出場の経験はとても大きなもので
「良い想い出になりました。」
と語ってくれました。

IMG_4815.jpg

淵上くんも団体戦を引っ張ってくれました。
市の大会で準優勝した時の感想を
「うれしかったです。」と話してくれました。

河西中柔道部は、代々とても頑張って好成績を残しています。
今回も、ホントに良く頑張りました。

チームワークも良かったです。」と淵上くん。

個人的にはどうでしたか?の質問に
「まあまあです。」とちょっと厳しい自己評価です。

3年生は、これで引退となりましたが、
今後についてもお聞きしました。

薮井くん、淵上くんともに、柔道は
「これからも続けます。」ときっぱり!
是非、これからも頑張ってくださいね。

IMG_4817.jpg

そして、キャプテンの阪部くんに
これからの目標をお聞きしました。
「全国大会に出場したいです。」

そのためには、目の前の大会から頑張る必要があります。
今、最も近い大会は秋の県大会。

「県大会では優勝します。」

と強気で話してくれた阪部くん。
今のメンバーなら優勝できそうですか??
「優勝します

その意気込みで是非頑張ってくださいね。

IMG_4816.jpg

では、最後に3年生の先輩からひとこと。
薮井くん
「まだまだ弱いので、もっと練習したら強くなれると思います。
頑張ってほしいです。」

淵上くん
「(来年)夏の試合で全国大会行けるように頑張ってほしいです。」

先輩らしく、心強いエールを送ってくれました。

河西中柔道部、県大会優勝するぞ!

その意気込みで頑張ってくださいね。

IMG_4649.JPG

「河西中学校」はこちらをクリック!



明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 中学校訪問(2017) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする