2020年07月10日

7/10放送 イベント情報☆ポポロハスマーケット ほか

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日は「ゲンキトピックス」。
市内で開催される行事などをご紹介♪


ポポロハスマーケット
7月12日(日)「ぶらくり丁商店街」と「中ぶらくり丁商店街」で、「ポポロハスマーケット」が開催されます。手作りとロハスにこだわったマーケットイベントで、手作りの雑貨や有機野菜、軽食などを販売するお店が並びます。時間は午前11時から午後4時までです。

☎ ポポロハスマーケット実行委員会事務局 073−425−8583
 (詳しくは⇒こちら☆
 0712ポポロハスマーケット.jpg


ブルーベリーの摘み取り体験
和歌山市明王寺の四季の郷公園では、今月、市民を対象としたブルーベリーの摘み取り体験会が開かれています。数十種類のブルーベリーを摘み取ってその場で食べ比べを楽しめます。現在、参加者を募集しているのは、7月19日(日)の回と、25日(土)の回で、いずれも定員は40人です。開催時間は午前9時から10時半まで。

☎ 四季の郷公園ネイチャーセンター 073−478−3707
 (詳しくは⇒こちら☆
四季の郷ブルーベリー参加者募集.png


市立博物館 展示「ボンボン時計ー時の記念日にちなんで」
和歌山市立博物館1階の常設展示室では、コーナー展示「ボンボン時計ー時の記念日にちなんで」を実施しています。明治から昭和にかけて使われた、振り子のついた柱時計「ボンボン時計」。市民から寄贈されたものなど10点を展示しています。期間は8月2日までです。

☎ 和歌山市立博物館 073−423−0003
 (詳しくは⇒こちら☆
0802まで ボンボン時計.jpg
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

7/3放送 イベント情報☆「テレワークの導入による生産性向上」オンラインセミナー ほか

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日は「ゲンキトピックス」。
市内で開催される行事などをご紹介します。

「テレワークの導入による生産性向上」オンラインセミナー
7月7日(火)、和歌山市と紀陽銀行が主催する「テレワークの導入による生産性向上」オンラインセミナーが開催されます。セミナーは3部構成で、近畿経済産業局による政策動向や補助制度の紹介、市内のIT企業によるIT・IoTツールの紹介、そして和歌山市産業政策課による、テレワーク導入に関する補助金や新型コロナウイルス感染症関連の事業者支援事業の紹介が予定されています。

時間は午後2時から3時までで、セミナーは動画投稿サイトYouTubeでライブ配信されます。対象は和歌山市内の事業者で、事前に視聴用のURLを送付するため申込みが必要です。申込用紙に必要事項を記入の上、和歌山市産業政策課へお申込みください。

※締切は7月3日(金)まで。
※申込用紙は和歌山市のホームページからダウンロードできます。
(詳しくは⇒こちら☆
 0707テレワークセミナー.jpg


足守神社「足型七夕まつり」
「足の神様」を祀る和歌山市木枕の「足守神社」では、7月7日(火)まで、足の形をしたオリジナルの短冊を用意していて、自由に願い事を書いて笹に飾り付けることができます。
(詳しくは⇒こちら☆


淡嶋神社「たなばた祭」
和歌山市加太の「淡嶋神社」では、7月7日(火)まで、短冊に自由に願い事を書いて、本殿前の笹に飾り付けることができます。笹飾りは七夕当日の午後4時ごろからお祓いを受けるということです。
(詳しくは⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 🌁| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

6/26放送 イベント情報☆「わかやままるしぇ」オープン!ほか

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日は「ゲンキトピックス」。
市内で開催される行事などをご紹介♪

和歌山市中央卸売市場「わかやままるしぇ」オープン!
7月2日(木)、和歌山市西浜にある和歌山市中央卸売市場に、総合食品センター棟「わかやままるしぇ」がオープンします。あわせて37店舗が入り、市場の雰囲気や新鮮で魅力的な食を楽しめる施設。市民の方もお買い物や飲食ができます。営業時間は、飲食店街は午前2時から午後2時頃までで水曜が定休日、専門店街は午前2時から午前7時頃までで水曜と日曜が定休日です。

☎ 和歌山市中央卸売市場 073−431−3161
 (詳しくは⇒こちら☆
0626わかやままるしぇ.jpg


和歌山県立博物館企画展「紀伊田辺の画家 真砂幽泉」
和歌山県立博物館では、企画展「紀伊田辺の画家 真砂幽泉(まなご・ゆうせん)」が開催中です。江戸時代、田辺市の大庄屋の家に生まれた真砂幽泉は絵を好んで学びました。その技術が認められて紀伊藩主に絵を献上するなどし、大庄屋役を免じられた晩年には本格的に画師として活動。企画展では、最新の研究を踏まえ、真砂家に伝わる下絵や絵手本類が紹介されています。期間は7月12日(日)までで、開館時間は午前9時半から午後5時まで、月曜日は休館です。入館料は、大人280円、大学生170円。7月5日(日)はどなたでも入館無料です。

☎ 和歌山県立博物館 073−436−8670
 (詳しくは⇒こちら☆
 0626県立博物館 真砂幽泉.jpg
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| ゲンキトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする