2017年07月10日

7/10放送 市役所お仕事紹介〜「耕地課」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
和歌山市役所のお仕事紹介。
今回は「耕地課」をご紹介。
農地防災班 技師木本遥香さんにお話を伺いました。


IMG_1698.jpg


市役所本庁舎8階にある耕地課では、
和歌山市における農業振興に向けた適切な基盤整備を目的と
するための業務を行っています。

具体的には。耕地課は3つの班に分かれており、
農業用幼排水路、農道及び、ため池の管理に関する業務を行う
「管理班」

市街化調整区域内の公衆用道路、
里道および水路の維持修繕工事に関する業務を行う
「維持班」

国営総合農地防災事業、
ため池改修計画及び農業施設の整備改善に関する
業務を行う「農地防災班」があります。

木本さんは、この4月に市役所に入庁。
技師として頑張っています。
配属は「農地防災班」
主に、農業施設の工事の測量、設計業務を行っています。

測量とは、
地盤の高さや設けた各点の距離と角度を求めることで、
実際に、工事箇所となる農道、水路へ赴き、
測量を行い、測量によって得たデータをもとに
工事箇所の現況の図を描きます。

図は、CADを使用し、パソコン上に描き出します。
現況の図をもとに、
実際にどのような農道、水路をつくって行くかを考え、
設計図に描き出します。
地元の方の意見を聞いたり、
いくつかの施工方法を比較したりすることで
より安全、かつ経済的な施工手段を選び、
施工業者へ発注します。

また、測量、設計業務以外に、
排水機場の維持管理業務を行っています。

排水機場(はいすいきじょう)とは、
大雨などにより増水した際に、ポンプを運転し、
強制的に川へ排水を行うことで、
湛水被害(水があふれ出すこと)を未然に防ぐ施設です。

排水機場の検査に立ちあったり、
ポンプを運転させるための燃料の残量確認を行い、
ポンプの運転時に備えています。

4月からスタートしたばかりの木本さん。
初めてのことも多く苦労したこともあったようです。

CADソフトを使うのは初めてだったので大変でした。」

お仕事上で気を付けていることについて
お聞きしました。

「当然のことであると思いますが、測量及び設計時に、
数量にミスがあると、工事計画に影響がでるだけでなく、
工事箇所の安全にも影響が及びますので
誤りがないよう、検算をするなどして
正確に数量を出すようにしています。」


最後に木本さんから。

農地の保全、営農環境向上に向けて、
私も精一杯業務に努めさせていただきます。
よろしくお願いいたします。」



「耕地課」はこちらをクリック!


来週もどうぞお楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

7/5放送 消火器設置奨励補助事業について☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「消火器設置奨励補助事業」について
和歌山市消防局予防課の栩野大輔さんに
お話を伺いました。

CCI20170704.jpg


「消火器設置奨励補助事業」とは、
各ご家庭に設置する消火器の購入費用一部を、
市が負担
することで、より多くのご家庭に
消火器を普及させることを目的としています。

そうすることで、万が一発生してしまった火災を、
より早い段階で初期消火し、
被害を最小限にくいとめることが出来るからです。

市民の皆さんの購入負担額は、1500です。

対象は、和歌山市在住の方で、
申込みは1世帯につき1本までとなっています。

また、住宅用消火器の使用期限は、おおむね5年です。
たくさんの市民の皆さま方に
消火器を設置していただきたいと思いますので、
過去に本事業で消火器を購入された方で
お持ちの消火器が使用期限内である場合は、
お申し込みをお控えいただきますようご協力をお願いいたします。


888881.jpg


購入いただける消火器は、
中に粉末の消火薬剤が入っているタイプで
女性や高齢の方でも使いやすいように、
重さは約2.2キログラムとなっています。

申込みは、
専用の申し込みはがき
「氏名」「ご住所」「電話番号」等の必要事項を記入の上、
消防局宛に申し込んでください。


CCI20170704_0001.jpg


専用の申し込みはがきは、各消防署、サービスセンター
支所・連絡所に置いています。
また、郵便往復はがきで申し込んでいただいても大丈夫です。
和歌山市ホームページに記入例を掲載していますので
参考にしてください。

申込期間は、731までとなっており、
当日の消印有効です。
なお、申込み多数の場合は抽選とさせていただきますので
ご了承ください。

また、今年の6月で切手が値上がりしておりますので、
申込みの際はご注意ください。

受け取りは、9月から10月中で
お住まいの地区の支所・連絡所等で配布します。
配布場所・日時については
消防局からの返信はがきに記載します。
申込みはがきの返信は8月中旬を予定しています。

ところで、不要になった古い消火器は、
消火器の配布時にお持ちいただければ、
有料ですが、業者が1本につき1300円で引き取ります。
引き取りのみでも可能です。

それ以外で消火器を廃棄したい場合は、
職業別電話帳の「消防用設備・用品・保守点検」欄に
記載されている各販売店に問い合わせていただき、
引き取ってもらうようにしてください。

消火器は、火災の初期消火に非常に有効ですが、
使いやすい反面、初期の小さな火災にしか使えません。
炎が天井まで届くほどの大きさであれば、
無理に消火を行わず、必ず避難するようにしてください。


お問い合わせは、
☎073-427-0119(消防局予防課)まで。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「小学校訪問」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

7/3放送 「平成29年度 第2回 和歌山市職員採用試験」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は「平成29年度 第2回 和歌山市職員採用試験」
について
和歌山市人事委員会事務局の中野隆典さんにお話を伺いました。


平成29年度和歌山市職員採用試験パンフレット-1.jpg

今回実施する採用試験の募集人員は、
行政職V種 事務職3人 土木職1人
資格免許職 精神保健福祉相談員1人 保健師3人 保育士4人 
手話通訳員1人
消防職V種4人 
身体障害者を対象とした行政職事務職2人
技能労務職 環境整備員4人 保育調理業務員3人
です。

試験区分によって年齢などの受験資格が異なります。

事務職、土木職については、
昭和61年4月2日から平成12年4月1日までの間に生まれた方、
消防職については、平成3年4月2日から平成12年4月1日までの間に
生まれた方です。
ただし、大学を卒業した方や
(平成30年3月31日までに)卒業見込みである方など、
平成30年3月31日現在で大学における在籍期間が
通算して3年を超える方はいずれも受験できません。

精神保健福祉相談員、保健師、
環境整備員、保育調理業務員
については
昭和57年4月2日以降に生まれた方、
保育士については、昭和57年4月2日以降に生まれた方、
手話通訳員については、昭和33年4月2日以降に生まれた方で、
それぞれ資格等に関する要件があります。
資格要件など詳しくは受験案内をご覧ください。

身体障害者を対象とした行政職事務職については、
昭和61年4月2日から平成12年4月1日までの間に生まれた方で
身体障害者手帳の交付を受け、
障害の程度が1級から4級までの方です。
学歴は不問です。


受験案内は、
市役所西隣の朝日ビルディング2階にある人事委員会事務局、
市役所本庁舎1階の総合案内所で、今日73から配布します。
また、直接手に入れることが出来ない方は、
人事委員会事務局へ郵送での取り寄せを請求することも出来ます。


📩詳しくはこちらをクリック!


受付は、持参の場合は、89、10の2日間、
郵送の場合は810までの消印有効です。
なお、身体障害者を対象とした行政職事務職については
郵送のみの受付となっています。

試験日は、
第1次試験は917
1次試験の合格発表は10月上旬。
最終合格発表は11月下旬の予定です。

中野さんは
和歌山市のために働きたいという
意欲のある方のご応募をお待ちしています。」

と多くの応募を呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!

明日は「幼稚園訪問C」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする