2017年09月25日

9/25放送 9月24日から30日は「結核予防週間」です☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
9月24日から30日は厚生労働省が定める
「結核予防週間」です。
今日は、和歌山市保健所 保健対策課の
岡本有夏さんにお話を伺いました。


poster2017b.jpg


結核とは、結核菌によって主に肺に炎症を起こす病気です。
排菌している患者の咳やくしゃみなどで飛び散った菌を
周りの人が直接吸い込むことで感染する「感染症」です。
結核は、正しく薬を飲めば完治できる病気です。
しかし、毎年新たに約1万8千人の患者が発生している
国内で重大な感染症です。

和歌山市でも、平成28年には47人の患者が発病しています。
決して「過去の病気」ではありません。


CCI20170923.jpg


結核菌に感染しても、全ての人が発病するわけではありません。
感染しても、一生のうち発病するのは1〜2割程度です。

残りの8割の方は、発病することなく一生を過ごすことになります。
しかし、たくさんの結核菌を吸い込んだ場合、
糖尿病や腎臓病の合併症をお持ちの場合、
体の抵抗力が弱まった場合等に、結核菌が体の中で増殖し、
発病してしまうことが多いです。

また、高齢の方は、結核がまん延していた時代を過ごしているため
知らない間に感染を受けている人が多くいます。
若いうちは発病に至らず、年齢とともに体力・抵抗力が低下して
高齢になってから発病する人が増えています。

ただ、和歌山市でも若い世代の方が結核を発病している事例もあるので
注意が必要です。

結核に感染すると、現れる症状として、
2週間以上咳が続く、からだがだるい、微熱が続く、
胸が痛い、体重が減る、

などといったことが多いです。

風邪に似ていますが、症状が長引く場合は、
必ず医療機関を受診しましょう。

また、結核を発病していても、
特徴的な症状が出ない場合もあります。
症状がなくても、年1回は
胸部エックス線検査による健康診断を受けましょう。

発見が早く、痰に菌が含まれていない場合、
自宅で治療できます。

自分自身の健康を守ることはもちろんのこと、
家族や友人などへの感染を防ぐためにも、
早期発見・早期治療が大変重要になってきます。

和歌山市では、
65歳以上の方を対象に、バスで各地区を巡回して
胸部エックス線検査を実施しています。

CCI20170923_0001.jpg


申込みや保険証、費用などは必要ありません。
是非この機会にお受けください。


日程はこちらをクリック!

「結核」についてはこちらをクリック


お問い合わせは、
☎073-488-5118(和歌山市保健所保健対策課)まで。


明日は「中学校訪問」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

9/20放送 市役所お仕事紹介〜「都市再生課」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
和歌山市役所のお仕事紹介
今回は「都市再生課」をについて
都市再生課 再開発班の成瀬正規さんにお話を伺いました。


IMG_4473 (1).JPG

市役所本庁舎9階の都市再生課は、
まちなか再生班再開発班地域まちづくり班
の3班に分かれています。

まちなか再生班は、
まちなか再生のため、コンパクトシティ形成に向けて、
都市機能の誘導やにぎわい創出の業務を行っています。
まちなか居住を推進するなど、
市内外の人に選ばれるまちづくりを進めています。

地域まちづくり班は、
各地域の特色あるまちづくりの支援や、
景観計画の推進などの業務を行っています。
まちなか再生班との2班で市内全体の活性化を図っています。

再開発班
都市再開発を行う班です。
再開発とは、都市機能の低下した地域に対して、
都市機能の再構築や居住性向上をし、
魅力あるまちづくりを実現することです。
権利者の財産と生活を守りながら、共同で建て替えを行い、
建築規制の緩和や補助制度等を活用しつつ、
行政と民間がパートナーシップを組み、
都市をよみがえらせていく事業手法です。

言葉で説明すると難しいと思いますが、
都市機能とは、水道や電気、道路や役所機能、商業や観光、
学校などの教育、病院などの医療
、こういったものが含まれます。
つまり、生活していくための機能すべてが
都市機能と呼ばれるものになります。

もちろん、まちなかと郊外とで必要なものは違います。
まちなかであれば、大学や百貨店、市民ホールや図書館など
大型の施設や教育機関が必要です。
各地域では、コミュニティセンターや医療機関、スーパーなどの小売店
こういったものが必要になってきます。
再開発では、前者となります。

成瀬さんは、市役所に入って1年目
仕事のやり甲斐や苦労した点などについてお聞きしました。

「再開発は大事業で、何年も目に触れ残っていく仕事。
市民のみなさんにどのように利用してもらえるか、
まちににぎわいをもたらせるか、
そういったところにやり甲斐楽しみを感じています。」


苦労している点としては、
業務で使用する用語に
「まだまだ付いて行けないこと」だそうです。

また、気を付けている点としては、
「事業が大きいため、設計書が膨大な量になります。
使用される部品など細かいところまで価格等をチェックするのが
大変な作業です。
また、事業費も大きな額になります。
一桁違えば相当な金額の相違が生まれます。
そういった点についても意識しながら業務に当たっています。」



現在、和歌山市駅再開発事業が進められています。
成瀬さんは
新たなランドマークとして生まれ変わります。
期待していてください。」

と話しています。


IMG_4470.JPG


最後に、メッセージとして
「和歌山市は、人口減少や若者の流出など、課題を抱えています。
そのため、まち全体に活気や賑わいが少なくなってきていると
思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、
そうでもありません。
和歌山市のまちなかでは、さまざまなお店がオープンしたり、
大小の楽しいイベントがたくさん行われています。
市民のみなさんが来て下さることで、まちもにぎわい、
経済も活性化し、和歌山市の活力になっていきます。
是非、和歌山市のまちづくりを見てみてください。」

と成瀬さんは呼び掛けています。


「都市再生課はこちらをクリック!


明日は「小学校訪問」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

9/18放送 9月は「がん征圧月間」10月は「乳がん月間」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は、「がん征圧月間」「乳がん月間」について
和歌山市保健所地域保健課の岸田美恵さんにお話を伺いました。


IMG_4488 (1).JPG



9月は「がん征圧月間」ということで、
市民の方へ「がん検診」啓発チラシが個別通知されました。


今回案内封筒をお送りしたのは、
4月1日時点で、
女性21歳以上69歳まで。
男性40歳以上69歳までの和歌山市民の方です。
しかし、がん検診は70歳以上の方ももちろん受けていただけます。
是非、この機会にがん検診をお受けください。


CCI20170916-003.jpg

詳しくはこちらをクリック!


そして、来月10月は「乳がん月間」です。
乳がんは、日本人女性がかかるがんのうちで最も多く、
12人に1人が罹ると言われており、
年々増加しています。

また、40代後半が最も多いと言われています。
初期では、自覚症状がほとんどありません。
そのため、検診での早期発見が最も重要となってきます。

乳がん検診は、
和歌山市内では16箇所の医療機関での個別検診と、
検診バスによる集団検診を実施しています。
40歳以上の女性の方には、2年に一度乳がん検診を
是非受診していただきたいです。

また、乳がんの早期発見・早期治療の重要性を訴える
世界共通のシンボルマークのピンクリボンをイメージして
工夫を凝らしたお料理やスイーツが、
ピンクリボンメニューとして
和歌山市役所14階レストランでのランチビュッフェや
市内のレストラン、洋菓子店などで登場します。

期間は、10月1日から31日で
店舗により実施期間が異なります。
詳しくは和歌山市のHPでご覧ください。
(10月以降に掲載されます。)

岸田さんは
「乳がんは、不治の病ではありません。
乳がん全体で見れば、8割以上の方が治ると考えられます。
完治の可能性もさらに高くなります。
もし見つかったらと思うと不安になるかもしれませんが、
見つかることが怖いことではなく、
知らないまま発見が遅れることが怖いことです。
あなたとあなたの大切な人のために
乳がん検診を是非受けていただければと思います。」

と検診受診を呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「幼稚園訪問」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする