2017年11月29日

11/29放送 「和歌山市市民大学」を見学しませんか?

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「和歌山市市民大学」授業見学について
生涯学習課の井本小百合さんにお話を伺いました。


Temp1_simin4 (2).jpg


和歌山市では、毎年「市民大学」を開講し、多くの市民の皆さんが
たくさんの科目で学ばれています。

来年度も多くの方に学んでいただけるきっかけとなるよう、
今年初めて市民大学の授業を見学を実施します。

現在開講されている講座は、
囲碁・将棋・民謡・フラワー・コーラス・日本画
書道(漢字・かな)・園芸・社交ダンス・俳句
大正琴・詩吟・水彩画・手話・英会話・ペン習字
ストレッチ・太極拳・トレッキング・ヨガ・マジック
写真
23講座です。

すべて和歌山市小人町のあいあいセンターで開講しています。

見学は、20歳以上の市内在住か勤務の方。

見学を希望される方は、
授業当日の開始時間までに、あいあいセンター1階の事務所の
市民大学係にお申し込みください。

授業日程については、市報わかやま12月号、
または和歌山市のホームページでご確認ください。

日程はこちら⇒CCI20171128.pdf




尚、見学いただける授業は、12〜1の間で実施しています。
見学は授業開始から15分ほどで
講座により時間が異なります。

井本さんは
「興味のある講座は、何講座でも見学可能です。
是非、見学にお越しください。」

と多くのみなさんの見学を呼び掛けています。


市民大学はこちらをクリック!


明日は「小学校訪問」です。
お楽しみに。
posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

11/28放送 「第13回 市場まつり」開催☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日も「暮らしのゲンキ」をお届けしました。
今日は「第13回 市場まつり」開催について
和歌山市中央卸売市場 業務班長の
山根木和憲さんにお話を伺いました。


CCI20171104.jpg


和歌山市中央卸売市場は、安全・安心のできる新鮮な食料品を
和歌山市民をはじめ、県民の食卓に安定的に供給することが
大きな役割で、元気な中央卸売市場をもっと知っていただきたく
毎年12月に「市場まつり」を開催しています。

今年は、12月3日(日)午前10時から午後2時まで
和歌山市西浜の中央卸売市場で開催します。

当日は、
場内では「大鍋コーナー」
新鮮な野菜や果物、塩干の販売コーナー
新鮮なマグロ、あんこうを皆さんの前で解体即売会
ステージプログラムなど
楽しい催しがいっぱいです。

「大鍋コーナー」は、
毎年恒例で売り切れる、クエ、かに、あんこう、まぐろ、
石狩鍋、おでんが
1食につき200円から500円で食することが出来ます。
たくさん用意していますが、なくなり次第終了となります。

「ステージプログラム・イベント」は、
和歌山市消防音楽隊による演奏、
新極真空手の演武、
市場のセリの体験、
和歌山出身すみたに兄弟のお笑いライブや、
地域密着型アイドルファンファンのライブ、
お楽しみ抽選会など盛りだくさん。


06集合.jpg


「展示コーナー」
白バイや地震体験車、防災レスキュー車
はしご付き消防ポンプ自動車などの展示
赤十字の献血車、
わかやま電鉄のシンボル「いちご電車」をモチーフとした
「ミニいちごトレイン」も無料で乗車いただけます。
また、たま駅長代理(ゆるキャラ)もやってきます。

山根木さんは
「市場まつりは、大勢の方に楽しみにしていただいております。
和歌山港万トンバースに臨時駐車場も設けておりますが、
渋滞が予想されます。
皆さんの来場をお待ちしております。
お気を付けてお越しください。」

と多くの来場を呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日も「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

11/27放送 市役所お仕事紹介「市民図書館」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
和歌山市役所お仕事紹介
今回は「市民図書館」をご紹介。
サービス班の森田紗邦子(もりたさほこ)さんにお話を伺いました。


IMG_7529.JPG


和歌山市民図書館には一日平均700の市民が訪れ、
こどもからお年寄りまで幅広く利用されています。

利用者の様々な要望に応えるため、
資料の整備や充実に努めています。
イベント事業も行っており、
映画の上映、読み聞かせやおりがみ教室、
朗読会、リトミック、えいご絵本おはなし会などを
行なっています。
ボランティアの方もイベントに協力してくださっています。

業務内容を
具体的に言いますと、図書館に従事する職員は、
資料班サービス班設置準備班
3つの班に分かれています。

資料班は、主に庶務、本の発注、受け入れを行っています。

サービス班は、一般開架室や児童室、レファレンスカウンターの
業務を行っています。

設置準備班は、再来年に図書館が南海和歌山市駅の隣に移転するので
移転の準備に関する業務を行っています。

森田さんは、今年4月に市役所に入庁
市民図書館サービス班に配属され、
一般開架室の中央カウンターでの業務を担当されています。


IMG_7534.JPG

図書館の仕事というと、
窓口業務が主な仕事だと思われがちですが
返却された本を書架に戻す配架作業
図書館のホームページから予約される本が一晩で約300冊ありますが、
開館までにそれを用意する仕事、
本の修理、そして新しい本を選ぶ選書などの仕事も行っています。

本は2週間の貸し出し期限がありますが、
期限が過ぎて延滞している方には、電話などで督促をしています。

一般開架室や児童室では、
毎月テーマを決めて季節感あふれる
本の展示も行っています。


IMG_7616.JPG


お仕事をしていての苦労やりがいなどについては、

利用者様とのコミュニケーションを通して、
ご要望に応じた資料を紹介するように努めていますが、
満足してもらえる資料を提供するのに苦労があります。
逆に、利用者様に喜んでもらえるとやりがいを感じます。

最後に市民図書館のPRを。

1月から、お正月にちなんで、本の福袋が始まります。
福袋の中には職員がお薦めする本が2〜3冊入っています。
福袋についているコメントを手掛かりに
普段手にしてもらいにくい本と出会うきっかけになればと思います。

和歌山市民図書館では、
このほかにも様々なイベントを行っていますので
是非、ご来館ください。お待ちしています。

また、平成31年には
新しく図書館がリニューアルします。
こちらの方もご期待ください。

IMG_7619.JPG


市民図書館はこちらをクリック!


明日も「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする