2020年04月01日

4/1放送 新型コロナウイルス感染症関連のお知らせ

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

新型コロナウイルス感染症
に関連して、和歌山市からのお知らせです。

◎詐欺に注意!
新型コロナウイルス感染症に便乗し、厚生労働省を装い「費用を肩代わりするので検査を受けるように」などと言い、個人情報を聞き出そうとされたという詐欺の事案が増えています。厚生労働省では、このような連絡を自宅にすることはないので個人情報などを聞かれた場合は注意してください。今後、新たな詐欺の手口が発生する可能性があります。少しでもおかしいと感じた場合は一人で悩まずに、消費生活センターまでご相談ください。
和歌山市消費生活センター 073−435−1188


◎窓口の混雑緩和と郵送での手続きについて
また、毎年3月中旬から4月上旬にかけて、お引越しに伴う住民異動の届出で窓口が大変混雑します。市内7か所のサービスセンターを利用いただいたり、郵送でできる手続きについては郵送で行うなど、感染拡大の防止にご協力くださいますようお願いします。詳細は和歌山市ホームページ、ページ番号「1027767」をご確認ください。(⇒こちら☆


◎感染予防について
新型コロナウイルスの感染を予防するために、インフルエンザや風邪の予防と同じで、手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染対策が有効です。妊婦、高齢者や基礎疾患のある方は、人混みや不要不急の集まりを避けていただくようお願いします。発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み、毎日、体温を測定するなど、健康管理に努めてください。
 新型コロナ対策.png


◎相談窓口
感染予防や、健康不安などに関することについては、和歌山市新型コロナウイルス電話相談窓口にご相談ください。
和歌山市新型コロナウイルス電話相談窓口
 電 話 073−488−5112
 FAX 073−431−9980
(受付時間は平日9:00〜17:45です)

風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている場合、強いだるさや息苦しさがある場合、 また高齢者や基礎疾患等のある方で先ほどの状態が2日程度続く場合は、帰国者・接触者相談センターにご連絡ください。
和歌山市帰国者・接触者相談センター
 電 話 090−9870−5112
(受付時間は平日9:00〜17:45です)
 ※時間外・休日も対応しています。

 FAX 073−431−9980
(受付時間は平日9:00〜17:45です)

◎最新情報
新型コロナウイルス感染症に関する最新情報は、
 ・厚生労働省のホームページ(⇒こちら☆
 ・和歌山市のホームページ(⇒こちら☆
等に掲載しておりますので、ご確認下さい。
市民の皆様におかれましては、正しい情報を確認し、
過剰に心配することなく適切な行動をとるようにお願いします。
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

3/31放送 「救命講習」について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日は暮らしのゲンキをお送りします。
救命講習について、警防課の有松和彦さんにお聞きします。
0331救命講習2.jpg

 ◎ 令和2年度 救命講習

Q 救命講習の目的は?
怪我や急病になった人が発生した場合、その場に居合わせた人が応急手当を行えば、その方の救命効果が向上し、治療の経過にも良い影響を与えます。このような緊急事態に遭遇した時に、適切な応急手当を行うことができる知識と技術を身につけておくことが大切になります。尊い命を救うため、一人でも多くの人に応急手当を行ってもらえるよう講習会を開催しています。令和元年中、7000人以上の市民の方に受講していただきました。

Q 「普通救命講習」と「上級救命講習」の違いは?
普通救命講習は、成人に対する心肺蘇生法とAEDの取扱いに加えて、異物除去と大出血に対する止血方法を3時間かけて行います。
上級救命講習は、普通救命講習の内容に加えて、乳幼児の心肺蘇生法、保温や体の姿勢などの傷病者管理方法、骨折、やけど、熱中症などの応急手当方法、傷病者の搬送や担架作成方法などを8時間かけて行います。

Q 救命講習は何回開催される?
令和2年度は個人参加の方を対象に普通救命講習6回、上級救命講習3回を予定しています。詳しくは、和歌山市消防局のホームページや市報わかやま3月号をご覧ください。また10名以上の団体であれば、個別に救命講習の依頼を受けさせていただいております。
0331救命講習.png

Q 新型コロナウイルス感染症の影響は…?
4月以降に予定している講習会の受付は始まっておりますが、新型コロナウイルス感染症の流行状況により、講習会を中止とさせていただく場合もありますのでご了承ください。

受講申込書は和歌山市のホームページからダウンロードできます。多くの方に救命講習を受講していただき、私たちとともに、救命のためにご協力をお願いたします!

■お問合せ先
 ・和歌山市消防局警防課 073−428−0119
 ・和歌山市のホームページ(⇒こちら☆
0331救命講習3.jpg
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

3/30放送 「栄養教室」について

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

月曜日は暮らしのゲンキ。
今日は「栄養教室」について
西保健センターの森倉美月さんにお聞きします。
0330栄養教室.jpg

  令和2年度 栄養教室

地域の方に食生活の改善を図ってもらうことで豊かな暮らしにつなげ、健康の保持増進をお手伝いするため開催しています。毎回、「朝ごはん」や「減塩」「マタニティクッキング」など様々なテーマを設定しお話と調理実習を行っています。例えば「マタニティクッキング」では、妊婦さんの時期に気を付けたい食事のポイントや、これから生まれるお子さんのために日頃の食事で何をどれだけ増やしていくことになるのかをお話しした後、鉄分の多い料理を作って皆さんで少しずつ試食していただくような内容です。「マタニティクッキング」には、妊婦さんだけでなく貧血が気になる方にも例年ご参加いただいています。

◇日程:次回開催の可否は未定です。
 (和歌山市のホームページや
  市報わかやまをご覧ください)

◇時間: 13:30〜15:30

◇場所:市内4か所の保健センター

◇対象:和歌山市在住の方

◇持ち物:筆記用具・エプロン・三角巾・タオル

◇参加費:無料

◇定員:25名程度

◇申込み方法:
  開催日の1週間前までに各保健センターへお電話
  ください。(申込み多数の場合は抽選)

◇お問合せ先:
 ・中保健センター 073−488−5122
 ・北保健センター 073−464−5051
 ・南保健センター 073−499−5566
 ・西保健センター 073−455−4181
 ・和歌山市のホームページ(こちら☆

テーマに関わらず、「お料理のレパートリーを増やしたい!」という方にもご参加いただいています。ぜひお申込みください☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする