2021年09月29日

9/29放送 和歌山市障害の理解・啓発ポスターコンクール

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


和歌山市障害の理解・啓発ポスターコンクール
について和歌山市障害者支援課中尾隆広さんに伺います。

20210928170254-DocuCentre-V C4476(461480)-9822-210928170311.jpg


Q ポスターコンクールの概要について教えてください。

障害の有無に関わらず、 誰もが住み良い安心安全な社会づくりのため、 障害の正しい理解、啓発を目的として、 昨年度に引き続きポスターコンクールを開催しています。

Q どんな作品を募集していますか?

テーマは2部門あり、今年度は 「ヘルプマーク部門」と「視覚障害者への配慮部門」 で作品を募集しています。 毎年開催していますが、「ヘルプマーク部門」は毎年募集し、もう1部門に関しては、 毎年テーマを変えて募集をしています。

Q ヘルプマークとは一体どんなものですか?

d11423-16-449984-1.jpg

義足や人工関節を使用している方、 内部障害や難病の方、 または妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々が、 周囲の方に配慮を必 要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう手助けするのが 「ヘルプマーク」 です。

赤に白字でハートとプラスのマークが入っているデザインです。 必要な方に関しましては和歌山市役所障害者支援課または和歌山市保健所保健対策課で配布しています。

Q 対象者はどなたですか?

和歌山市在住の方または和歌山市に通学や通勤している方が対象です

Q 応募期間を教えてください。

令和3年9月6日から始まっており、 今年の11月5日が締切です。

Q 応募方法はどうなっていますか?

和歌山市ホームページに掲載している申込用紙に必要事項を記載し、 作品の裏に貼り付けて、作品が折れ曲がらないよう、郵送または和歌山市役所障害者支援課まで持参してください。


20210928170318-DocuCentre-V C4476(461480)-9824-210928170333.jpg

(詳しくはこちら☆

Q各賞について教えてください。

「ヘルプマーク部門」、 「視覚障害者への配慮部門」 ともに市長賞が1点、優秀賞が一般の部、 中学生以下の部、 それぞれ1点ずつ、 他に特別賞を各部門1点ずつ、佳作を数点ずつ選出します。そこで 市長賞の作品につきましては、次の年度の啓発などに使わせていただく予定となっています。

Q 最後に市民の皆様へメッセージ。

障害のある方がどのような支援を必要としているのか等、 知られていないことはたくさんあります。このポスターコンクールを通して、障害について身近に感じてもらい、 知っていただくキッカケになればと思います。 まだまだ作品を募集しておりますのでた くさんのご応募お待ちしております。

【お問い合わせ先】
和歌山市障害者支援課
073-435-1060
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月23日

9/23放送 結核予防週間

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は「結核予防週間」について
和歌山市保健所 保健対策課野田優さんに伺います。

結核啓発リーフレット1-1.jpg

★厚生労働省は、9月24日から9月30日の1週間を結核予防週間と定め、結核に対する正しい理解を普及啓発しています。


結核とはどんな病気ですか?

結核菌によって主に肺に炎症を起こす病気です。咳やくしゃみなどで飛び散った菌を、周りの人が直接吸い込むことで感染する「感染症」です。新型コロナウイルス感染症と異なり、結核の感染経路は空気感染です。結核菌は空気中を漂う時間が長く、誰もが感染する可能性があります。

和歌山市ではどのような現状になっているのですか?

和歌山市でも令和2年には55人の方が新たに結核と診断されています。そのうち、約8割は65歳以上の方となっています。また人口10万
人に対する罹患率は全国の10.1と比べ、和歌山市では15.5となっており、全国を上回っている状況です。


結核啓発リーフレット2-1.jpg

和歌山市でも多くの方が結核と診断されているんですね。結核に感染するとどうなるんですか?

結核に感染しても身体の抵抗力があれば、結核菌を抑え込むことができます。しかし、抑え込まれた結核菌はそのまま殺されたというわけではなく、肺の中で眠っている状態になります。そして身体の抵抗力が下がることがあれば、いつでもまた結核菌が起きて増殖し、身体を攻撃し始めることがあります。これが結核の「発病」ということになります。時として、感染直後に十分な免疫の出来にくい場合があると、結核菌を抑え込めずにそのまま進行して発病することもあります。

結核を発病すると、どんな症状が現れるのでしょうか?

2週間以上 咳が続く、体がだるい、微熱が続く、胸が痛い・食欲がなくなって体重が減るなどといったことが多いです。風邪に似ていますが症状が長引く場合は必ず医療機関を受診しましょう。

早めの受診が、大切ですね。

結核を発病していても、特徴的な症状がでない場合もあります。発見が遅れると重症化し、入院治療が必要となったり、周りの人に感染させてしまうおそれもありますので、症状がなくても、年1回は胸部エックス線検査による健康診断を受けることが大切です。

発見が早く、痰の中に結核菌が含まれていない場合は入院せずに治療することができます。自分自身の健康を守ることはもちろんのこと、家族や友人などへの感染を防ぐためにも、早期発見・早期治療が大変重要になってきます。

和歌山市でも検査を行っているんですか?検査の情報を教えてください。

和歌山市では、65歳以上の方を対象に、バスで各地区を巡回して、胸部エックス線検査を実施しています。申込や保険証、費用などは必要ありません。

日程は市報わかやま9月号や和歌山市感染症情報センターのホームページ(詳しくはこちら☆)に掲載しています。

なお市報わかやま9月号は和歌山市のホームページからも御覧になれます。日程が分からない方は保健所までお問い合わせください。

【お問合せ先】
和歌山市保健所 保健対策課 ☎:073-488-5118

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月22日

9/22放送 女性の就職応援フェア2021

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

女性の就職応援フェア2021」について
和歌山市産業政策課亀井弘明さんに伺います。

2021syuusyokuouenfair1.jpg

2021syuusyokuouenfair2.jpg



Q:今回、「女性の就職応援フェア2021」を開催するということですが、どのような目的で開催されるのでしょうか?

女性の就職応援フェアは、 女性の就職を支援し、より一層、 女性の活躍を推進するためのフェアとなっています。子育て中の女性なども気軽に参加できるように、事前予約制で、無料の託児付きでの開催となっています。

Q: 詳しい中身はどういったものになるのでしょうか?

女性の就職応援フェアでは、 女性の採用に積極的な市内企業25社以上が出展され、 気になる企業の担当者と面談をしていただくことができます。 また当日は、 今後の働き方の参考になるセミナーや、 仕事をする上での様々な相談ができる各種相談コーナーもご用意しています。また、クオカードや駐車料金のサービス、プレゼント等の特典も用意しています。

Q:「女性の就職応援フェア 2021」は、いつ、どこで開催されますか?

女性の就職応援フェアは、10月7日(木)、午前10時から午後3時ま で、フォルテワジマで開催されます

Q:では、どなたが対象になりますか?

対象者は、子育てと仕事の両立をお考えの方、子育てが一段落した方、新卒、第2新卒の方などです。

Q: 申し込み方法について教えてください。

今回のイベントを委託している泉州広告株式会社のホームページにある参加予約フォームや、チラシのQRコードからから事前にお申込みいただくことができます。

当日参加も可能ですので、ぜひ気軽にご参加ください。なお、お問い合わせ等は、委託している泉州広告株式会社にご連絡ください。
(詳しくはこちら☆

Q:最後に市民の皆さんへメッセージ。

働くことを希望している子育て中の方、子育てが一段落した方、 また今すぐは無理でも将来的には働こうと考えている女性の方など、 是非気軽にご参加ください。


posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする