2020年01月15日

1/15放送 税制改正について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

水曜日は暮らしのゲンキ。
市民税と県民税の制度改正について、
市民税課の榎本有紗さんにお聞きします。
 財務省 税の仕組み.gif
 (財務省ホームページより)

Q 令和2年度から適用される主な改正は?

@ふるさと納税制度の見直し
 総務大臣が一定の基準に基づき指定する地方団体への
 寄附金のみがふるさと納税の対象となります。
 指定されていない地方団体へ寄附をした場合、
 寄附金税額控除の特例控除額と申告特例控除額が
 控除されなくなります。ふるさと納税の対象と
 ならない地方団体へ寄附を行った場合は、
 寄附金の控除額が大幅に減ることになります。

A住宅借入金等特別税額控除の拡充
 消費税の税率が10%に増税されたことで、
 消費税率の引き上げ分に着目し、
 令和元年10月1日から令和2年12月31日までに
 入居した人で消費税率が10%の住宅取得などに限り、
 住宅ローンの控除期間が10年間から13年間へ
 3年間延長されます。
所得税で控除しきれない額は、
 限度額の範囲内で市民税・県民税から控除されますが、
 その制度についても3年間延長されることになりました。

Q 令和3年度から適用される税制改正は?
 令和3年度からの主な税制改正を2つ紹介します。
 この改正は令和2年中の所得から対象となります。

@控除額の見直し
 見直しされるのは、基礎控除額、給与所得控除額、
 公的年金等控除額、調整控除額などです。
 収入や所得の金額によっては、控除額が減る場合や、
 適用されない場合もあります。
 また控除額の見直しによって増税にならないように、
 扶養親族の所得要件や
 障害者・未成年・寡フに対する非課税の所得要件、
 均等割の非課税基準などが調整されます。

Aひとり親に対する税制上の取り扱いの見直し

Q 市民税課からメッセージを!
 今回は、主な税制改正の内容の一部を紹介させて
 いただきました。しかし紹介しきれなかった改正内容や
 今後改正される場合もあります。詳しくは、
 市報わかやま令和2年1月号をお読みいただくか、
 和歌山市役所市民税課までお問合せください。

 市民のみなさまにはこれからも税制度について
 ご理解とご協力をいただけますようお願いします。

■お問合せ先:
 ・和歌山市市民税課 073−435−1036
 ・市報わかやま(和歌山市のホームページ⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

1/14放送 川永地区・川永団地連合自治会の活動

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

まちかど通信。今週は川永地区をご紹介します。
川永団地連合自治会の会長、
南成彦さんにお聞きします。
 南さん1.jpg
川永団地連合自治会
単位7自治会で構成され昭和47年に発足。
現在、約810世帯、2000人が暮らしています。

主な取り組み
◎夏まつり
 毎年7月、川永団地公園で開催。
 今年度から、従来の「盆踊り」という名称を
 「夏まつり」に変更し、若者にも参加してもらえるよう、
 盆踊りの前に抽選付き餅投げを導入
しました。
 やぐらの上から約3200個の餅をまいたところ、
 例年より多い約700人が参加し、賑やかだったそう!
 餅まきも恒例行事にしていくそうです。
 南さん2.JPG
 (たくさんの住民が訪れ大盛況!)

◎敬老会
 10月に川永小学校の体育館で実施。
 65歳以上が対象で今年度は224人が参加しました。
 民謡・舞踊・太極拳・落語の披露や、健康体操、
 バンドの生演奏に合わせてみんなで歌う
 懐メロコーラスで楽しく過ごしました。
 南さん3.JPG

◎ふれあい食事会
 ひとり暮らしの65歳以上を対象に年5回開催。
 ボランティアによる出し物(楽器・腹話術・落語など)、
 食事、カラオケ大会、クイズ大会、ビンゴゲームを
 楽しんでいます。
 南さん4.JPG
今年度、会長に就任した南さん。「自治会員が力を合わせ、
安心して末永く住み続けられる自治会をつくりたい。
高齢化が進む中、皆さんのふれあいを大切に、
楽しく話し合える場をつくりたい」と話して下さいました☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

1/13放送 うつ病について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

月曜日は「暮らしのゲンキ」。
うつ病の症状や対応について、
保健対策課の林実香さんにお聞きします。

Q うつ病とは?
 無気力になって何もしたくないような状態が
 2〜3週間以上続いた状態を「うつ状態」といい、
 うつ状態が現れる病気を「うつ病」といいます。

 何らかの強いストレスなどの影響により、脳の
 神経伝達物質のバランスが崩れて起こる脳の病気です。

 気持ちの問題で起こる病気ではないため、
 気力で解決できるものではありません。

 うつ病の患者数は近年増加しており、
 およそ100万人にのぼると報告されています。
 誰にとっても身近な病気であり、誰でもかかりうる
 病気ですが、まず知っていただきたいのは、
 正しく対処すれば治せる病気だということです。

Q 代表的な症状は?
 うつ病の症状は、こころやからだに様々な形で現れます。
 うつ病.jpg

Q 治療内容や周りの対応方法は?
 うつ病は早い段階で適切な治療を受ければ治る病気です。
 そのため、早期発見・早期治療が回復の鍵となります!

◎治療内容
 休養・薬物療法・精神療法

◎周りの対応
 しんどさを抱えた本人から相談があったら、
 励ましたり無理に気晴らしに誘うことは避け、
 まずはゆっくり話を聞いてあげましょう。焦らず本人の
 回復を待ち、重要な決断は先延ばしにすることが大切。
 
 そして、和歌山市保健所をはじめとする相談窓口が
 あることを伝えてあげてください。
和歌山市保健所では、
 こころの健康に関する様々な相談ができます。
 一人で抱え込まず、お気軽にお電話ください!

■お問合せ先:
 ・和歌山市保健所 保健対策課 こころの健康対策班
   073−488−5117

 ・厚生労働省のホームページ(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする