2018年08月13日

8/13放送 「チャレンジ健康わかやま」から〜野菜を摂りましょう☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は「チャレンジ健康わかやま」の取り組みの一つ
「野菜の摂取不足」について
和歌山市保健所 地域保健課の金谷裕代さんにお話を伺いました。


チャレンジ健康わかやまS.jpg

和歌山市では、
市民の健康面の問題点や解決に向けて、
食生活や運動など9つの分野で目標を立てて取り組んでいます。
その健康づくり計画の通称が
「チャレンジ健康わかやま」です。

計画期間は、平成26年度から10年間で
今年は5年目でちょうど中間の節目の年となります。

5年目における「健康づくりの課題」は?

市民の皆さんに身近なことで言えば、
運動不足野菜摂取不足
健康診断を受けている人が少ないということです。

その中のひとつ、「野菜の摂取不足」について。

野菜の摂取量の目標は、1日当たり350gで、
平成28年の県民健康・栄養調査の和歌山市民の結果は、
274gで76g足りません。

76gは、大体小鉢1皿分の量になります。
たとえば、ほうれん草のおひたしなど、小鉢1皿食べると、
およそ70gの野菜を摂ることができます。

1日350g以上の野菜を摂るためには、
小鉢でいうと5皿以上食べるとよいです。

平成29年度に幼児の保護者の方、673人を対象に行った調査では、
1日に野菜を小鉢5皿以上食べている人の割合は、4.2%ととても少なく、
7割以上の人が2皿以下という結果でした。

1日5皿以上ですから、1食では小鉢2皿分を目安に食べていただくと良いと
思います。

その1/3は、緑黄色野菜を食べるようにしてください。

また。特に、朝食と昼食で、野菜のおかずを食べるようにしてください。

平成27年度の別の調査
(和歌山市食生活改善推進協議会で実施したアンケート調査で551人に実施)
結果を見ると、
夕食では、野菜を1〜2皿食べていたのですが、
朝食や昼食では、平均すると1皿未満と、
あまり食べることができていませんでした。

野菜は、ビタミンやミネラル、食物繊維を多く含んでいるため、
適量を摂取することで、生活習慣病予防の効果が期待できます。

例えば、高血圧の原因の一つとして、食塩の摂りすぎがありますが、
野菜に多く含まれるカリウムは、摂りすぎた食塩(厳密にいうとナトリウム)を
体の外に排泄するのを手助けしてくれます。

また、野菜は食事に適量取り入れることで、肥満の予防につながり、
肥満を要因とした生活習慣病
(高血圧、脂質異常症、糖尿病など)の予防にもつながります。

しかし、
野菜をしっかり食べることは大切ですが、例えば、
やせるために野菜だけを食べる
という極端な食事は、かえって健康を損ないます。

健康づくりのためには、野菜だけでなく、
ごはんやパンなどの「主食」と
肉・魚・大豆・卵などを使った料理「主菜」、
野菜や海藻・きのこなどを使った料理「副菜」、
乳製品や果物などさまざまな食品を組み合わせて食べて、
体に必要な栄養素をまんべんなく摂ることが大切です。

金谷さんは
自分自身、野菜を食べているつもりでも、
実際の量を確認するとあまり食べていないということもありますので、
ラジオをお聴きの皆さんも、一度、昨日の食事を振り返って
1日小鉢5皿以上食べられているかを確認してみてください。」

と呼びかけています。

「チャレンジ健康わかやま」はこちらをクリック!

明日も「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

8/10放送 「竹燈夜in山東2018」「ポポロハス」&「平和の鐘」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

金曜日はゲンキトピックス
週末から来週にかけてのイベントや行事をご紹介しています。


sann-1.jpg

明日からお盆休みという方もいらっしゃることでしょう。
猛暑が続いています。
熱中症に十分注意して楽しいおやすみにしてくださいね。

毎年この時期に開催されている
「竹燈夜in山東2018」

今年は会場を伊太祁曽神社に移して開催されます。

明日8月11日(土)。夕方5時から夜9時まで。
伊太祁曽神社の境内に、2万個のキャンドルと
竹スピーカーによる幻想的な空間が演出されます。

当日、貴志川線に乗って浴衣で来場されますと、
先着30人に「たけのこマングッズ」がプレゼントされます。

また、キャンドル点灯作業にご協力いただける方は
午後5時までに着火ライターをご持参の上、
伊太祁曽神社にお越しください。


詳しくはこちらをクリック!


さて、毎月第2日曜日にぶらくり丁で開催の
「ポポロハスマーケット」。
今月は明後日12日(日)に開催です。

popolo.jpg


今月のテーマは「夏祭り」
午後4時からのナイトマーケットです。

浴衣のファッションショーや、
やぐらを囲んで盆踊りなど
夏祭り気分を高めるイベントがいっぱいです。

もちろん、美味しいフードや手作り雑貨のお店も
たくさん出店されます。是非浴衣でお出かけ下さいね。
時間は午後4時から午後9時まで。

詳しくはこちらをクリック!


今年も8月15日(終戦記念日)が近づいてきました。
政府は、8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」と制定しています。

和歌山ユネスコ協会では、8月15日を「争いなき日」と定めて
「せめて今日1日は争いをなくしましょう」の運動を進め
毎年「平和の鐘打鐘会」を実施しています。

71回目となる今年、8月15日(水)には、
岡山の寺鐘堂、紀三井寺護国院など
和歌山市内の35の会場で、
「平和の鐘打鐘会」が開催されます。

午前11時45分に各会場に集合、
正午から1分間の黙祷を捧げ、
0時1分から平和を願って鐘をついていただきます。
是非お近くの会場でぜひご参加ください。

詳しくはこちらをクリック!

来週もどうぞお楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

8/9放送 「まちかど通信17」芦原地区の3つの大きなおまつり☆

(今日の放送はこちらからお聞きいただけます)

今日は「まちかど通信」
芦原地区にお邪魔しています。

F204652B-6620-488C-924F-94E75D49BBB0.jpeg

芦原地区には3つの大きなおまつりがあります。
今日はこれについて
芦原地区公民館館長島本貞雄さんにお話を伺いました。

芦原地区には3大行事として
夏祭り、盆踊り、敬老会があります。
主催者は、行事実行委員会、地元の自治会長、各種団体やPTA会長、
などで構成されています。

事業実施において実行委員によって入念な打ち合わせ準備を行い
地域の皆さんのご協力をいただき盛り上げています。


「夏祭り」は、7月16日に盛大に開催されました。
岡の宮神社(刺田比古神社)に、子ども神輿を含めた
4基の神輿を奉納。
神社を目指し、約5キロの道のりを練り歩きました。
地区内の歩道からは沢山の声援をいただきました。

「今年はとても暑かったですが、子どもから大人まで、
汗をかきながら頑張って歩いていただきました。」

と島本さん。

猛暑の中、無事に開催されホッとした様子です。


次に「盆踊り」は、伝統ある行事です。

「盆踊り」は、毎年8月14日・15日に開催されています。
昭和30年代から始まり50年以上もつづいている伝統行事です。

踊りの唄は、生歌で披露しており、
太鼓や謡いを毎週土曜日に練習しているそうです。

今年も午後6時半から
「子ども太鼓クラブ」によるオープニングでスタート。
夜店や大抽選会など楽しい内容となっています。

2日間ともに、夜8時ごろから花火をあげる予定です。
また大抽選会は夜11時ごろに行います。

島本さんは
「皆さんに喜んでいただいています。
14日15日は芦原児童遊園是非お越しください。

呼びかけています。

EC796562-FC31-4CCA-83EC-DF19ECA79565.jpeg

そしてもうひとつの大きな行事として
「芦原地区敬老大会」があります。

毎年9月に芦原文化会館で地区の高齢者の皆さんをお迎えして
開催されています。

児童や幼稚園児からのプレゼントがあったり、
マジックショーがあったり、楽しい内容です。

高齢者の皆さんはとても喜んでくださっているようです。

地区の皆さんについて
島本さんは、

「行事も、皆さん楽しみにしていただき
とても喜んでいただいています。」

と笑顔で話されていました。

芦原地区の3つの大きなおまつり。
地区の皆さんが一体となって続けられています。

盆踊りは14日15日の2日間、芦原児童遊園で開催されます。
午後6時半から11時ごろまで。
是非お出かけください。


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。





posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする