2017年06月14日

6/14放送 家庭で出来る「食中毒予防」のポイント☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「家庭で出来る食中毒予防」について
和歌山市保健所 生活保健課
食品保健班の辻本聡美班長にお話を伺いました。

食中毒予防6つのポイント-1.jpg

食中毒は、飲食店などでの食事だけでなく
家庭でも発生しています。
平成28年度の厚生労働省の統計では、
全体の約1割が家庭での食中毒でした。

食中毒の原因となる細菌は、目には見えないため
どこにいるかわかりませんが、
私たちの周りの至るところに存在している可能性があります。
しかし、細菌の種類が違っても、基本的な予防方法をきちんと守れば
食中毒を予防することが出来ます。
3つの原則、6つのポイントで、食中毒を防ぎましょう。

食中毒を引き起こす主な原因は「細菌」「ウイルス」です。
細菌が増殖するためには、3つの要素が必要です。

栄養=人にとって栄養となる食品は、細菌にとっても栄養源になります。
また、調理器具に残った食品残さや汚れも細菌にとって栄養源になります。

水分=細菌は、食品中の水分を利用して増殖します。
水分のない場所では、細菌は増殖できません。

温度=ほとんどの細菌は10℃〜60℃で増殖し、
特に30℃〜40℃で急速に増殖します。

この3つの要素が揃い、時間が経つと、
細菌が増殖し、食中毒が発生する可能性が高くなります。
このため、細菌が原因となる食中毒は、
気温と湿度が高くなる夏場に多く発生しています。

食中毒は、その原因となる細菌やウイルスが食べ物に付着し、
体内へ侵入することによって発生します。
細菌が原因となる食中毒を防ぐために、
細菌を食品に「つけない」
食べ物に付着した細菌を「増やさない」
食品や調理器具に付着した細菌を「やっつける」
という3つのことが原則となります。

家庭でできる「6つのポイント」とは
@「食品の購入」
肉・魚・野菜などの生鮮食品は新鮮なものを購入しましょう。
標示のある食品は、消費期限などを確認し購入してください。
購入した食品は、肉汁や魚などの水分が漏れないように
ビニール袋などにそれぞれ分けて包みましょう。
冷凍や冷蔵が必要な食品は、購入したら寄り道せず、まっすぐに
持ち帰るようにしましょう。

A「家庭での保存」
持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
冷蔵庫や冷凍庫は詰めすぎないようにしましょう。
目安は7割程度です。
肉や魚などは、ビニール袋や容器に入れ、冷蔵庫の他の食品に
肉汁などがかからないようにしましょう。

B「下準備」
調理を始める前に、せっけんでしっかり手を洗いましょう。
また、生の肉、魚、卵を取り扱ったあとなど
こまめに手を洗ってください。
タオルやふきんは、清潔なものに交換し、包丁やまな板などは
洗って消毒してください。
肉用、魚用、野菜用と別々にそろえて使い分けると更に安全です。

C「調理」
ここでもまず手を洗いましょう。
加熱して調理する食品は充分に加熱しましょう。
目安は、中心部の温度が75℃で1分間以上です。
電子レンジを使う場合は、均一に加熱されるように
時々かきまぜましょう。
調理を途中でやめるようなときは、冷蔵庫に入れてください。

D「食事」
食卓に着く前に手を洗いましょう。
清潔な手で、清潔な器具を使い、清潔な食器に盛り付けましょう。
料理は、室温に長時間放置しないでください。

E「残った食品」
残った食品を扱う前にも手を洗い、清潔な器具、食器を使って
保存しましょう。
料理を温めなおす時も、十分に加熱しましょう。
時間が経ったものや、ちょっとでも怪しいと思ったら
食べずに思い切って捨ててください。

家庭での食中毒を防ぐのは、食材を選び、調理する皆さんです。
食中毒は、簡単な予防方法をきちんと守れば予防できます。
これらもポイントをきちんと行い
家庭からの食中毒をなくしましょう。

詳しくはこちらをクリック!



明日は「小学校訪問J」です。
お楽しみに。
posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

6/12放送 「和歌山市協働推進委員会委員」公募とボランティア登録☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は「和歌山市協働推進委員会委員」公募
ボランティア登録について
市民協働推進課の鈴木雄太さんにお話を伺いました。

「協働」とは
「公益という共通の目的のもとに、
行政と市民(市民公益活動団体など)が、
お互いの立場を認めながら、対等な関係で連携協力し、
地域課題や社会的課題の解決に当たる取り組みです。

和歌山市では、
「多様な主体が担う協働のまちづくり」の実現に向けて
様々な施策に取り組んでいるところですが、
市民公益活動団体行政協働指針
の進捗状況を評価し、また、協働推進計画の立案
及び、その目標達成状況の評価を行うなど
本誌における協働推進に必要と考えられる事項を検討するため
協働推進委員会を設け、
その委員として市民公益活動や
協働に関する専門家に加わっていただくほか、
今回、市民の視点での意見を求めることを目的に
市民委員を募集します。

委員となられた方は、この委員会に出席して、
指針や計画案に対して幅広い視点で意見を述べていただきます。
平成29年度においては、協働指針改訂
第3次となる協働推進計画策定を予定しています。

今回の募集人数は2で、
応募資格は
和歌山市に住所を有する20歳以上の方です。

そのうち、市の付属機関の委員、
または、国・地方公共団体の職員、常勤委員でない方で、
市の施策に関心があり、
協働推進について意見をお持ちの方です。

応募方法は、住所、氏名、年齢、性別、勤務先、応募動機などを
記載した申込書に
「今後における協働のまちづくりの重要性について」
をテーマとした
1200時程度の小論文を付けて、
619までに郵送またはEメールで市民協働推進課まで
お申し込みください。

応募のあて先は、
〒640-8033 和歌山市本町2丁目1番地 フォルテワジマ6階
市民協働推進課まで。
(メールアドレス shiminkyodo@city.wakayama.lg.jp)

応募いただいた小論文などをもとに、選考委員により審査を行い
市民委員を決定します。
審査結果については、応募者全員にお知らせいたします。

詳しくはこちらをクリック!


「和歌山市ボランティア登録制度」について
和歌山市では、ボランティア活動を希望されている方に対して
ボランティア登録制度を実施しています。


CCI20170611.jpg


登録を行っていただいた方に対し、
随時ボランティア参加の案内を送付します。

たとえば、毎年3月に行われる「和歌山城の大掃除」や、
11月に行われる「岡公園の大掃除」といったボランティアの
募集となります。
特に若者のボランティア活動を推奨していますので、
学生の方のご登録をお待ちしています。

お問い合わせは、
☎073-402-1213(市民協働推進課)まで。
(ただし、金曜日と祝日を除きます)

詳しくはこちらをクリック!

鈴木さんは
元気な和歌山市を実現できるよう
取り組んでいきたいと考えていますので、
多くの皆さまご応募・登録をお待ちしています。」

と呼び掛けています。


明日は「小学校訪問I」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

6/7放送 「がん検診無料クーポン券」の発送について☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は、今年度の「がん検診無料クーポン券」
発送について
和歌山市保健所 地域保健課の高垣沙也加さんに
お話を伺いました。

IMG_0761.JPG

日本人の死因第1位である「がん」は、
現在、2人に1人が罹患するといわれています。

がんは早期発見が治療への重要なポイントとなりますが、
自覚症状が現れたときには、すでに病状が進行していることが多く
健診で早期発見につなげることが大切です。

和歌山市では、健康増進法や国の指針に基づき、
胃がん・肺がん・大腸がん・子宮頸がん・乳がん
5つのがん検診を実施していますが、
健診の受診率は、和歌山県や国全体に比べ、
低い状況にあります。

厚生労働省では、がん対策の総合的かつ計画的な推進を
図るため、「がん対策推進基本計画」を策定しています。
その中で、胃がん・肺がん・大腸がん・子宮頸がん・乳がんの
健診受診率の目標を50%に掲げ、さまざまな取組を行っています。
そのひとつが、「がん検診無料クーポン券」の配布です。

今年度無料となるのは。
「子宮頸がん」「乳がん」検診です。

いずれも、平成29年4月1日現在の年齢で、
対象となっている方に無料クーポン券を送付しています。

子宮頸がんは、20歳の女性。
乳がんは、40歳の女性が対象です。
また、40歳の方全員に「肝炎ウィルス検査」の無料受診券を
お送りしますので、こちらも是非ご利用ください。

CCI20170606_0002-001.jpg

無料クーポン券は、5月30日に発送しましたので、
6月中にはお手元に届く予定です。

無料クーポン券には、有効期限があり、
平成30331までとなっています。
期限終了前には大変混雑しますので、
お早目にご利用ください。

高垣さんは
「がん検診は定期的に受診すること。
また、検査の結果、精密検査が必要と判断された場合は
必ず、精密検査を受診して治療につなげることが
とても重要です。
クーポンがお手元に届いた方も、
今年度はクーポンの対象ではない方も、
ご自身のため、大切な方たちのため
がん検診を受診してください。」

お問い合わせは、
☎073-488-5121(和歌山市保健所・地域保健課)まで。

詳しくはこちらをクリック!


明日は「小学校訪問H」です。
お楽しみに。
posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする