2017年05月24日

5/24放送 6月1日から7日は「HIV検査普及週間」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
6月1日から7日は
「HIV検査普及週間」です。
和歌山市保健所保健対策課の中居徳子さんにお話を伺いました。


HIV検査普及週間2017A-1.jpg

「HIV検査普及週間」とは、
HIV検査・相談体制の充実を目的として
厚生労働省が制定した啓発週間です。
毎年、6月1日から7日を「HIV検査普及週間」とし、
HIV検査の普及・推進に取り組んでいます。

HIVとは、ウイルスの名前です。
HIVに感染し、ウイルスが身体の中で増えると、
身体の免疫機能が低下します。
免疫機能が低下することで、
普段は感染しないような弱い病原体に感染しやすくなり、
様々な病気を発症します。
この病気の状態をエイズと言います。

エイズの動向については、いずれも速報値ですが、
国内における平成28年の新規感染者は、1003
新規AIDS患者は437で、
新規HIV感染者と新規AIDS患者を合わせると1440でした。

近年の報告者数は横ばい傾向ですが、
依然として約3割の方がAIDSを発症した状態で発見されており
早期発見の機会を逃していることから、HIVエイズ検査への理解が
まだ十分に浸透していないと考えられます。

HIVの感染は、9が性行為によるもので、
誰にでも起こりうる身近な病気と言えます。

現在、HIVに感染しても、ウイルスを体内から完全に排除できる
治療法はありません。
しかし、服薬によって
ウイルスの増殖を抑えることで、エイズの発症を遅らせ、
長期にわたって感染前と変わらない日常生活を送ることが出来ます。

従って、予防はもちろんですが、
エイズを発症する前の早期発見、早期治療
重要になってきます。

HIVは感染していてもほとんど症状がないため、
感染しているかどうかは血液検査でしかわかりません。
また、検査をしても感染してから3ヶ経たないと、
正しい結果は出ません。

感染の可能性、不安の機会から
3ヶ月経ってから検査を受けましょう。

もし、まだ機関が空いていなくても、
不安や心配が強い場合は、保健所にご相談ください。


HIV検査普及週間2017ポスター-1.jpg


HIV検査、相談は、全国どこの保健所でも
無料・匿名で受けることが出来ます。

和歌山市保健所では、
毎週火曜日の夜間(18〜20時)
木曜日の午前(9〜11時)の間で検査を実施しています。
(検査結果は、原則1週間後に分かります。)

また、検査普及週間に伴って、
6月11日(日)に
休日即日抗体検査を実施します。

即日検査とは、
当日約1時間20分後に結果がわかる検査です。
ただし、追加・確認検査が必要な場合は、結果は後日となります。

「休日即日抗体検査」
611日(日)午前10時から午後2時。
電話予約優先となります。尚、予約は9日(金)までに
お願いいたします。

場所・和歌山市保健所
定員・先着20人。


中居さんは、
「HIV/エイズは、決して特別な病気ではなく、
性行為を行う方であれば、誰でもかかる可能性があります。
しかし、正しい知識を持つことで、きちんと予防できる病気です。
この機会に、多くの人がHIVエイズについて
偏見をなくし、身近なこととして検査などをうけていただきたい
と思います。」

と、検査の大切さを呼び掛けています。

検査の予約・詳細は、
☎073-488-5118
(和歌山市保健所 保健対策課 感染予防対策班)
まで。

詳しくはこちらをクリック!


明日は「小学校訪問D」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

5/22放送 「アダプションプログラム」ボランティア募集☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「アダプションプログラム」ボランティア募集について
自治振興課の細川直透(なおと)さんにお話を伺いました。



DSC01443.JPG



アダプション・プログラム(里親制度)は、
市民と行政が協働で進める「まち美化プログラム」であり、
アダプトとは英語で「養子縁組する」という意味があります。

市内に位置する公園・道路・河川などの
公共施設の場を養子にみたて、
市民がわが子のように愛情をもって清掃活動等を行い、
行政がこれを支援するものです。



具体的な活動としては、
公園などの清掃活動や、繫茂した雑草を刈っていただいたり
施設の破損などを発見した場合の報告もしていただいています。
その際、市でも対応をします。
その他、公園などの美化推進について地域社会へのPR、
指導、教育的活動もしていただいています。



「養子縁組」されている団体は、さまざまです。
地元住民で結成された団体、NPO 市内の企業などです。


IMG_2902.JPG



活動の際の和歌山市の支援として、
ゴミ袋などの物品の支給、また清掃などに必要な用具の貸し出し、
ボランティア保険への加入、及び保険料の負担などがあります。

また「アダプトサイン」といって、当該施設に養子縁組されたことを
示す標識の設置も行います。

アダプションプログラム、参加には、
申請書や名簿を
市役所2階自治振興課に提出していただくことが必要です。

詳しくは、
☎073-435-1011(自治振興課)にお問い合わせください。


細川さんは、
アダプションプログラムの今後の位置づけとして
「都市整備の基盤とともに、住民の方や訪問された方が
快適さ豊かさを実感できることが求められると思います。
このアダプションプログラムが、
市民と行政が協働し、かつ持続的な活動として
定着して行ってほしいと思います。」

と話しています。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「学校訪問」です。
お楽しみに。
posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

5/17放送 「架空請求詐欺」にご注意を!

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「架空請求詐欺」ご注意のおねがいです。
市民生活課の井上祥秀さんにお話を伺いました。

IMG_9383.JPG


市役所2階の「和歌山市消費生活センター」
「訪問販売での押し売り」「突然身に覚えのない請求が来た」
などの消費者トラブルの相談を実施しています。
相談員は、専門の資格を保有しており
相談のないように応じた助言や、トラブル先の販売事業者との
あっせんを実施し、トラブルの解決を図ります。

年間、約1000件もの相談が、和歌山市消費生活センターに寄せられて
いますが、毎年、一番多く寄せられる相談は、
「架空請求」に関する相談です。
特に、近年では、パソコンだけでなく
スマートフォンも普及していることから
子どもからご高齢の方まで幅広い年代の方がターゲットにされ、
狙われているというのが現状です。

架空請求の手口ですが、
架空請求とは、契約した覚えのない、商品やサービスを、
あたかも「どこかで契約した?」かのように見せかけ、
架空の費目で請求し、金品をだまし取る」という手口です。

典型的なものを紹介しますと、
「ケータイやスマートフォンに有料動画の閲覧履歴があり、
未納料金が発生しています。このまま放置した場合には
法的手続きに移りますので、すぐに連絡をください。」

というメッセージが届き、
すぐに連絡をすると、
相手に
「支払わないと大変なことになる」と言われたので、
お金を支払ってしまった。
という被害事例が特に多く発生しています。

また、最近は、「民事訴訟管理センター」というところから
ハガキが送られてきて、連絡をすると、裁判の費用を請求された
という事例も発生しています。
(尚、民事訴訟管理センターという組織は実在しません)

もし、このような請求が来た場合には、
基本的に「無視」をするようにしてください。
架空請求は詐欺ですので、いくら料金が発生しているといっても
法的には支払う必要はありません。

また、メッセージに「すぐ連絡をください。」と記載している場合が
多いですが、これも罠で、連絡してしまうと執拗に料金を請求されたり
場合によっては、脅迫されたりすることもありますので、
連絡はしないようにしてください。
もし、届いたメッセージが核の請求かどうか、
判断がつかない場合には、一人で判断せずに、
消費生活センターにご相談ください。

和歌山市消費生活センター
073-435-1188
(土日祝日・年末年始を除く午前9時から午後4時まで)
和歌山市役所 本庁舎2階 市民生活内

詳しくはこちらをクリック!

明日は「幼稚園訪問@」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 | 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする