2017年11月20日

11/20放送 「世界エイズデー」〜UPDATE!エイズのイメージを変えよう☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
12月1日は「世界エイズデー」
今日は和歌山市でのとりくみについて
和歌山市保健所 保健対策課の中居徳子さんにお話を伺いました。


H29.jpg


「世界エイズデー」とは
世界レベルでのエイズのまん延防止とエイズ患者やHIV感染者に対する
差別・偏見の解消を図ることを目的として定められた日です。
和歌山市でも、この時期にエイズに対する理解を深めていただくための
啓発イベントを実施しています。

今年のキャンペーンテーマは
「UPDATE!エイズのイメージを変えよう」
です。

HIVとは、エイズのウイルスの名前です。
HIVに感染し、数年かけてウイルスが身体の中で増えると
免疫機能が低下するため、普段は感染しないような弱い病原体に
感染しやすくなり、様々な病気を発症します。
この病気の状態をエイズと言います。

日本国内で、昨年(H28に)新たに報告された数は
HIV感染者が1011件、AIDS患者が437件、合わせて1448件でした。
中でも、エイズを発症した状態で発見される方が報告者全体の
約3割を占めており、早期発見の機会を逃していると考えられます。
HIVに感染していても、適切な治療によってエイズの発症を予防し、
普段と変わらない生活を送ることが出来ますので、
早期発見が重要になってきます。

自覚症状のほとんどないHIV感染。
HIVに感染しているかどうかは血液検査でしかわかりません。
感染の可能性・不安があるときは迷わず検査を受けましょう。
HIV検査は、全国のどこの保健所でも無料・匿名で受けることが出来ます、

和歌山市保健所では、
毎週火曜日の夜間(18時〜20時)
木曜日の午前(9時〜11時)
の間で実施しています。
検査結果は、1週間後に分かります。

また、世界エイズデーに合わせて
11月26日(日)に休日即日抗体検査を実施します。
即日検査とは、当日約1時間20分後に結果がわかる検査です。

11月26日(日)10時から午後2時まで
事前予約優先ですが、当日空きがあれば申し込み可能です。
場所は、和歌山市保健所

検査の予約詳細などは
☎073-488-5118(和歌山市保健所保健対策課)まで。

HIVは特別な方がかかる病気ではなく、性行為を行う方であれば
誰でもかかりうる病気です。
現在は、治療法の進歩により、
HIVに感染していても普段と変わらない生活を送り、
長く生きることが出来るようになってきています。

しかし、昔は有効な治療法がなく、死に至る病と認識されていたため
未だにその認識にとどまっている場合が少なくありません。
そのことは、HIV感染を心配する人たちを検査や治療から遠ざけ、
また差別や偏見を招く要因のひとつになっているともいわれています。
この機会に、正しい情報UPDATE(更新)して、
HIV.エイズのイメージを変えてほしいと思います。


詳しくはこちらをクリック!

明日も「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

11/15放送 「和歌山城下まちなか河岸」「まちなかイロドリ」」開催☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「和歌山城下まちなか河岸」
「まちなかイロドリ」開催について
商工振興課の重田亘孝さんにお話を伺いました。


まちなか河岸-1.jpg


「和歌山城下・まちなか河岸」とは、
かつて市民の台所として栄えた京橋の賑わいを再現するため
京橋駐車場に長屋風の屋台を設置し、
和歌山のお店の飲食ブースや販売ブースを設けて
楽しんでいただく催しです。

開催日は、11月18日(土)から20日(月)
土日は午前11時から午後10時まで。
月曜日は、午後5時から10時まで開催します。

場所は、市営京橋駐車場・遊歩道です。

出店されるお店は、
マグロにぎり、ラーメン、タコ焼き、から揚げ、
ハワイアンフードなど和歌山で有名なお店11店舗と
お子さまも楽しめる縁日も開催。


一方、「まちなかイロドリ」は、
まちなかで出店を目指す方が、雑貨店やカフェなどのお店を
2日間限定で京橋周辺の空き店舗に出店するもので、
増え続けているまちなかの空き店舗や空き家の問題を解決する
一歩としてスタートしました。


マチドリ.png



いろんな色とりどりのお店を開くことで、
まちなかを彩り、盛り上げていきたい、そんな思いから
「まちなかイロドリ」「マチドリ」
名付けられました。

開催は、11月18日(土)19日(日)
時間は午前11時から午後7時まで。

場所は、京橋周辺の空き店舗となっています。
出店されるお店は、
カフェや雑貨店、リラクゼーションのお店など。

また、同時開催として、
市堀川イルミネーションわかやま城下町バル
など京橋周辺でのイベントが盛りだくさんな週末と
なっていますので、是非ご来場下さい。

尚、イベント開催中は、周辺道路で交通規制が行われたり、
また会場には駐車場がありませんので、
周辺駐車場や公共交通機関をご利用ください。

また、荒天の場合は中止となることもあります。
お問合せは、
☎073-435-1233(商工振興課)まで。


「和歌山城下まちなか河岸」はこちらをクリック!


「まちなかイロドリ」はこちらをクリック!


「わかやま城下町バル」はこちらをクリック!


明日は「小学校訪問」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

11/13放送 「わかちか広場」リニューアルオープン☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は「わかちか広場」リニューアルオープン
について
商工振興課の藤村拓也さんにお話を伺いました。


DSC_0785.JPG


平成14年にオープンしたわかちか広場。
今年の7月から、人で賑わい明るい雰囲気を出せるよう、
また、利用しやすくなる広場を目指して、
改修工事を行ってきました。

リニューアル後は地場産品のPRを行う
和歌山地域地場産業振興センターや、
和歌山の地場産品の販売を行うアンテナショップが移転し、
観光で和歌山市を訪れた方の利便性の向上をはかるため、
和歌山県下の観光情報を提供する観光交流センター
フリーWi-Fiを新たに設置します。

また新しくなったマルチビジョンでは、県内の観光PR動画や
各地域の情報など、
和歌山の魅力を発信していきたいと考えています。

リニューアルオープンは、
11月18日(土曜日)です。
当日、午前10時から、わかちか広場で
リニューアルオープンセレモニーを行い
終了後、和歌山地場産フェアが開催されます。
和歌山地場産フェアは、19日(日曜日)も開催されますので
是非お越しください。


また、今までと同じように
イベント等でステージをご使用いただけます。


貸ステージ案内-1.jpg

申込みは、
市役所10階商工振興課で受け付けていますので、
まずはお電話で空き状況をご確認いただき、
申請書を商工振興課に提出してください。

ステージ部分を含む、200uを1時間400円でご使用いただけます。
また、免除基準を設けていますので、
音楽イベントやダンスイベントなどにどんどんご活用ください。

藤村さんは、
「わかちか広場は、和歌山地域地場産業振興センター、
和歌山の地場産品の販売を行うアンテナショップ、
及び、和歌山県下の観光情報を提供する観光交流センターの設置や
ステージの活用により、多くの人が集い、憩い、賑わい
交流の広がる広場となるように目指していきますので、
皆様、是非ご活用ください。」

と多くの利用を呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「学校訪問」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする