2018年12月04日

12/4放送 「まちかど通信32」〜お寺が集まる閑静なまち 吹上地区☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信32」
今回は吹上地区をご紹介します。
今日は吹上地区連合自治会長中村勝次さん
お話を伺いました。

吹上2.JPG

中村さんは、吹上地区に50年以上にわたってお住まいです。
「結婚してからずっと50年以上住んでいます。」
と中村さん。

吹上地区は、お城の南側に位置しお寺が多い地区。
中村さんによるとお盆やお彼岸は多くの人で賑わっているようです。

吹上3.JPG
(吹上連絡所からお城が見えます)

寺町通りはまさにお寺が並ぶ通りです。
有名なお寺が8ケ寺並んでいます。
なかでも、徳川家のお墓がある報恩寺
紀州忍者のお墓がある恵運寺(えいうんじ)
首大仏の無量光寺などが知られています。

無量光寺は受験生が合格祈願をするお寺として有名です。
首大仏は、もともとは一体の大仏様だったのが
あるとき火事で焼けてしまい、溶けた銅を使って
首から上を造ったところ、災害等が重なり、
資金不足で今に至っているそうです。

また、最近は紀州忍者と言われた名取三十郎正澄のお墓や位牌があるお寺
恵運寺(えいうんじ)が注目を集めています。

eiunji.jpg
(恵運寺)

natori.jpg
(恵運寺にある名取三十郎正澄の位牌)

恵運寺は、ご住職が「紀州忍者のお寺」として情報を発信。
PRに努めてくださっていることから、
吹上地区の活性化につながっていってくれればうれしい」
と中村さんは話します。

このほかにも数々のお寺が並びます。

吹上地区の人口は、
およそ2600世帯 5300〜5400人がお住まいです。

地区の活動は、
連合自治会としては、市からくる色々な連絡網。
敬老会やお子さんが対象の「七夕まつり」
団体における「老人会」「公民館活動」
交通安全関係では登下校時の監視「見守り」などを行っています。

吹上地区内には名所が多いため
公民館活動の中で、お寺をめぐるウォーキングも開催されています。
また、女性を対象に手芸教室なども行っています。

今後の目標として、中村さんは
「最近は防災の関係で、自治会としても住民全員が参加しての
防災訓練を行っていきたいと思っています。

と力を込めて話してくださいました。

吹上1.JPG

消防団はとても熱心に防災訓練に取り組み、防災防火訓練を行い
また多方面から色々なご協力をいただいているので
ある程度の段取りはできているので
住民の方々の意識をもっと高めていただきたいところです。

中村さんは、
「吹上地区は、海抜5.6〜7〜8メートル。高いところでは13メートル。
防災の面においては、(安全面で)いい条件です。
しかし、それとは別に住民の皆さんにしっかり意識を持っていただき、
災害時には一人でも多く助かるといったような活動をしてゆきたい。」

と語ってくれました。

吹上8.JPG

吹上連絡所はこちらをクリック!


明日は「暮らしのゲンキ」です。
どうぞお楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

12/3放送 「日本遺産【絶景の宝庫 和歌の浦】を歩く」開催☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は「日本遺産〜絶景の宝庫 和歌の浦〜を歩く」
開催について
文化振興課の益田雅司さんにお話を伺いました。


img_head_logo.png


この催しは、
平成29年に日本遺産の認定を受けた
「絶景の宝庫 和歌の浦」
一体どんな文化財が含まれているのかを、
より具体的に知っていただくことを
目的として開催されます。

具体的には、和歌浦の明光通りに建っています
国の登録有形文化財「梅本家住宅」「和田家住宅」
「多田家住宅」の3件についての解説を中心に、
和歌山県国登録有形文化財所有者の会の方々と一緒に
和歌の浦の町並みを散策します。


梅本家住宅.jpg
(梅本家住宅)

開催は、
12月15日(土曜日)午前10時から12時ごろまでを予定しています。

見どころとしては、
国の登録有形文化財「梅本家住宅」「和田家住宅」「多田家住宅」
について、解説を交えて外観をじっくり見ていただき、
その当時の雰囲気を感じていただければと思います。

登録有形文化財
とは、
建築後50年を経過し、広く親しまれていたり、
そこでしか見られない建造物を対象に、
国が文化財として指定ではなく登録するもので、
和歌山市内に現在27件の登録有形文化財があります。

和田家住宅.jpg
(和田家住宅)

梅本家住宅は、大正2年に建てられた町家
和田家住宅は、明治36年に建てられた商家
多田家住宅は、明治初期に建てられた商家で、
いずれも明光通り商店街に面して建っており
和歌浦の歴史的景観を伝える住宅です。

多田家住宅.jpg
(多田家住宅)

どなたでも参加いただけます。
参加をご希望の方は、
官製はがきに住所・氏名・電話番号をご記入の上、
12月13日(木)必着でお出しください。

〒640-8511
和歌山市七番丁23
和歌山市役所文化振興課宛

はがきが到着次第「和歌山県国登録有形文化財所有者の会」
から連絡をさせていただきます。

詳しくはこちらをクリック!


益田さんは
「詳しくは市報わかやま12月号をご覧ください。
ぜひご参加をお待ちしています。」

と呼びかけています。


市報わかやま12月号はこちらをクリック!


明日は「まちかど通信32」です。
お楽しみに。
posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

11/30放送 「市場まつり」&プラネタリウム「お別れ投影」ほか☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

金曜日は「ゲンキトピックス」
週末から来週にかけてのイベントや行事などをご紹介しています。

いよいよ明日から12月
2018年最後の月となりました。

明後日12月2日(日)和歌山市中央卸売市場では、
「第14回市場まつり」が開催されます。

14ichibamaturi-1.jpg

人気の大鍋コーナーや、
新鮮な野菜、果物、水産物などの販売コーナー、
ステージイベントなどが行われます。

大鍋コーナーでは、
あんこう、かに、まぐろ、ふぐ、くえ、石狩鍋、おでんなどが
1食200円から500円といったお値段で販売されます。

ステージでは、午前10時から開会式、県警音楽隊の演奏、
市場のセリ体験、お楽しみに抽選会のほか、
お笑いやアイドルステージなど盛りだくさんです。

時間は午前10時から午後2時まで。
ぜひご来場下さいね。

詳しくはこちらをクリック!



明後日2日(日)市民図書館3階ホールでは、
「和歌山市教育・学びあいの日」の行事として
漫画家、マエオカテツヤさんによる
「和歌山のおもしろ妖怪大集合」と題した講演会が
開催されます。

maeokatetuya-1.jpg

マエオカさんがこれまで描いてきた和歌山の妖怪について、
楽しいトークでご紹介します。

時間は午後1時30分から。入場無料です。
当日先着80人の方にご入場いただけます。
また、同時に、市民図書館1階児童室では、
イラストパネル展
「マエオカテツヤ和歌山妖怪大図鑑展」
を開催しています。

和歌山の妖怪に関するクイズに答えていただいた方には、
妖怪カードをプレゼント中。
ぜひクイズにチャレンジしてくださいね。 
詳しくは児童室カウンターまで。

こちらをクリック!


こども科学館のプラネタリウム
昭和56年(1981年)に開館して以来、
37年間にわたり99万8200人の方々にご覧いただきました。

kodomokagakukan.jpg


長年親しまれてきたMS10型投影機によるプラネタリウムは、
制御機器等の老朽化に伴い新型投影機にリニューアルするため、
12月2日をもって投影を終了します。

そこで12月2日(日)
「現プラネタリウム(MS10型)お別れ投影」
を行います。
12月2日(日)16:30から約40分 
申込不要、先着順で120人の方にご入場いただけます。


詳しくはこちらをクリック!


明後日12月2日(日)
片男波特設コースでは
「第9回城まちリレーマラソン」が開催されます。

machimara.jpg

今回のリレーマラソンのテーマは
FUN RUN(楽しみながら走る)」をテーマに、
1チーム6名〜14名で、42.195kmの周回コースを
タスキリレーし、チームで完走します。
午前9時スタート。200チームが参加します。
ぜひ応援をよろしくお願いいたします。

詳しくはこちらをクリック!



来週もどうぞお楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする