2018年06月25日

6/25放送 性感染症のひとつ「梅毒」にご注意☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は。性感染症のひとつ「梅毒」について
和歌山市保健所保健対策課の中居徳子さんにお話を伺いました。

CCI20180622.jpg


「梅毒」とは
性感染症のひとつで「梅毒トレポネーマ」という病原菌による感染症です。
感染した部位にしこりが出来たり、
リンパ節が腫れたり、発疹などの症状が出ることもありますが、
全く症状が表れないこともあるため、
感染に気付かないことも珍しくありません。

しかし、気付かないままで治療しない状態が長く続くと、
重症化して命に係わる場合もあります。

全国的に平成22年ごろから梅毒は急増しています。
特に昨年(平成29年)は、暫定値ですが、報告者数は5820人となっています。
報告者数が5000人を超えたのは、昭和48年以来44年ぶりであり、
感染拡大を防ぐためにも早期発見、早期治療が重要になってきます。

和歌山市においても、全国同様に増加傾向であり、
決して遠いところの話ではありません。
誰もがかかる可能性がある感染症という認識を持って
予防していただきたいと思います。

梅毒には予防のためのワクチンはありません。

性感染症のひとつのため、感染を予防するためには
コンドームをきちんと使用することが重要です。

ただし、くちびるに病変がある場合などは、
キスでも感染する可能性はあるため
残念ながら100%予防できるわけではありません。

体調が悪い、皮膚や粘膜に異常がある場合などは
性的な接触は控えるようにしましょう。


CCI20180622_0001.jpg


梅毒に感染しているかどうかは、血液検査でしかわかりません。

ただし、感染してすぐに検査をしても正確な判断はできないため、
心配なことがあってから,
1ヶ月程度の期間をあけてから検査を受けるように
してください。

検査は、医療機関で受けることが出来ます。

和歌山市保健所でも
感染の可能性がある方は、HIV(エイズ)の検査と合わせて
梅毒検査を受けていただくことが出来ますので
感染の不安がある場合は一度ご相談ください。

相談、お問い合わせは
☎073-488-5118(和歌山市保健所 保健対策課 感染予防対策班)まで。


中居さんは
「梅毒以外にも性感染症はたくさんありますが、
いずれの性感染症も、コンドームを正しく使用することにより
感染のリスクを下げることが出来ます。
使用すると感染のリスクを下げることが出来るということを
正しく理解し、感染予防に努めてください。」

と話しています。


詳しくはこちらをクリック


明日は「まちかど通信J」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

6/20放送 「和歌山市動物愛護センター」設置と「犬や猫の殺処分ゼロを目指して」寄附金募集☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「(仮称)和歌山市動物愛護センター」
の設置と
「犬や猫の殺処分ゼロを目指して」
募集中の寄附金について
和歌山市保健所 生活保健課 動物保健班
獣医師の廣岡貴之さんにお話を伺いました。

GCFbanner.png


和歌山市では今、
(仮称)和歌山市動物愛護センター
の設置を進めています。
場所は、元の西保健センターの跡地で、平成31年秋ごろの完成を目指しています。


元々西保健センターには、
和歌山市で保護された犬や猫の収容施設がありましたが
昭和41年製の古い施設で、収容数も少なかったため
このほど新しい施設の建設にいたりました。

新しい施設は収容数が大幅に増え、
収容した動物を一頭ずつ犬房の中で個別管理出来るようにし
感染症の予防を目的とした施設を計画しています。

あとは、「譲渡会」の実施してゆく予定です。

また、新施設では、手術室を設置し、
保護された犬や猫の不妊去勢手術
主に行っていくことにしています。

こういった不妊去勢手術をすることで、
不幸にして殺処分されてしまう多くの犬や猫を
減らすことにつながります。

例えば、長い間、収容施設で保護していても、
不妊去勢手術を行った犬や猫は
新たな飼い主さんに出会えるケースがあります。
そういったことを目指し、手術を実施したいと考えています。

さて、和歌山市では同時に
犬や猫の殺処分ゼロを目指して、寄附金を募っています。

これは、ふるさと納税を活用した
「GCF=ガバメントクラウドファウンディング」
という寄附金で
主な使い道として 
手術室の充実や手術室の必要な備品類の購入などに
充てることになっています。

寄附は、インターネットを活用した「クラウドファンディング」ですので
「ふるさとチョイス」という
サイトを通じて、ご応募いただくことになります。

現在、和歌山市HPのトップページにある
大きなバナーからもすぐに見ていただけます。

こちらをクリック!


廣岡さんは、
不妊去勢手術を行うことで、これから生まれてくる
野良猫の数が減り、また保護した犬や猫の譲渡の可能性が拡大します。
今回のプロジェクトでは、犬や猫の不妊手術を行うための
体勢を整えるために活用させていただきますので、
どうか皆様のご協力をよろしくお願いいたします。」

と寄付金への協力を呼び掛けています。


明日は「まちかど通信」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

6/18放送 シリーズ和歌山城天守閣再建60周年〜オープン2ヶ月!「お天守茶屋」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
「シリーズ和歌山城天守閣再建60周年」
今回はお天守茶屋(おてんすちゃや)」についてご紹介。
一般社団法人「城プロジェクト」
代表理事川島寛昭(かんしょう)さん
にお話を伺いました。


otensu.jpg


今年4月6日(城の日)にオープンした
天守閣前広場の「お天守茶屋」。

2ヶ月が過ぎました。


IMG_0498.JPG

IMG_0522.jpg

「前の茶店を知っている方から、きれいになったね!との
お声をたくさんいただいています。」

と川島さん。

お天守茶屋では、スタッフの皆さんも
江戸時代の雰囲気を出すために、町娘の着物姿でお客様を
おもてなししています。

川島さんによると、イレギュラーでお殿様が登場することもあるそうです。

お天守茶屋の特徴として、
リニューアルした際、厨房が設置され、ドリンクやフードを提供
できるようになったそうです。

IMG_0518.jpg

オリジナルメニューとして、
麺類では、トッピングの違いで
「殿様」「家老」「姫様」「足軽」「腰元」
「御庭番」
といったラインナップがあります。

夏の冷たいメニューとして
「御庭番ぶっかけ冷やしうどん(そば)」
6月から登場。
きざみ海苔、きざみネギ、梅鶏をボイルしほぐしたものが
トッピング。

お好みで揚げ玉を載せていただいても、
柚子胡椒を溶かしても美味しくいただけます。

ほかに、黒沢牧場のソフトクリームに
和歌浦せんべいの砕いたものを入れ
備長炭クッキーをトッピングした
「こでまりソフト」も人気です。


IMG_0520.jpg

ところで、お天守茶屋では、7月13〜15日までの3日間、
「お天守夏祭り」を開催。

具体的な内容はこれから決められてゆきますので
楽しみにお待ちください。


「お天守茶屋」は年中無休です。
ただし、台風などの荒天によりやむを得ず
閉店することもあります。ご了承ください。

IMG_0519.jpg

営業時間は、午前9時から午後5時半まで。
麺類は10時から午後4時までの販売となります。

和歌山城にお越しの際は、是非お立ち寄りくださいね。


「お天守茶屋」はこちらをクリック!


明日は「まちかど通信I」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする