2017年11月08日

11/8放送 「シリーズ南方熊楠生誕150周年」〜帰国してからの熊楠☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
「シリーズ南方熊楠生誕150周年」
今回は、日本に帰ってきてからの熊楠について
和歌山城整備企画課 学芸員の武内善信さんに
お話をお聞きしました。


南方熊楠生誕150周年記念ロゴマーク.jpg


私費でアメリカとイギリスに留学をしていた熊楠は、
父親の遺産も底をついてしまい日本に帰ることになりました。

帰国する際、熊楠は、
ロンドンの大英博物館自然史部門のマレーから
(現在はロンドンに自然史博物館があります。)
花が咲かない隠花植物、例えば
キノコ、コケ、粘菌、シダ、地衣類、藻などの研究が
東洋ではまだまだ少ないとあって、
帰国したら、隠花植物の研究をしてほしいと依頼されます。

ロンドン時代の熊楠は、
大英博物館に入って、古今東西の書物を研究しては
論文を発表していました。

帰国後は、そういった書物の研究を記したノートを元に
論文を発表していたのですが、
ロンドン時代のような活躍はできなかったため、
アメリカ時代に取り組んだ植物の研究を、日本で再開し、
特に、隠花植物の採集、研究を始めました。

中でも、和歌山公園などでキノコを採取して、
それを「菌類図譜」として
色付きの絵を描き、説明を英文で記しましたが、
その「菌類図譜」は4000枚近くにものぼります。

また、淡水産の藻についても4000枚以上のプレパラートを
集めました。

当時、西洋でしか知られていなかった淡水産の藻を、
熊楠は和歌山市畑屋敷で発見し、英国の科学雑誌「ネイチャー」
発表、東洋にも同様の藻が存在することを知らせました。

ところで、熊楠と言えば、「粘菌」が有名ですが、
「粘菌」の新発見については、この時代よりもあと
田辺に移ってからのことになります。

熊楠は帰国したあと、まずは、弟が守る実家に身を寄せました。
その後、和歌山市水軒口にある「円珠院(えんじゅいん)というお寺で
暮らすことになります。

最近の書物で、
「円珠院で粘菌の新種を発見した」と書かれていましたが
これは、正確な情報ではなく、
円珠院で発見されたのは、光る藻などで、
粘菌の新種は、田辺に移ってから、粘菌学の権威であるリスターに
そのサンプルを送り、のちに認められて
粘菌の「新種発見」となったわけです。

帰国後、和歌山市で過ごした熊楠は、
そのあと那智の山にこもります。
そして、いよいよ田辺に移ることになるのです。

(来月はいよいよ最終回。)

お楽しみに。

明日は「小学校訪問」です。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

11/6放送 川端龍子没後50年展示「龍子の愛したモティーフ」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は、わかやま歴史館で開催中の
川端龍子没後50年展示「龍子の愛したモティーフ」
について、和歌山城整備企画課 学芸員の
大山僚介さんにお話を伺いました。


IMG_6547.JPG


和歌山市出身の川端龍子(かわばたりゅうし)は、
大正から昭和にかけて活躍した日本画家です。
当時の日本画の繊細な作風に対して、
「健剛なる芸術」を目指すと宣言し、
在野の日本画団体「青龍社」を創立、
数々のスケールの大きな作品を残しています。

今回は、
東京にある大田区立龍子記念館が所蔵する貴重な
龍子の作品3点をお借りし、展示しています。


IMG_6546.JPG


展示している
「鯉」「河童」「激流」は、
いずれも、龍子が好んで描いたモティーフ(画因)です。

龍子の描いた作品で大きなものは、
縦2メートル横7メートルを超すものもありますので
今回の作品たちは比較的小さいものと言えますが
とてもダイナミックでインパクトの強い作品で
スケールの大きさを感じていただけるものばかりです。


IMG_6545 (1).JPG


「鯉」「河童」「激流」は、
いずれも、龍子の作品にはたくさん描かれています。
なかでも、
「鯉」は、絵に関心を持ったきっかけになったモチーフ。
幼少の頃、龍子は、提灯屋が描いた「こいのぼり」を見て、
絵を描くことになったと言われています。

この展示は、
12月7日(木)まで、わかやま歴史館2階の歴史展示室で
開催されています。

開館時間は、午前9時から午後5時30分(入館は午後5時まで)
入館料は、大人100円 小中学生は無料です。
また、天守閣の入場券で入館できます。

大山さんは、
「龍子の作品の中では、小さいサイズの作品ですが、
作品を目の前にしますと、そのスケールの大きさを感じることが
出来ると思います。
是非、間近でご覧になっていただきたいと思います。」

と多くの来場を呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「幼稚園訪問」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 | 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

11/1放送 「ウイルス性肝炎」の早期発見と治療☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「ウイルス性肝炎の早期発見と治療」について
和歌山市保健所 保健対策課の中居徳子さんにお話を伺いました。


CCI20171031.jpg


肝炎とは、肝臓に炎症が起こって肝細胞が壊される病気です。
その原因の多くは肝炎ウイルスの感染によるものです。
肝炎ウイルスには、主にA型、B型、C型、D型、E型の5種類が
ありますが、中でも、B型、C型肝炎ウイルスは慢性化して
肝硬変や肝がんに進行しやすいことがわかっています。

日本国内には、B型、C型肝炎ウイルスに感染している人は
合わせて300万人以上いると推定されています。
しかし、肝炎になっていても自覚症状が出にくいので、
感染に気付いていない人がいることはもちろん、
感染していることを知りながらも治療につながっていない人が
全国に少なくとも53万人も存在するといわれています。
自覚症状がないからと放置していると、症状が出たころには
重症化していることもあるため、
早期に発見し治療していくことが重要になります。

B型、C型肝炎ウイルスは、治療方法が進歩してきており、
重症化する前に治療を行うことで、治る、またはコントロールが
可能になってきています。
以前は、インターフェロンという注射が治療の中心でしたが、
最近は飲み薬での治療が主流です。
中でも、C型肝炎についてはインターフェロンを使わなくても
効果が高いお薬も出てきており、
高齢の方でも治療が出来るようになりました。

また、治療内容によって
医療費の助成制度が適用される場合もあります。
感染していることがわかっているけれど、
何らかの事情で治療や経過観察を出来ずにいる方などは、
一度専門医のいる病院を受診いただくか、
かかりつけ医又は保健所にご相談ください。


CCI20171031_0001.jpg


B型及びC型肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、
血液検査でしかわかりません。
今まで検査を受けたことがない方については、
まずは、検査を受けることをお勧めします。

和歌山市保健所では、
今まで肝炎検査を受けたことがない方を対象に
毎月第3水曜日の午前9時から11時の間に検査を実施しています。
次回は、11月15日に行います。
予約制となっていますので、お電話をお待ちしています。

☎073-488-5118(和歌山市保健所保健対策課)まで。

中居さんは
「B型及びC型肝炎ウイルスは、日常生活では特に感染しません。
必要以上に感染を恐れず、正しい知識を持っていただければと思います。
また、検査によって感染していることがわかった場合は、
肝臓専門医のいる病院での精密検査を受け、
治療や経過観察を受けるようにしてください。」

と検査を受けたことがない方にお勧めしています。

詳しくはこちらをクリック!


明日は「小学校訪問㉖」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 | 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする