2020年01月23日

1/23放送 雑賀崎地区・トンガの鼻自然クラブの活動

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

まちかど通信。今週は雑賀崎地区をご紹介しています!
トンガの鼻自然クラブの活動について、
事務局の松川由喜子さんにお聞きします。
 松川さん3.JPG
「トンガの鼻自然クラブ」とは
2002年12月に発足。クラブを支援する
地区内外100人の会費で運営しています。

瀬戸内海国立公園に含まれている
雑賀崎地区の西部から北部にかけての
自然環境や歴史環境を大切にし活かすための
ボランティア活動に取り組んでいます。
 松川さん1.JPG

主な活動場所
・トンガの鼻
 江戸時代末期に紀州藩が築いた砲台跡
 「雑賀崎台場」のある岬で、土塁や石垣が残る。
 クラブでは毎月、道の整備や草刈り等を実施。
 20年以上続く「夕日を見る会」や、
 「雑賀崎ぶらぶら散歩」等のイベントも開催。

・なだの浜
 「トンガの鼻」と「番所の鼻」の間に広がる
 雑賀崎唯一の砂浜。
 緑がかった砂で、磯は青石と呼ばれる緑色片岩。
 クラブでは、地元の子どもたちに、浜の清掃や
 磯遊びを体験してもらう取り組みも行っている。

・雑賀崎灯台周辺
 灯台は、「鷹の巣」と呼ばれる県の天然記念物
 「青石断崖」の上に建っていて、江戸時代には
 周辺に遠見番所が置かれていたと言われている。

 雑賀崎写真2.jpg
「自分たちの活動が地域のためになり、
 喜んでもらえたら嬉しい。憩いの場所になり得ると
 思うので、ぜひ足を運んでほしい」
と話して下さいました☆
 松川さん2.JPG

トンガの鼻自然クラブのホームページ(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

1/22放送 わかやま就職応援 企業研究会&交流会

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

水曜日は暮らしのゲンキ。
わかやま就職応援 企業研究会&交流会について、
産業政策課の武本康睦さんにお聞きします。
 就活セミナー1.jpg
     〜 わかやま就職応援 〜
    企業研究会&交流会
日時: 2月14日(金)13:00〜18:30

場所: 阪急グランドビル26階(大阪梅田)

対象者: 高校生を除く2020年及び2021年3月
     卒業予定者と一般求職者

開催の目的
 県外の大学へ就学していて就職活動を控えている
 学生さんなどに、和歌山市内にある企業のことを、
 大阪で直接知っていただけるマッチングイベントです。

内容: 当日は、三部構成です。
 第@部⇒和歌山で就職するメリットや企業研究の
     ポイントについてのセミナー
 第A部⇒和歌山市内の企業30社がブースを出展、
     企業のことを理解していただく研究会
 第B部⇒当日参加していただいた学生さんと企業さんが
     立食形式で気軽に意見交換できる交流会
 就活セミナー2.jpg
申し込み方法
 今回のイベントを委託している和歌山県経営者協会
 ホームページにある就職イベント情報ページから
 お申込みいただけます。(⇒こちら☆

産業政策課からのメッセージ
 和歌山市内には、広く知られていなくても優秀な企業が
 数多くあります。そういった企業を知る機会ですので、
 県外の大学へ就学していて就職活動を控えている
 学生さんなどで、和歌山へ戻り就職を考えている人が
 身近にいる方は、ご本人様に是非お知らせください!


お問合せ先: 和歌山県経営者協会
 ・電話 073−497−8115
 ・ホームページ(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

1/21放送 雑賀崎地区・雑賀崎地区公民館の活動

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

まちかど通信。今週は雑賀崎地区をご紹介します。
雑賀崎地区公民館の館長、
岩嵜真理子さんにお聞きします。
 岩嵜さん2.JPG
公民館長に就任して2年目の岩嵜さんは、
家族の転勤で千葉や東京、静岡に住み、3年前、
23年ぶりに生まれ育った雑賀崎へ戻ってきました。
「雑賀崎の自然や夕陽の美しさに感動し、
 地元の顔見知りに会えてホッとしています!」

雑賀崎地区公民館の活動
教室
  陶芸、ハーバリウム、パッチワーク、
  フラワーアレンジメント、羽子板づくり

日帰り旅行
  県外の観光スポットを訪れたり、企業見学をしたり。
  募集するとすぐに参加者が集まり大人気だそうです。

子どもたちに「雑賀崎音頭」を継承
  かつてお盆の時期に行われていた夏祭りで
  「雑賀崎音頭」が踊られていましたが、
  現在は夏祭り自体がなくなり途絶えてしまっています。
  「雑賀崎音頭」を知っている70歳以上のメンバーが
  地元の幼稚園や小学校を訪れ、
  子どもたちに体験してもらっています。
 岩嵜さん1.JPG
「雑賀崎の人々の横のつながりが分かるようになって
 きました。ふれあいを大切に、いざ災害時などには
 助け合いたい」と話して下さいました☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| まちかど通信(2019) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする