2020年05月12日

5/12放送 テイクアウト・デリバリー支援事業及び中小企業サポート補助金

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

新型コロナウイルス感染症により影響を受けている
事業者の方への支援についてのご紹介です。

■テイクアウト・デリバリー支援事業
和歌山市では、市内の事業者による飲食物のテイクアウトやデリバリーに係る費用の一部を補助する制度を創設しています。調理した食品を店舗以外で飲食するために店頭販売するテイクアウトや、指定する場所に届けて販売するデリバリーを実施する、または実施している事業者の方に対し、補助率2分の1、最大で10万円の補助を実施します。

補助金の対象は、メニュー表、チラシ、クーポン券等の作成費用や、弁当容器、割りばし、おしぼり、保冷剤等の購入費用、クーラーボックスなどの器具費用といったテイクアウト・デリバリーを行うための必要経費に加え、テイクアウト・デリバリー商品を割引販売した場合の割引額も含まれます。なお、これら経費については、令和2年1月29日以降分まで遡ることができます。

さらに、和歌山商工会議所と連携し、市内でテイクアウトやデリバリーできるお店を集めたPRサイト「WAKAYAMA TO GO MAP」にて、お店の基本情報や割引キャンペーン情報を発信しております。外出自粛をしていただいているこの機会に、「WAKAYAMA TO GO MAP」をご利用いただき、和歌山市内の飲食店の支援にもご協力いただければと思います。
支援チラシ1.jpg
【 お問合せ先 】
 ・和歌山市のホームページ(⇒こちら☆
 ・WAKAYAMA TO GO MAP(⇒こちら☆
 ・産業政策課 073−435−1040


■和歌山市中小企業サポート補助金
和歌山市では、市内の中小企業者による既存の事業を拡充又は既存の事業から異なる事業へ転換するために係る費用の一部を補助する「和歌山市中小企業サポート補助金」も創設しています。
支援チラシ2.jpg
【 お問合せ先 】
 ・和歌山市のホームページ(⇒こちら☆
 ・商工振興課 073−435−1233
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

5/11放送 作家・津本陽さん「和歌山市の偉人・先人」に顕彰

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

「和歌山市の偉人・先人」として新たに顕彰された
和歌山市出身の作家津本 陽さんについて、
文化振興課の中島千珠さんにお聞きします。
 津本氏 画像.jpg
 (津本陽さん 1929−2018)

Q 和歌山市の偉人・先人とは?
和歌山市では、本市出身者や本市にゆかりの深い人のうち、近代史及び現代史上の人物で、教育や学術、芸術やスポーツ、産業その他の分野で文化の発展に貢献され、本市の名を高めるうえで功績があった方を、偉人・先人として顕彰しています。

Q 津本陽さんの主な功績は?
明治期の和歌山を舞台に古式捕鯨を続ける人々を描いた『深重の海(じんじゅうのうみ)』という作品で第79回直木賞を受賞。その後、『明治撃剣会(めいじげきけんかい)』をはじめとする剣豪小説で人気を得ましたが、津本さん自身が剣道三段、抜刀道五段という腕前で、剣戟の場面は武道への造詣が深い津本さんならではの迫力のある描写で剣豪小説に新境地を開きました。

1995年に『夢のまた夢』で吉川英治文学賞を、2005年に菊池寛賞を受賞。1997年に紫綬褒章、2003年に旭日小綬章を受章。直木賞の選考委員や、歴史時代作家クラブの名誉会長などを務めました。津本陽さんは数多くの名作を残し、日本文壇に確固たる地位を築いた和歌山が誇る著名作家と言えます。

Q 和歌山にゆかりのある作品もある
ベストセラーになった『下天は夢か(げてんはゆめか)』が有名ですが、津本陽さんは郷土愛が強く、和歌山にゆかりのある作品も数多く執筆。八代将軍徳川吉宗の生涯について書かれた作品も複数あるほか、戦国時代の雑賀衆を描いた『雑賀六字の城(さいがろくじのしろ)』では鉄砲の原理などを詳細な考察をもとに描いています。また、本市の偉人・先人についても数々の作品を書かれており、パナソニックの松下幸之助を描いた『不況もまた良し』や、南方熊楠を描いた『巨人伝』などがあります。津本陽さん最後の単行本となった『叛骨(はんこつ)―陸奥宗光の生涯―』では陸奥宗光や明治時代について学ぶことができます。このように、和歌山にゆかりのある作品がたくさんあるのでぜひ読んでみてください!

Q 文化振興課から一言
この度顕彰した津本陽さんを含め、和歌山市には誇るべき偉人がたくさんいらっしゃいます。和歌山市の偉人・先人に関する情報については、市のホームページで紹介していますのでぜひご参照ください。また、「和歌山市の偉人・先人」という冊子でも紹介していますので、お求めの方は市役所1階総合案内所までお越しください。


■お問合せ先
 ・文化振興課 073−435−1194
 ・和歌山市のホームページ(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

5/8放送 新型コロナウイルス感染症関連のお知らせ

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

新型コロナウイルス感染症
に関連して、和歌山市からのお知らせです。

■「緊急事態宣言」延長について
5月4日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が延長されることが発表されました。1日でも早い収束のために、お疲れと思いますが、引き続き外出はお控えください。また、新型コロナウイルスに感染しないようにするために、日ごろから手洗いうがいを心がけましょう。
 3密ポスター.jpg
 (出典:首相官邸HP)

■「特別定額給付金」オンライン申請受付開始
5月7日から特別定額給付金のオンライン申請の受付が開始されました。ただし、郵送申請は、5月中旬に申請書を発送する予定となっていますので、もうしばらくお待ちください。給付対象者は、基準日の令和2年4月27日において、住民基本台帳に記録されている方、給付を受ける権利は、受給者の属する世帯の世帯主にあります。
 特別定額給付金2.jpg
 (出典:総務省HP)

配偶者からの暴力を理由に避難している方は、一定の要件を満たせば世帯主でなくても給付金を受け取ることができます。相談等ございましたら、男女共生推進課(073−436−8704)にお願いいたします。受付時間は月曜日をのぞく毎日午前9時から午後4時までです。詳しくは和歌山市ホームページ(⇒こちら☆)をご確認ください。

給付金詐欺に注意 画像.jpg

■「特別定額給付金」装う詐欺に注意!
市や総務省などが次の3つのことを行うことは絶対にありません。
@ATMの操作をお願いすること。
A受給にあたり、手数料の振込みを求めること。
Bメールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること。

怪しいな?と思ったときはご相談ください。
消費生活センター 073−435−1188
消費者ホットライン 188


■「特別定額給付金」のお問合わせ先: 臨時給付金課
・電話番号 073−435−1308
・受付時間 9:00〜17:00(土曜日、日曜日、祝日を除く)
・和歌山市のホームページ(⇒こちら☆

今回の給付金についての、よくある質問につきましては、
総務省特別定額給付金のホームページ(⇒こちら☆をご確認ください。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする