2018年12月07日

12/7放送 「和歌山サンタラン」「ポポロハス」&「陸奥宗光シンポジウム」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

金曜日は「ゲンキトピックス」です。
週末から来週にかけてのイベントなどをご紹介しています。

12月3日から9日までの1週間は「障害者週間」です。
和歌山市では、意識啓発の一環として、
市役所庁舎内で授産品の販売が行われています。
今日が最終日です。

市役所本庁舎玄関ロビーで午前10時から午後3時まで。
お弁当やお菓子、小物雑貨など6団体が販売します。
なお販売品がなくなり次第終了となります。


和歌山城西の丸広場では、
明後日12月9日(日)
和歌山城天守閣再建60周年「和歌山サンタラン」
開催されます。


santarun.jpg


和歌山城西の丸広場から天守閣まで、
サンタクロースのコスチュームで歩くチャリティーイベントです。
クリスマスを病院で過ごす子どもたちに、
プレゼントを届けようとスタートした
「大阪グレートサンタラン」
その思いに共感した和歌山の有志
「和歌山サンタラン実行委員会」が主催して、
今回初めて開催されます。

午前11時開会。
みんなでサンタになって和歌山城を歩きましょう。
参加には前売りチケットが必要です。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらをクリック!


明後日12月9日(日)ぶらくり丁では
毎月第2日曜日開催の
「ポポロハスマーケット」が開催されます。

popolo12.jpg

今回のテーマはクリスマス。
毎年恒例のクリスマスパレードが今年も行われ、
子どもたちにはサンタクロースから
お菓子のプレゼントがもらえます。

恒例!!お菓子の家づくりのほか、
今年はマリーナシティで開催中の光の祭典
「フェスタ・ルーチェ」のクリスマスツリーが登場!

クリスマスパレードは、
午前11時30分からと午後1時30分からの2回です。
ポポロハスマーケットは
午前11時から午後4時まで開催。
是非お出かけくださいね。

詳しくはこちらをクリック!


明日12月8日(土)
県立図書館 メディアアートホールでは、
午後1時から
「明治150年 陸奥宗光外務大臣の功績を活かすシンポジウムV」が
開催されます。

20181208_event_CM (2).jpg


今回は、「平等条約130年記念」と題し、
外務副大臣の佐藤正久さんをお迎えし
講演やパネルディスカッションが行われます。

入場無料。
お申し込みなど詳しくはこちらをクリック!

来週もどうぞお楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

12/6放送 「まちかど通信32」〜吹上地区老人クラブの活動☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信32」
今日は
吹上地区老人クラブ会長金田章(かなたあきら)さん
お話を伺いました。

IMG_8687.JPG


吹上地区老人クラブは
6つの「寿会(ことぶきかい)から成り立っています。

6つの寿会はそれぞれの活動と、総合的な活動があり、
会員さんたちがさまざまな活動に取り組んでいます。

金田さんが会長になってから6年目。

「私が就任してから、皆すでに6歳年をとっておりますので、
やはり高齢化が進んでいます。
是非、85歳以上のスーパーシニアをめざして
一緒に健康長寿を全うしたいという思いで
お世話をさせていただいております。」


とってもお元気な金田さんはそのように話しています。
金田さんによると平均年齢は70代の半ばくらい。
しかし、高齢化に伴って会員の増加には
ご苦労をされています。

現在会員数は150人
全国的に、もっと人数を増やしていきましょうと
運動を展開していますが、なかなか増員は難しいようです。


IMG_8683.JPG

活動についてお聞きしました。

「欠けてはいけないのは、仲間づくりです。
年を取ると、仲間の中に入って楽しく助け合いながら
生活できるようにと思っています。」


また、認知症予防に最も良いのは「歩くこと」。
それには、体を動かすこと、頭を使うこと、
刺激を受けることが大切です。

そこで、
「おしゃべりをして一緒に笑い合ったり、
青春時代に涙を流し合った映画を一緒に観たり
しています。」


健康長寿をめざす色々な活動を行う中で、
さらに積極的な方が集まり
「わかがえるの会」が誕生しました。

IMG_8685.JPG

およそ40人の方たちです。

震災の時にどのように逃げるのか?
童謡の大合唱や講話を聴いたり、
映画を見たり、日帰りバス旅行なども行っています。

さらに笑いヨガや認知症予防ゲームなど
活動内容は多岐にわたり、ほかの会員さんをリードしています。

「皆さん、若いですよ。笑いが絶えなくて。
私も幸せに思っています。
だから、自分も年を取るわけにはいきません。」


と金田さんは嬉しそうに話してくださいました。

お元気な会員さんとともに
「わかがえる」を実践されている金田さん。

健康の秘訣をお聴きしました。

歩くこと笑うことです。
みなさんとお付き合い出来て、お話しできることが本当に
しあわせだと思っています。
一緒にスーパーシニアを目指し、
たくさんの仲間を作っていただ来たいと思っています。」


元気いっぱいの笑い声で締めくくってくださいました。

IMG_8692.JPG


「吹上地区老人クラブ」のみなさん。
これからもお元気で活動を続けてくださいね。


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

12/5放送 「インフルエンザ」流行開始〜予防につとめましょう☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」
今日はインフルエンザ」予防について
和歌山市保健所 総務企画課
健康危機管理班の藤田緑さんにお話を伺いました。

インフルエンザ予防.jpg

今年のインフルエンザは12月に入ってちょうど流行入りとなりました。
毎週、医療機関からインフルエンザの患者数を報告していただいていますが
先週の報告数が流行開始の目安を超えました。
また、小学校・中学校でも学級閉鎖が報告されています。
昨年は11月上旬と1ヶ月以上早い流行入りでしたが、
今年は例年通りとなりました。

インフルエンザにかからないようにするには?
まず、大切なのが「手洗い」です。
インフルエンザは、感染した人がくしゃみや咳を押さえた手から
電車のつり革やドアノブ等を介して、手にウイルスが付着して、
口や鼻から取り込むことで感染しますので、
手に付着したウイルスを落とすために、
こまめに手洗いをすることが予防につながります。

外出先からの帰宅時や、調理の前後、食事前など
こまめに手を洗うようにしてください。
ウイルスは石鹸に弱いので、
石鹸を泡立てて丁寧に洗うようにしましょう。

そのほかには、「予防接種」
「十分に休息をとること」
「適度な湿度を保つこと」
「人ごみへの外出を避ける」
なども有効です。

インフルエンザに罹ったら、
「睡眠を十分にとるなど安静」にし、
「こまめに水分の補給」をするようにしましょう。
また、インフルエンザにかかると、ご高齢の方や小さなお子様、
基礎疾患がある人は重症化する恐れがありますので、
早めに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザは咳などの飛沫を介して感染しますので、
咳などの症状が出始めたら、安静にし、マスクをすること、
ティッシュや袖で覆って、人に向けて咳をしないなど、
「咳エチケット」を守るようにしましょう。


ところで、
今年も「インフルエンザラッピングバス」が市内を走っています。

ラッピングバス2.jpg

今年で3年目になります。
11月から3月まで、
マメゾウくん、コマメちゃんのイラストが入った
インフルエンザの啓発バスが走っています。

それぞれの豆に予防ポイントがありますので、
ご覧になられた方への予防啓発になればと思います。

ラッピングバス1.jpg


和歌山市の流行状況は、
「和歌山市感染症情報センター」のホームページをご覧ください。

こちらをクリック!


最後に、
インフルエンザは、一人一人が予防して、「かからない」
かかった際は「うつさない」という気持ちが大切です。
みんなで一緒に「手洗い」「咳エチケット」を心掛けましょう。

詳しくはこちらをクリック!

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする