2018年06月14日

6/14放送 まちかど通信H 「雄湊歴史(郷土)資料館」〜上田館長☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信H」

今回は「雄湊地区」をご紹介しています。

今日は「雄湊歴史(郷土)資料館」について
雄湊歴史(郷土)資料館 館長
上田幸雄(うえだゆきお)さん
にお話を伺いました。

IMG_5830.JPG


雄湊歴史(郷土)資料館は、
今から5年前、当時の雄湊小学校の空き教室を活かして
地域の皆さんから寄せられた、懐かしい昔の生活道具や
歴史資料などを展示する施設として開館しました。

昨年、雄湊小学校が伏虎義務教育学校に統合され閉校するのに伴い、
同じ敷地内のプレハブの建物に移転しました。


IMG_0019.JPG


IMG_0020.JPG


上田さんによると
「雄湊歴史(郷土)資料館」は、
地区の各種団体の諸先輩方が、小学校の存亡に危機感を持ったところから
平成24年に資料館設立への説明会を行なったことから始まりました。


郷土の歴史、文化の変遷の写真資料や、
生活用品、雑貨、農機具など、知的資料を地区の皆さんに募ったところ。
あっという間にたくさんの資料が集まりました。

小学校の空き教室2室を展示室として開放。
皆さんに見ていただく資料館として
平成25年に開館。

訪れた人たちは、皆さん
「懐かしい。」「家にもあった。」
と喜んでくださったそうです。


IMG_0029.JPG


IMG_0030.JPG


「ゲンキ和歌山市」
でも、
当時〔2014年3月)に取材させていただき、
映画のセットのような展示がとても素敵と感じました。


以前の放送はこちらをクリック!


今の資料館も、当時とほぼ変わらないしつらえになっていて
安心しました。

を敷いて箪笥を置いて生活道具を並べています。」


この資料館の大きな特色の一つ。
雄湊小学校・前身の雄(おの)小学校には、
2人の偉大な卒業生がいらっしゃいます。

それは、世界的博物学者南方熊楠
そして、発明王・経営の神様、松下幸之助です。


資料館には、子どもたちに偉大な先輩について、
わかりやすく学んでいただけるような
展示コーナーが設けられています、

IMG_0023.JPG

IMG_0028 (1).JPG

南方熊楠コーナーでは、白浜の熊楠記念館の協力で展示されている
貴重な資料があります。


IMG_0026.JPG

IMG_0025.JPG

松下幸之助コーナーでは、
当時の尋常小学校(4年制)の4年で
大阪に奉公に出た幸之助氏が
お母さんに紀の川駅まで見送ってもらい、
涙の別れをしたといったエピソードを
子どもたちにわかりやすく知ってもらう読み物として展示しています。


訪れるのは、地域の人や子どもたちはもちろんですが、
和歌山市を離れた卒業生や、
松下幸之助氏の資料があるとのことで、
「松下政経塾」の方が毎年訪れているそうです。

その「松下政経塾」の方から、
資料館に立派なテレビが寄贈されました。
このテレビは、資料館の休憩スペースに置かれています。


IMG_0022.JPG

また、地域の方から寄せられた
和歌山城天守閣再建当時貴重な映像
寄贈され、ここでご覧いただくことが出来ます。


IMG_5808.JPG


上田さんは、
「移転して、まだ十分な広報が出来ていませんが、
月1回、第1土曜日に開放しようと思っています。
午前10時ごろから、誰かが待機して、訪れる方をご案内できるように
していきたいと思います。」

と話しています。


IMG_5817.JPG
(雄湊連絡所の前で記念撮影)


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

6/13放送 「平成30年度 和歌山市ハッピーウェディング事業」について☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は
「平成30年度 和歌山市ハッピーウェディング事業

について
子育て支援課の藤岡浩香さんにお話を伺いました。


wedding.jpg


「和歌山市ハッピーウェディング事業」
平成28年度から実施されています。

この事業は、国からの交付金を活用し、
経済的な理由で結婚に踏み出せない方に、
結婚に伴う新生活にかかる経費を、
今年度は最大30万円まで助成する事業となっています。


「新生活に係る経費」
とは
結婚に伴って新たに用意する住宅の取得に係る費用、または
賃貸に係る費用となり、
賃貸に係る費用とは、敷金、礼金、仲介手数料、家賃、共益費が
これにあたります。
ただし、家賃、共益費については1ヶ月分のみ対象となります。

また、その住宅への引っ越し費用も引越し業者などに頼んだ場合は
対象となります。
ただし、支払った時期によっては、対象外となることがあるので
詳しくはお問い合わせください。

対象は、
今年平成30年1月1日から平成31年3月31日に婚姻した夫婦のうち、
大きくは次の条件を満たす夫婦が対象となります。

1つ目は、所得の制限があります。
世帯の平成29年度つまり平成28年1月から12月までの所得合計が
340万円未満の方が対象となっています。

ただし、結婚を機に退職し申請時においても無職である場合や
奨学金を現に返済している場合などは、
所得の計算方法が異なりますので詳しくはお問い合わせください。

今年度から、婚姻日における年齢が夫婦ともに34歳以下の方対象です。


藤岡さんは
「申請された方については、
自分たちの結婚が地域に応援されていると
感じると喜んでくれ、この事業が結婚を望むおふたりの少しでも
後押しとなってくれたら嬉しく思います。
対象かなと思われる人については、是非一度
子育て支援課までお問合せをお願いいたします。」

と話しています。


詳しくはこちらをクリック!

明日は「まちかど通信H」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

6/12放送 まちかど通信H〜「雄湊地区」伝統の文化まつり☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信H」今回は雄湊地区をご紹介。
雄湊連合自治会長
一般社団法人 雄湊文化振興会 会長
でもある
西村征男(にしむらゆきお)さんにお話を伺いました。

IMG_5797.JPG

雄湊地区は、
元・雄湊小学校
現在の東京医療保健大学
地区のほぼ中心の高台にあって、
東には、隣接する地区の和歌山市役所、和歌山城、県立博物館
南には、和歌山県庁、県民文化会館、
西には、大浦街道、七曲市場、気象台
北には、市民会館、市民図書館、市立博物館と文化施設が並び
和歌山市駅は、鉄道やバス路線の発着場として多くの市民に
利用されています。


IMG_0016 (1).JPG


IMG_0017 (1).JPG


雄湊地区には多くの主要路線が走っており、
便利で快適な生活を送ることが出来る地区です。


雄湊地区には、永年続いている伝統的なおまつりがあります。

このきっかけについて西村さんは

「平成2年、地区の先輩方が、
社団法人和歌山市雄湊文化振興会を設置されました。
地区住民と各種団体の友和と交流の場を設けて
その輪が大きく広がることを願って、
元雄湊小学校のグラウンドをお借りして
平成5年7月25日に第1回雄湊文化まつりが開催されました。」
と話します。


IMG_0014 (2).JPG

小さなお子さんからご高齢の方まで多くの方が集まり、盛大に
開催され、毎年皆さんが楽しみにされています。

「25年間雨も降らずにやって来られた事はとても嬉しく思っています。」

と嬉しそうに話してくださいました。

今年も7月15日(日)に予定されています。

昨年から
伏虎義務教育学校の吹奏楽部の演奏が加わり、
ほかにも、子どもみこし、
和歌山フリーダムシンガーズの皆さんのコーラスや
婦人会の皆さんの童謡コーラス、盆踊り、
青年団の皆さんは花火
を上げてくださるそうです。

ほかに夜店として
おにぎりや、パン、わらびもち、かき氷、フランクフルト
やきそば、焼き鳥、スーパーボールすくいなど盛りだくさん。

お子さんから大人まで喜んでくれるようにいろんなもの
プログラムが予定されています。

IMG_5792.JPG


雄湊地区の大きなイベントですから、皆さんに協力をお願いして
ここまでやって来ました。」


この伝統ある文化まつり、
実は、雄湊小学校が閉校するにあたって
おまつりも終わってしまうのでは?と
地区の皆さんが心配されたそうです。

「今から2年前になりますが、文化まつりも最後になるんじゃないか
ということで、多くの方々が参加してくれました。
本当にうれしかったです。」

毎年このおまつりには1200人位の皆さんが参加されているそうです。

今回は、新しくなったグラウンド(伏虎義務教育学校の雄湊グラウンド)
をお披露目する事も考えて、盛大に開催されます。

IMG_0012.JPG


安心安全快適に暮らせるまちづくりということで、
地域の皆さんと一緒に行事を行なってゆきたいと思っています。」


西村さんは、このように意気込みを話してくださいました。

7月15日(日)今年も盛大なおまつりになりますように


「雄湊連絡所」はこちらをクリック!

IMG_5778.JPG


明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする