2019年01月30日

1/30放送 「書きそんじハガキ回収キャンペーン」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は
「書きそんじハガキ回収キャンペーン」について
生涯学習課の岡野早恵さんにお話を伺いました。


回収ボックス.jpg

書きそんじのハガキは、
切手に交換し、それを東京の日本ユネスコ協会連盟にお送りします。
日本ユネスコ協会連盟が全国から集められた切手を企業等の協力で
換金し世界の子どもたちのために役立てられています。

皆さまのご協力により、和歌山市では
この10年間で約8万7千枚のハガキが集まり、
切手に交換して約400万円を日本ユネスコ協会連盟にお送りしています。

具体的には
カンボジア、ネパール、アフガニスタン等の国々で
様々な事情により学校に行けなかった、あるいは今現在
学校に行けない子どもたちの教育支援に役立てられています。

現地で寺子屋と呼ばれる教育支援センターの建設やその運営、
例えばイスや机、文具の購入などに役立てられています。

お陰様で、昨年はカンボジアとアフガニスタンでそれぞれ1軒、
ネパールで2軒の寺子屋が完成しました。

また、ミャンマーを含め4ヶ国で、識字、小学校復学支援、
職業訓練などのクラスを実施して、
5000人以上が学ぶことが出来ました。

日本ユネスコ協会連盟からいただいた資料ですが、
あるアフガニスタンの参加者が
「以前は読むことも書くこともできず、ダリ語の一番はじめの文字すら
理解できませんでした。でも今では読み書きができるようになりました。
支えてくださる日本の皆さんには本当に感謝しきれないくらいです。
ありがとうございます。」

との感謝の声が届けられているそうです。

ハガキ1枚の重要性は、カンボジアでは
11枚のハガキでひと月学校へ通えます。

今シーズン(1月24日)までで、およそ1000枚のハガキなどが事務局に
届いています。

総合案内.jpg


今の時期に活動をしている理由として、
やはりお正月は年賀状として皆様がハガキを利用することが多いので、
この時期に活動しています。

岡野さんは
「さらに多くの方々にこの活動を知っていただき、協力の輪が広がり
より多くのハガキが集まることを希望します。
回収箱は、市役所1階の総合案内所
また市内のコミュニティセンター等に
設置しています。
是非ご協力をお願いいたします。」

と多くの協力を呼び掛けています。

なお、キャンペーンは2月20日までとなっています。
皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「まちかど通信36」です。
お楽しみに。




posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

1/29放送 「まちかど通信36」〜交通事故のない安全なまち「雑賀地区」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信36」
今回は「雑賀地区」をご紹介。
雑賀地区にお住まいになって40数年。
西浜婦人会の会長を37年間にわたって務めている
堰本信子(せきもとのぶこ)さんにお話を伺いました。

雑賀地区.JPG

堰本さんは、
和歌山県婦人団体連絡協議会会長
和歌山市婦人団体連絡協議会会長
をつとめ、
和歌山西地区交通安全母の会副会長を務めていらっしゃいます。


今日は「子どもたちの見守り活動」
についてお聞きしました。

地域内には、2つの保育園と雑賀小学校、
西浜中学校、星林高校、和歌山工業高校があります。


西浜中.JPG


児童生徒たちの登下校時、
大浦街道や水軒通りなどは、交通量も多く
車で混雑します。

堰本さんたち、交通安全母の会では、
朝、子どもたちの安全を守るために通学路に立って
見守りを行っています。

そんな見守り活動で欠かせないのは「あいさつ」です。

「朝、子どもたちには元気に行ってもらいたいので
下を向いている子には、おはようって声をかけるように
しています。」


それでも黙っていたら、
「おはようって言うのよ。」とさらに話しかけると
「はい。」と言ってくれるそうです。

「もっと、大きい声でね。」と言ったりしながら
子どもたちとコミュニケーションをとるようにしています。


そうすることで、子どもたちも
「だんだん大きな声で挨拶してくれるようになって
ああ、よかったなと思います。」

と堰本さん。

堰本さん.JPG

子どもたちの元気さを見ると、ご家庭も元気なんだなと
安心されるようです。

雑賀地区は、児童生徒の数が多く、通学路も
交通量が非常に多い地域です。

雑賀小学校は市内でも児童の数が多い小学校。
通学路には、交通安全母の会、交通指導員などが立ち、
広い道路にはPTAの方々も率先して立ってくださる、
そうして、こどもたちの安全が守られ、

交通事故がないというのは地区の自慢の一つになっています。

雑賀小学校.JPG

雑賀小学校2.jpg


しかし、交通事故がないまちづくりというのは
日頃からの取り組みがあってこそ。

堰本さんは、永年、地区内で新1年生と保護者を対象とした
「交通安全教育」に取り組んでいることを教えてくださいました。

これは、新1年生になるお子さんと保護者を対象にしていて
学校までの道のりを一緒に決めてもらうことから始まります。

「仮に、急に雨が降ってきてお迎えに行こうとしても
保護者と子どもさんの歩く道のりが違うと、
行き違いになってしまいます。」

と堰本さんはおっしゃいます。

さらに、朝登校する前には、
「いってらっしゃい」だけでなく、

「ここは車が多いから危険ですよ、だからこうしてね〜」
といったように
具体的に子どもさんに話すこと。

そうして、通学路の安全を保護者の方と、地域の皆さんで
見守っているそうです。

せきもとさん.jpg

地域の子どもは地域で守る
まさにこの通りだと思います。
地域の方々が
常に子どもたちのことを気にかけているからこそ
この広い地域、広くて交通量の多いところでも、
子どもたちの安全を見守ることが出来ているんだと思います。」


堰本さんは、誇らしげにお話してくださいました。

明後日木曜日の放送では、
西浜婦人会の取り組みについてお話を伺います。


「雑賀支所」はこちらをクリック!




明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。




posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

1/28放送 「公民館フェスティバル」2月15日から開催☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「公民館フェスティバル」開催について
生涯学習課の井本小百合さんにお話を伺いました。

公民館フェスティバル.jpg

公民館は、地域住民に密着した最も身近な学習の場として
地域の文化の向上、地域連帯感の高揚等を図るために
活動を続けています。

その活動の中で生み出された作品を展示し、
また習得した演技などを発表することで
公民館活動の様子を市民の皆様に知っていただくとともに
公民館相互の交流を深める機会とします。

今年は、2月15日(金)から17日(日)までの3日間開催。

作品展については、
2月15日(金)から17日(日)まで、
市民会館展示室で開催します。

時間は午前9時30分から午後5時までとなっていますが、
初日の15日は、午前10時からテープカットを行い
そのあとご入場いただけます。
最終日の17日は午後3時までです。

実践発表会は、
2月16日(土)午前11時30分から、
和歌山市民会館小ホールで行います。

作品展は、全42地区 約1850点の出品が予定されております。
展示品としましては、
絵画、ちぎり絵、写真、パッチワーク、生け花、陶芸、手芸、
書道、川柳など、さまざまな作品が展示されます。

実践発表会は、
29地区から約400人の方が出演予定で、
演目は、民謡、コーラス、大正琴、社交ダンス、太極拳、和太鼓、
フラダンス、健康体操などがあります。

井本さんは
「皆様に公民館活動を知っていただく絶好の機会ですので、
多くの方々ご来場をお待ちしております。」

と多数の来場を呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「まちかど通信36」です。
お楽しみに。






posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする