2017年08月17日

8/17放送 「どこでも手話電話サービス」事業☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日も「暮らしのゲンキ」をお届けしました。
この8月からスタートした
「どこでも手話電話サービス」事業について
障害者支援課の武藤有美さんにお話を伺いました。



syuwadennwa.PNG



これまで聴覚に障害のある方が、
「自分の代わりに電話してほしい」と来庁されることが
多々ありました。
こういった現状や、平成28年度に「和歌山市手話言語条例」
「和歌山市障害者差別解消推進条例」
を制定したこともあり、
8月1日から「どこでも手話電話サービス」事業を開始しました。

「どこでも手話電話サービス」事業は、
スカイプというインターネットの通話サービスを利用します。

このビデオ通話を通じて、聴覚に障害のある方が、
電話してほしい内容を市役所の手話通訳者に手話で伝え、
その内容を、通訳者が代わりに電話で伝えることで
聴覚に障害のある方は、市役所に来庁することなく
どこにいても電話での意思疎通が可能になりました。

対象者は、
聴覚や、言語機能、音声機能障害のため、
手話でコミュニケーションをされる方です。

利用方法は、
ご自身の端末にスカイプをダウンロードします。
スカイプを起動し「障害者支援課」と検索すると、
和歌山城の写真のアカウントが出てきますので、
こちらにお電話ください。

言葉ではなかなか伝わりづらいかと思いますので、
和歌山市のホームページをご覧いただければ、
より具体的に掲載しています。


こちらをクリック!


始まったばかりのサービスですが、
武藤さんは
「聞こえない人も、聴こえる人と同じように
電話をかけたいときもかけられる、意思疎通をしたいときにできる
そういったサービスになればと思います。」

と話しています。

ところで、
「どこでも手話電話サービス」事業以外にも、
和歌山市には手話に関する施策があります。

「和歌山市手話動画」という
簡単な手話を学ぶことが出来る
動画をYouTubeに掲載しています。


🎥こちらをクリック!


「私自身、障害者支援課で働くまでは、手話を使うことは
ほとんどありませんでしたが、配属されてから、
聴覚に障害のある方と接する機会が増えました。
手話でコミュニケーション出来るとすごく楽しく、
少しずつですが、手話を学んでいるところです。

市民の皆さまが、手話に関心を持っていただき、
手話は聞こえない方の言語である、とご理解いただければ
大変うれしく思います。」

と話しています。



明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

8/16放送 「女性の就職応援フェア2017〜子育て中のママも応援します〜」開催☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は女性就職応援フェア2017
〜子育て中のママも応援します〜!!」
開催について
産業政策課の大藤翔(だいとうなつる)さんにお話を伺いました。


CCI20170815_0001.jpg


「女性の就職応援フェア2017は、
女性の就職を支援し、活躍を促進するために開催する事業で
これから働くことを希望している子育て中や転職をお考えの女性、
求職中の女性等を対象に開催いたします。

昨年初めて実施しましたが、177人の方にお越しいただき、
企業ブースでは活発な意見交換がなされ、
参加者からは、

「働きに出たいという意欲が湧きました。
企業の方が女性の気持ちを分かってくださっており
嬉しく思いました。」


「初めての参加でどうしたらいいかわからなかったが
企業と話が出来て良かった。」


「保育をしっかりしていただいていたので、
セミナーを集中して聞くことが出来た。」


といったコメントが多く寄せられ、大変好評でした。

「就職応援フェア」は、
93日(日曜日)午前10時30分から午後3時まで
イオンモール和歌山3階イオンホールと、
南海和歌山大学前駅に直結の
ふじと台ステーションビル「エスタシオン西館1階シェルター
の2会場で開催し、電車でも車でも大変アクセスが良く
気軽に参加していただくことが出来ます。


CCI20170815_0002.jpg


「シェルター」会場では、
主に就職活動を支援するための各種講座を、
「イオンホール」会場では、
主に合同就職面談会が開催されます。

まず、「シェルター」会場では、
10時30分から12時まで、多様な働き方の紹介や合同企業面談会での
企業ブースのまわり方レクチャー、
就職活動に役立つビジネスマナーセミナーが開催されます。

次に、午後1時から3時までは、
創業・企業を考えている方を対象とした「創業支援コーナー」
色彩を使って深層心理を引き出し今自分が何をしたいかを診断する
「適正カラー診断コーナー」を開催します。

「イオンホール」会場では、
女性を積極的に採用する予定のある企業、
多様で柔軟な働き方に取り組んでいる企業など20社が参加しての
合同就職面談会が開催されます。

ここでは、採用担当の方から、直接、会社説明や仕事内容、
疑問に思ったことなどを色々話せる絶好の機会です。

その他、ままコンシェルジュによる就職活動や保育活動の情報提供、
キャリアコンサルタントによる相談窓口など、就職活動はもちろん、
仕事と家庭の両立に関する相談コーナーも用意しています。

セミナー会場と面談会間は行き来自由となっていますので、
ご自身の興味のあるコーナーに自由にご参加いただけます。

入場は無料、服装や入退場も自由です。
そして、無料一時保育やキッズスペース、
休憩スペースも設けていますので、
安心してご家族やお子様と一緒にご参加いただけます。

一時保育は事前予約が必要です。
824までにお申し込みをお願いいたします。

お問い合わせは、
☎073-425-3331(キャリア・ブレス・ユー)まで。

大藤さんは
「女性の就職応援フェア2017は、就職活動に役立つ内容が
たっぷりと詰まったイベントです。
皆様のご参加をお待ちしています。」

と多数の来場を呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日も「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。
posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

8/15放送 「中学校訪問M」 県内初のラグビー部創設・西浜中☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「中学校訪問M」
和歌山市立西浜中学校にお邪魔しました。


IMG_2658.JPG


西浜中学校では、今年度、
和歌山県内の中学校で初めてとなる
「ラグビー部」が創設されました。

現在、部員は6人。
ラグビー部顧問
監督福田亮介(ふくだりょうすけ)先生

お話を伺いました。


和歌山県ラグビーフットボール協会の理事
コーチ委員長も務めている福田先生は、
5年前に和歌山県に来られ、国体ラグビー選手として
活躍された方です。
西浜中学校に赴任されて念願のラグビー部が創設されました。


「ラグビー不毛の地と言われる和歌山で、こうして
ラグビー部が出来たことはとても喜ばしいこと。
中学生のジュニアの時期からラグビーに取り組むことが出来
これから楽しみが増えます。
県内唯一のラグビー部なので、
まずは、6人の部員を、試合が出来る12に増やし、
近畿大会での1を目標に頑張ってゆきます。」

と意気込みを話してくださいました。


IMG_2678.jpg


現在、頑張っている6人の部員のうち
3年生でキャプテン倉橋太陽(くらはしたいよう)くん
1年生の山下新太(やましたあらた)くん
1年生の永田壮(ながたそう)くん
1年生の浜端晴琉(はまばたはる)くん
にお話を伺いました。

この春ラグビー部が出来て入部した皆さんは、
ほとんどが小学生のラグビースクールでの経験があります。

入部のきっかけについてお聞きしました。

IMG_2663.JPG

IMG_2664 (1).JPG


倉橋くんは、小学校の頃、ラグビースクールに入っていて
水泳と並行して取り組んでいたそうです。
水泳がメインだったそうですが、
ラグビー部が出来るのがきっかけで、福田先生から声を掛けられ
やってみようと入部したそうです。
実際、部活動を始めて
「とても楽しいです。色々なことを教えていただけて
技術的向上も目指せるし、とても楽しいです。」

と話しています。

1年生の山下くんは、
「小学校でやっていて、
中学校でもできたらいいなと思っていました。
すごく楽しいです。」


永田くんは、
「(小学校からやっていて)入ろうと決めていました
ラグビーは好きです。しんどい練習もあるけど、
これから頑張ってゆきます。」


浜端くんは
「ラグビー部に入ろうと前から決めていました
とても楽しいです。」


IMG_2665.jpg

IMG_2667.JPG


現在6人のメンバー。試合は12人が必要ですが、
岩出ラグビースクールと合同でチームを作って、他県に遠征し
試合をしたりもしているようです。

キャプテンの倉橋くんにこれからの目標をお聞きしました。

「まずは人数を揃えて単独で試合出場すること。
そして、他の県に対抗できるような強いチームを作ることです。」


山下くんは、
「これからもっと練習して強くなりたいです。」

永田くんは
「これから3年間あるので、しっかり練習して
自分自身強くなって頑張りたいです。」

浜端くんは
「人数を揃えて試合に出られるように頑張りたいです。」

IMG_2666.jpg

IMG_2672.JPG

IMG_2670.JPG


西浜中学校ラグビー部として第一歩を踏み出した皆さん。
これから「西浜中ラグビー部」の歴史が始まります。

最後に、キャプテンの倉橋くんに
どんなクラブになってほしいかお聞きしました。

「強いだけのチームはたくさんあると思います。
強いだけでなく、グラウンドの外ではきちんと挨拶が出来る、
といったように、
品格の部分も大切に出来るクラブであってほしい。」


初代キャプテンとしてとても頼もしい倉橋くんです。


IMG_2677.JPG

西浜中学校ラグビー部、ワン・ツー・ゴー

最後は、カッコよく決めてくれました。


西浜中学校ラグビー部、
これからの活躍にどうぞご期待ください。


「西浜中学校」はこちらをクリック!

明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 中学校訪問(2017) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする