2017年06月26日

6/26放送 「市役所お仕事紹介」〜資産税課☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
「市役所お仕事紹介」
今回は資産税課をご紹介、
江川佳奈(えがわかな)さんにお話を伺いました。


IMG_1071 (1).JPG


資産税課では、固定資産税に関する事務を行っています。
まず、固定資産税とは、毎年1月1日の賦課期日に
土地や家屋、償却資産を所有している方にかかってくる税金です。

資産税課は土地班、家屋班、管理償却班
3つに分かれています。

土地、家屋については、3年ごとに
評価を見直す評価替えをします。
土地班、家屋班では平成30年度の評価替えに向けて、
調査を行っています。

償却資産とは、会社や工場の経営、アパートの貸し付けなど、
事業を行っている方が所有している事業用の機械や備品をいいます。
償却資産については所有者の方からの申告に基づいて、
管理償却班で毎年評価をし、価格を決定しています。

江川さんが所属している管理償却班では、
償却資産に関する事務のほかに、窓口の受付や手数料の管理、
また、税証明の郵送請求の対応など、
さまざまな業務を行っています。

その中で、江川さんの担当は、
和歌山市に土地や家屋を所有している方が亡くなられたときに、
名義変更がされていないものについて、
翌年度からの納税通知書を相続人の方に送付できるように、
固定資産税納税義務者変更する業務をしています。

具体的には、相続人の方々にお手紙を送付したり、
窓口や電話でご相談を受けたり、
相続人の方を探すために戸籍調査をすることもあります。

大変だと思う点は、
固定資産税の知識だけではなくて、
相続に関する手続きや法律についての知識も必要になってくるので、
まだまだ勉強不足だと感じることが多いことです。

わからないことがあれば、その都度調べたり、
先輩に確認したりして、
次につながるように知識を身につけることを心がけています。

仕事のやりがいとしては、
市民の方と相続についてのお話をすることが多いのですが、
突然のことだったり、あまり聞きなれないということで、
不安を感じている方も多くいらっしゃいますので、
そういった不安を少しでも解消していただけるように、
丁寧わかりやすい説明をするようにしています。


ありがとうと声をかけていただいたり、
市民の方の生活を支えていると感じることができたときに
やりがいを感じます。

最後に一言。
「固定資産や償却資産など、資産税に関わることで
わからないことがありましたら、どうぞお気軽に
市役所本庁舎2階の資産税課までお問い合わせください。」


資産税課は、☎073-435-1037です。

詳しくはこちらをクリック!


明日は「小学校訪問L」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

6/21放送 シリーズ「南方熊楠生誕150周年」C〜熊楠の教育環境☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

水曜日は「暮らしのゲンキ」です。
「南方熊楠生誕150周年」シリーズ
4回目の今日は「熊楠が受けた教育環境」について
和歌山城 整備企画課
学芸員の武内善信さんにお話を伺いました。



南方熊楠生誕150周年記念ロゴマーク.jpg


江戸時代の城下町和歌山は、
本屋さんの数が全国で5〜6番目に多かったようです。
当時、三都といわれた、江戸・大阪・京都が最も多く、
次いで尾張名古屋、そして、
紀州和歌山、仙台が肩を並べる位の数だったようです。

当時の本屋さんは、単に本を売っているだけではなく
文房具を売ったり、貸し本業も営んでいました。
さらに、出版業も行っていたようです。

今でも、残っているのは和歌山市の「帯伊書店」
帯屋伊兵衛(おびやいへえ)氏が「紀伊国名所図会」を
自ら出版したという和歌山市最古の有名な書店です。

ところで、当時、熊楠の周りには、このような本屋さんが
至るところにあったようです。
このため熊楠は、本を目にする機会が多く、
熊楠がとても興味を示し、
のちに書写した「和漢三才図絵」
友だちの家が本屋さんだったことで目にしたようです。

ところで、「和漢三才図絵」は、150ほどある広大な書物。
お値段も当時で7
今でいうと、10万円以上する高価な書籍です。

熊楠の当時の記録から、
父親に買ってほしいとねだったが商売人の父親からは
買えないと断られたと記されており、
熊楠は、本屋の友だちの家にあった「和漢三才図絵」を
借りてきて書写したようです。
また、他にも「和漢三才図絵」を所有する友人がいたりと
買えなくても、借りたりして、
書写する機会に恵まれていたようです。

それだけ、当時の城下町和歌山文化レベル
とても高かった
といえます。

良く昔から、「熊楠」は
「熊野」の「熊」という字が入っているため、
熊野の生まれでは?と言われていますが、
もしも、熊野の山奥で生まれていたなら、
そのような「和漢三才図絵」にも出会えなかったかもしれないし、
もう少し早く生まれていれば、
兄がそうだったように、商人の道に進み、
学問の道は閉ざされていたかもしれない。

熊楠が、この時代に城下町和歌山に生まれたことは、
熊楠にとっては、とてもラッキーで大きな意義のあったことです。


明日は「幼稚園訪問」です。
お楽しみに。
posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

6/19放送 「第17回 和歌浦ベイマラソンwithジャズ」開催☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」
今日は
「第17回和歌浦ベイマラソンwithジャズ」
開催
について
スポーツ振興課の住岡克己さんにお話を伺いました。


IMG_0448.JPG


和歌浦ベイマラソンはwithJazzは、
「マラソン」「ジャズ音楽」を融合させた
ミュージックマラソン

今年で17回目となります。
和歌山市内の方はもちろん、県外から
毎年多くのランナーをお迎えしています。
走ること、音楽を通じて心も身体もリフレッシュしていただき、
和歌浦の素晴らしい景色もお楽しみいただきたいと思います。

今大会は、1112(日)に開催します。
例年10月第4週の日曜日と定着していましたが、
今大会は、ランナーの皆さんに最適な気候で、
心地良く走っていただきたく、11月の開催となりました。

前回ご参加いただいた皆さんは、日程が変更となっていますので
ご注意ください。
会場は、和歌山マリーナシティがメイン会場となっています。
ハーフマラソンにご参加の方のみ。
和歌浦会場がスタート地点、マリーナシティがゴールとなっています。

種目は、
ハーフマラソン・10キロ・5キロ・3キロ・2キロジョギング
小中高校生やご高齢の方、小さなお子様と一緒に家族での参加、
お友達同士でも楽しんでいただける様々な部門がありますので
皆さん、是非ご参加ください。

申し込みは、7月1日から開始します。
申し込み方法は、
インターネット、携帯サイトからのネット申し込みと、
郵便局の専用振込用紙による申し込みの2つの放送があります。
ネット申し込みの締め切りは、8月31日(木)まで
郵便振替は、8月10日(木)となっています。

申し込み用紙は、市役所や各体育館、コミセンなどにあります。
まずは、インターネットでのお申し込みに
皆さんのご協力をお願いいたします。
12000で締め切りとなりますので、お早目にお申し込みください。


ネット申し込みはこちらをクリック!


各コースには、ジャズライブステーションが設けられます。
ゴール後には、みかん・梅干しを皆さんにお配りしています。

住岡さんは、
「今大会も、12000と、
皆さんに楽しんいただける大会を目指します。
皆様、是非ご参加ください。お待ちしています。」

と多くの参加を呼び掛けています。

詳しくは、
☎073-435-1364(スポーツ振興課内
withジャズ実行委員会事務局)
まで。


明日は「小学校訪問K」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする