2018年06月11日

6/11放送 「市役所お仕事紹介」〜総合防災課☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「和歌山市役所お仕事紹介」
「総合防災課」をご紹介いただきました。


総合防災課 指揮調整班の
東田陽平(ひがしだようへい)さんにお話を伺いました。


IMG_0105.jpg


和歌山市消防局庁舎6階にあります
「総合防災課」では、
主に、災害から被害の軽減を図るための業務を行っています。

具体的には
南海トラフによる大地震であったり、
台風による風水害などを想定し、避難場所・避難所の指定、
備蓄の管理。迅速に情報を伝達する防災行政無線の運用など
防災に関することをいろいろと行っています。


東田さんは指揮調整班に所属。
主に、避難確保計画というものを、現在担当しています。

避難確保計画とは、津波・洪水・土砂災害の被害想定区域に該当する
要配慮者施設、例えば、幼稚園、老人ホーム、病院など、
避難に時間を要する方々が利用する施設を対象に、
災害が起こった際の情報伝達状況、どこに避難するのか、
そこまでの経路はどうなっているのか、といったことを記載して
提出していただくものとなっています。

全国的に見ても、台風、ゲリラ豪雨によって大水害が発生し、
避難に多くの時間が要する要配慮者の方々が逃げ遅れて亡くなるといった
ケースも多くなっています。

そのため、施設の管理者さんには、
災害時に的確でスムーズな対応が取れるように、
事前にはっきりと避難計画を作成していただく必要があります。

もちろん、業務はこれだけでなく、
庶務関連の業務や避難所決定の手続きなども、
先輩に教えを乞いながら微力ではありますが行っています。


今年4月に市役所に入庁し、3か月目。

仕事を行う上で心がけていることとして、
とにかく知識を付けること
当たり前のことですが、総合防災課という以上、
和歌山市の防災に関する知識は必要不可欠です。

災害に関する知識、法律の知識といったように、
自分が担当する分野以外の防災について
もっと詳しくならないといけません。

電話でも、和歌山市の防災に関することについて度々聞かれますので
広く深く知識を付けてゆきたいと思います。


IMG_0107.JPG


最後に、東田さんは
「災害はいつ起こるかわかりません。
総合防災課としては、少しでも被害を軽減できるように尽力し、
日々の業務に取り組んでまいります。
市民の皆さまにおかれましては、今一度、
防災に対する意識を高めていただきますようお願いいたします。」


と呼び掛けています。


「総合防災課」はこちらをクリック!


明日は「まちかど通信H」です。
お楽しみに。




posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

6/8放送 「歯と口の健康週間」イベント&「環境月間」環境パネル展ほか☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

金曜日は「ゲンキトピックス」 
週末から来週の行事などをご紹介しています。

h30_eiseishukanp.jpg

6月4日から10日までは「歯と口の健康週間」です。

伏虎義務教育学校第2体育館では、
明日9日(土)午前10時から
「歯と口の健康週間」に係る表彰式が行われます。


「よい歯の児童」、「よい歯の学校」及び
口腔衛生啓発のポスター・詩・標語の優秀者を表彰します。


詳しくはこちらをクリック!



また、明日明後日の土日、
スーパセンターオークワパームシティ和歌山店で
「歯の健康展」が開催されます。

無料の歯科検診やブラッシング指導、フッ素塗布、
虫歯予防の絵画展などを行います。
お買い物の際、是非お立ち寄りください。
午前10時から午後4時までです。


和歌山公園動物園では、6月1日から
「やぎとふれ合えるイベント」が行われています。


logo.gif


これは「どうぶつふれあい体験」として
ワールド牧場が行っているもので、
毎日、やぎの散歩などを体験していただくものです。

1回15分で料金は500円。
受付時間は午前9時から午後4時30分まで。
受付は飼育スタッフにお声掛けいただくか、
動物園事務所までお越しください。


詳しくはこちらをクリック!



毎月第2日曜日にぶらくり丁で開催されている
「ポポロハスマーケット」
今月は明後日10日(日)です。

popolo6.jpg

今回のテーマは『ものづくり』
つくる楽しさや喜びを感じられる、
体験型のワークショップがいろいろあります。
巣箱づくりやアイアンパーツを使った家具づくり、
カンナを使ってお箸づくりなど、
世界に一つだけのオリジナルのものを自分で作ってみませんか〜?

好きなキットを選べるプラモデルづくりもあります。
また、今回も手づくりアクセサリーや小物、おいしいフードやドリンク、
無農薬の野菜などのお店がたくさん集まっています。
時間は午前11時から午後4時まで。
是非おでかけください。


詳しくはこちらをクリック!


さて、来週11日(月)から15日(金)まで
市役所1階正面玄関ロビーでは、
環境パネル展が開催されます。


IMG_0860.JPG


これは「環境月間」の行事として行わるもので、
期間中13日(水)には、
ごみ減量推進キャラクターのリリクルがやってきて、
午後2時から「クイズdeわなげ」を行います。

是非一緒に楽しんでくださいね。

詳しくはこちらをクリック!

来週もどうぞお楽しみに。
posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

6/7放送 まちかど通信G〜「湊地区」40年ぶり復活夏祭り☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「まちかど通信G」
「湊地区」をご紹介しています。

湊地区5-001.JPG
(中央=湊連絡所長の田中さん 右=竹田さん)


今回も湊地区連合自治会長竹田寛さんにお話を伺いました。

湊地区では、昨年、
永らく途絶えていた夏祭りが復活しました。

40年以上ぶりに復活し、たくさんの方が集まってくれました。
気を良くして今年も開催します。」

と竹田さんは嬉しそうです。

地域の皆さんが交流する場を作ろうということで、
それならばと、夏祭りを復活させることになったそうです。

他所の盆踊り大会を見学に行ったりし、
約1年間準備を行なったそうです。
そして、昨年、4月から住民の皆さんを対象に
盆踊りの練習を開始し、8月に夏祭りが行われました。

今年は、6月から盆踊りの練習に入っています。

月に2回くらい4〜5回練習をやろうかなと思っています。」

湊文化会館での練習には、小学生からお年寄りまで
さまざまな年齢層の方が毎回4〜50人参加されているそうです。
練習は主に土曜日に行われています。

「夏祭り」は今年も、8月14日に予定されています。

お盆の最中ですが、ふるさとに帰省される方も多く、
去年もそういった方が多く参加されたそうです。

「この日がいちばんいいのかな?と思っています。」
と竹田さん。


当日は、お楽しみ抽選会もあって大変盛り上がります。
また、婦人会や各種団体の方々が模擬店も出してくれ、
食べ物のブースもあるとのこと。

「これから毎年続けたいと思っています。」
と竹田さんは話していました。


IMG_9394.JPG
(湊緑地公園のバラ)


湊地区にはこのほかにも、敬老会や食事会などを開催、
地区の皆さんに喜ばれています。

敬老会は、婦人会が中心になり、連合自治会、社会福祉協議会が
共催で毎年開催されています。

また、独居高齢者を対象にした「ふれあい食事会」は、
社会福祉協議会の皆さんが中心になって年に2回、春と秋に
開催されており、毎回6〜70人の方が参加されています。

竹田さんは
「湊地区の皆さんは、親切で開放的、色々な面でとてもよく協力して
くださいます。私の仕事もやりやすくとてもまとまりがいいと思います。
このような高齢者の方のための交流の場をますます広めて行けたら。」
と意気込みを話してくださいました。


ところで、湊地区では、今年
地域を守る新しい車両が2台、加わりました。

1台は、JAさんが和歌山県に7台寄贈した「青色パトロール車」
応募したところ、運よく当たり、現在地区内をパトロールするなど
活用されています。

もう1台は、地区消防分団の消防車が古くなり、
新しい軽自動車の消防車両を購入しました。
性能も良く、小回りが利くため路地にも入ってゆけます。

「消火というより広報啓発に使っていきたい。」と竹田さん。

地域の安心安全のために、どちらもすぐに駆け付けることが出来る車両。
地域の皆さんの「安心」につながっているようです。


IMG_9392.JPG


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする