2021年07月22日

7/22放送 もっと知りたい!紀の国わかやま文化祭

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今年の秋開催の「紀の国わかやま文化祭2021 」で行われる
カダハク2021 」 について 、
主催者の加太地域活性化協議会と共に取り組んでいる、
岩田企美子さん佐竹幸さんにご出演していただきます。
よろしくお願いいたします。

カダハク.jpg

Q :「 カダハク2021 」とは、どのような内容なのでしょうか?教えてください。

海や⼭などの美しい⾃然。修験の⾏場、軍事遺構としての砲台跡など、豊かな地域資源がある加太・友ヶ島を舞台に歴史、⽂化、⾃然を感じることのできる展⽰やイベントを⾏います。

内容としましては、アーティストによる「友ヶ島アート展⽰」、加太の歴史や⽂化、まちの魅⼒を展⽰、紹介する「みんなでつくる博物館」、
アートを体感できる「みんなでつくる壁画アート」などを開催いたします。


Q 「 友ヶ島アート展示 」とはどういった展示でしょうか?

友ヶ島の「修験」「軍事」「⽣活」の3つの側⾯が想起されるアート作品をアーティストに制作していただきます。

監修は、東京⼤学 ⽣産技術研究所准教授 川添善⾏⽒でアーティストは堤有季⽒、岡崎由璃⼦⽒、⽯⽥真也⽒の3名になります。今年の2⽉に川添⽒と町の⼈の案内で、加太の町と友ヶ島をアーティスト3名には視察していただき、歴史や⾃然を体感していただきました。友ヶ島をイメージする作品を現在制作していただいております。アート作品は10⽉30⽇(土)からの展⽰になります。

Q「みんなでつくる加太博物館」やイベントとは具体的にどういったものですか?


「みんなでつくる加太博物館」は 、 加太の歴史や祭りや漁業など 加太の魅力 をパネルや写真等で展示し 、 同時に加太にまつわる動画などを上映します。 会場は加太交流センターで 10月30日(土)〜11月21日(日)まで開催しています。

また、アーティストと一緒に参加できる「みんなでつくる壁画アート 」 、加太のまちを仮装して巡る 「加太 ハロウィンウォークラリー 」 、語り部さんと一緒に修験の道を行く 「友ヶ島と加太の地を巡る がっつり 修験の道コースウォーク 」 、加太の海藻を使った食育ワークショップといった「 加太海藻フェスティバル 」 などを開催します。
各イベントの日程は、随時HP等でお知らせします。
(詳しくはこちら☆

Q 最後に「紀の国わかやま文化祭2021 カダハク2021 」について PR をお願いします。

カダハク2021では、豊かな地域資源を有する加太・友ヶ島を舞台に、歴史、文化、自然を感じることのできる展示やイベントを実施します。
ぜひ、この機会に加太・友ヶ島の魅力を体感しに来てください。

2021カダハク.jpg

【お問い合わせ】
和歌山市文化振興課  ☎073−435−1194
(詳しくはこちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| もっと知りたい!紀の国わかやま文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月29日

6/29放送 もっと知りたい!紀の国わかやま文化祭

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今年の秋開催の「紀の国わかやま文化祭2021」で行われる
わかやま・いけばな芸術展〜きのくに花回廊〜」について、和歌山県いけばな協会会長岡田芳和さんにご出演していただきます。よろしくお願いいたします。

いけばな.jpg

Q:早速ですが、「わかやま・いけばな芸術展〜きのくに花回廊〜」とは、どのような内容なのでしょうか?

日本全国からお招きした有名ないわゆる家元を中心にした華道家による作品を、この度新しく建築される和歌山城ホールに展示します。そして、和歌山県いけばな協会所属会員による作品展を近鉄百貨店和歌山店で開催させて頂きます。

Q:今年のいつ、どこで開催されるのでしょうか。

和歌山城ホールでの展示は、11月13日 (土) と11月14日 (日 )の2日間開催いたします。朝10時から夜6時までご覧いただけます。

近鉄百貨店和歌山店でのいけばな展は、5階の催事場で、
11月11日(木) 〜 11月15日(月) にかけて開催され、百貨店の営業時間(朝10時から夜7時)にご覧いただけます。両展覧会ともに入場は無料となっていますのでご自由にご観覧ください。

Q:他にもいけばなのイベントがあるんですよね。

なるべく沢山の方にいけばな文化に直に触れていただくために、県内各所で出前体験教室を実施しています。また、今年の秋の「紀の国わかやま文化祭2021」にて、ビッグホエールで開催されます「食と芸能の祭典」において、ワークショップを行います。

また、「わかやま・いけばな芸術展〜きのくに花回廊〜」の開催期間と重なりますが、その時に近鉄百貨店和歌山店 4階の別の特設会場において、11月13日( 土) と11月14日(日) の2日間、県内の支援学校の生徒さんたちによる、いけばな作品を展示させて頂きます。この特設会場における展示作品には、障害者就労支援作業所で制作していただいた陶器を使用させて頂きます。

そして、お花を生ける際には、いけばな協会の会員もお手伝いをさせてもらっています。また、このいけばな展では非常に珍しいのですが、「触れるいけばな」ということで、直に手で触って頂くいけばなを展示したいと思います。☆入場は無料ですのでご自由にご観覧ください。

ikebana.jpg
(紀の国わかやま文化祭2021HPより)

Q:いけばなの魅力について教えてください。

日本が誇る伝統文化であるいけばなの魅力は、命のあるものとして、花や木、植物と向き合い、四季折々の草花や樹木の美しさを花器の上で人間の手を加えることによって表現することで、見ていただく人のこころに訴えかけるだけでなくて、自分自身のこころと向き合っていただけたらと思います。

コロナ禍でにおいても、日本が世界から賞賛される、日本人特有の美しい徳・美徳を培った背景にはいけばなをはじめ、日本の伝統文化、いけばなは伝統生活文化となりますが、華道の果たした役割は大きかったのではないかと考えています。コロナ禍で苦しい今だからこそ、いけばなを通じて、こころに豊かなうるおいと暮らしに余韻・潤いを感じていただけるような展覧会・行事に出来ればなと思います。


いけばな.png

【お問い合わせ】
和歌山市文化振興課  ☎073−435−1194
(詳しくはこちら☆

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| もっと知りたい!紀の国わかやま文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月17日

6/17放送 もっと知りたい!紀の国わかやま文化祭

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今年の秋開催の「紀の国わかやま文化祭2021」で行われる
和歌の聖地 和歌の浦魅力探訪」について、
和歌山市文化振興課より猪原健司さんにご出演していただきます。

和歌の浦.jpg
(紀の国わかやま文化祭2021HPより)

Q:早速ですが、「和歌の聖地 和歌の浦魅力探訪」とは、どのような内容でしょうか?

 古来より万葉人が憧れた和歌の聖地であり、日本遺産でもある和歌の浦の魅力を広く知ってもらうために、地域の歴史、文化、ルーツを体験してもらえるようなイベントを実施します。イベント内容は、平安、鎌倉の歌聖と言われた藤原俊成(ふじわらのとしなり)、定家(ていか)父子(おやこ)を祖先に持つ「和歌の家」であり、冷泉流歌道を伝承する冷泉家による、和歌を詠み節をつけて歌う和歌披講の公演や和歌の浦の魅力についてのトークイベント、和歌を詠んで奉納するワークショップ、和歌の浦周辺を散策しながら写真を撮影するフォトウォーク、そして、和歌の浦に関する写真などの展示会を予定しております。

Q:今年のいつ、どこで開催されるのでしょうか?

 冷泉家による和歌披講及び和歌の浦の魅力トークイベントは、11月7日 (日) に 玉津島神社で開催されます。和歌奉納ワークショップと和歌の浦フォトウォークは、11月3日 (水)の祝日に、玉津島神社及びその周辺にて開催されます。また、和歌の浦に関する写真等の展示会は、11月3日〜11月8日にかけて、和歌の浦アート・キューブにて開催されます。

Q:イベントへ参加するにはどうすればいいですか?

 イベントへの参加者は、事前に募集いたします。応募方法等については、7月以降に、和歌山市HPに随時掲載しますので、ご覧いただければと思います。また、和歌の浦に関する写真などの展示会に展示する写真の募集についても、7月以降に、和歌山市HPに情報を掲載しますので、ご確認ください。

Q:最後に「紀の国わかやま文化祭2021 和歌の聖地 和歌の浦魅力探訪」について改めてご紹介をお願いします。
 

今回の「和歌の聖地 和歌の浦魅力探訪」では、古代から現在に至るまで大切に守り続けられている和歌の浦の歴史、文化等を再発見していただけるイベントが沢山開催されます。皆様にはぜひ、イベントに参加していただき、和歌の聖地 和歌の浦の魅力に触れていただきたいと思います。

和歌の聖地 和歌の浦魅力探訪」の詳細情報については、和歌山市HPをご覧ください。また、各イベントへの参加方法については、7月以降に、随時和歌山市HPに掲載していきますので、ご確認いただきますようお願いいたします。


【お問い合わせ】
和歌山市文化振興課  ☎073−435−1194
(詳しくはこちら☆

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☔| もっと知りたい!紀の国わかやま文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする