2019年01月31日

1/31放送「まちかど通信36」〜公園の美化活動でわかやま環境賞・特別賞「西浜婦人会」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信36」
今回は雑賀地区をご紹介しています。
今日は、60周年を迎えた「西浜婦人会」の取り組みについて
37年間にわたって会長をつとめる
堰本信子さんにお話を伺いました。


堰本さん2.jpg


西浜婦人会の主な取り組みで永く続けているのが
高津(たかつ)公園の清掃・美化活動です。

「もう何十年も続けています。」とおっしゃる堰本さん。
調べてみると昭和56年(1981年)から。
今年で、38年になります。


高津公園3.JPG

雑賀小学校の南側、星林高校の東側にある「高津公園」は
地区の皆さんの憩いの場所。
この高津公園の清掃活動と花壇のお手入れ、花の植え替えや水やりを
西浜婦人会の皆さんが続けています。

夏の暑い時は、朝夕2回の水やりが必要だそうで、
お世話をするのも大変です。
しかし、道行く人たちが、
「ご苦労さま」
「お花可愛いですね」
と声をかけてくださることが
とても嬉しいとおっしゃいます。

「通る人の和みになれば」という思いで
活動を続けていらっしゃいます。

高津公園4.JPG

高津公園5.JPG

その永年の活動が評価され、昨年(平成30年度)
わかやま環境賞特別賞に選ばれました。

「これも励みになっています。
知事から賞をいただいたときは皆で写真を撮って来ました。
大喜びをしています。」



ところで、雑賀地区では毎年お盆の2日間、地区をあげての
「盆踊り」が開催されています。

この2日間は、小さなお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで
500人もの皆さんが集います。

この時も西浜婦人会の皆さんには大きな役割があります。
毎年恒例の、売店です。

輪投げ・ヨーヨー釣り・フランクフルトなどのお店を出しているそう。
毎年恒例なので、この売店を目当てにやってくる子どもたちも多いとか。
そこで、堰本さんたちは、わなげの賞品も同じものにならないように
去年と違うものを用意したりして工夫をされています。

それはずべて
「地域の皆さんに楽しんでもらいたい」
という気持ちからです。

「このように
地域の皆さんが、何かでつながっていく
それが一番大切なことではないかと思うんです。」

堰本さんは、常日頃から地域の皆さんとつながっていればこそ、
独り暮らしの方がどこにいらっしゃるかということもわかるので
例えば、災害が発生しても、一緒に避難できるのではないか?
むしろ、このような人々のつながりを大事にしなかったら、
地域活動はありえない、とおっしゃいます。

高津公園の梅2.jpg


そんな「つながりを大切にー。」という思いから、
雑賀地区では、2年前から
「さえずり会」がスタートしました。

第2第4の日曜日、午後1時30分から4時までの間は
西浜の自治会館に、どなたでもお越しいただける
「おしゃべりをする場」を設けています。

おしゃべりしましょう、という意味で「さえずり会」。

1人でもグループでも、時間内であればいつ来て、
いつ帰っても自由。

最近ではおしゃべりだけでは済まなくて、簡単な手芸なども
行っているそうです。

堰本さんは、
「どなたがいらっしゃらなくても、私は1時半から4時までいます。
もしも、お独りでさみしくされているなら、
さえずり会にお越しください。」


それが堰本さんの願いです。

スタートした年は391人の方が来られ、
昨年はちょうど300人。

「今年は何人の方が来られるのか楽しみです。
これはずっとずっと続けていきたいと思っています。」


IMG_0368[2549].jpg


ところで、放送ではお伝え出来ませんでしたが
毎年3月に開催されている
「和歌山市人権フェスティバル」での
劇団Qによる人権劇は、もうずっと堰本さんが脚本を書かれています。
演じる女優は和歌山市婦人団体連絡協議会の皆さんです。

「劇団Q」はクエスチョンのQ
お答えはそれぞれ皆さんの心の中にあります、という思いで
堰本さんは毎年脚本を書かれています。
今年も3月に「人権フェスティバル」が開催されます。
是非、劇団Qの「人権劇」にもご注目くださいね。


「わかやま環境賞」はこちらをクリック!


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 | まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

1/29放送 「まちかど通信36」〜交通事故のない安全なまち「雑賀地区」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信36」
今回は「雑賀地区」をご紹介。
雑賀地区にお住まいになって40数年。
西浜婦人会の会長を37年間にわたって務めている
堰本信子(せきもとのぶこ)さんにお話を伺いました。

雑賀地区.JPG

堰本さんは、
和歌山県婦人団体連絡協議会会長
和歌山市婦人団体連絡協議会会長
をつとめ、
和歌山西地区交通安全母の会副会長を務めていらっしゃいます。


今日は「子どもたちの見守り活動」
についてお聞きしました。

地域内には、2つの保育園と雑賀小学校、
西浜中学校、星林高校、和歌山工業高校があります。


西浜中.JPG


児童生徒たちの登下校時、
大浦街道や水軒通りなどは、交通量も多く
車で混雑します。

堰本さんたち、交通安全母の会では、
朝、子どもたちの安全を守るために通学路に立って
見守りを行っています。

そんな見守り活動で欠かせないのは「あいさつ」です。

「朝、子どもたちには元気に行ってもらいたいので
下を向いている子には、おはようって声をかけるように
しています。」


それでも黙っていたら、
「おはようって言うのよ。」とさらに話しかけると
「はい。」と言ってくれるそうです。

「もっと、大きい声でね。」と言ったりしながら
子どもたちとコミュニケーションをとるようにしています。


そうすることで、子どもたちも
「だんだん大きな声で挨拶してくれるようになって
ああ、よかったなと思います。」

と堰本さん。

堰本さん.JPG

子どもたちの元気さを見ると、ご家庭も元気なんだなと
安心されるようです。

雑賀地区は、児童生徒の数が多く、通学路も
交通量が非常に多い地域です。

雑賀小学校は市内でも児童の数が多い小学校。
通学路には、交通安全母の会、交通指導員などが立ち、
広い道路にはPTAの方々も率先して立ってくださる、
そうして、こどもたちの安全が守られ、

交通事故がないというのは地区の自慢の一つになっています。

雑賀小学校.JPG

雑賀小学校2.jpg


しかし、交通事故がないまちづくりというのは
日頃からの取り組みがあってこそ。

堰本さんは、永年、地区内で新1年生と保護者を対象とした
「交通安全教育」に取り組んでいることを教えてくださいました。

これは、新1年生になるお子さんと保護者を対象にしていて
学校までの道のりを一緒に決めてもらうことから始まります。

「仮に、急に雨が降ってきてお迎えに行こうとしても
保護者と子どもさんの歩く道のりが違うと、
行き違いになってしまいます。」

と堰本さんはおっしゃいます。

さらに、朝登校する前には、
「いってらっしゃい」だけでなく、

「ここは車が多いから危険ですよ、だからこうしてね〜」
といったように
具体的に子どもさんに話すこと。

そうして、通学路の安全を保護者の方と、地域の皆さんで
見守っているそうです。

せきもとさん.jpg

地域の子どもは地域で守る
まさにこの通りだと思います。
地域の方々が
常に子どもたちのことを気にかけているからこそ
この広い地域、広くて交通量の多いところでも、
子どもたちの安全を見守ることが出来ているんだと思います。」


堰本さんは、誇らしげにお話してくださいました。

明後日木曜日の放送では、
西浜婦人会の取り組みについてお話を伺います。


「雑賀支所」はこちらをクリック!




明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。




posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

1/17放送「まちかど通信35」〜自慢は「団結力の強さ」〜雑賀崎☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信35」
雑賀崎地区をご紹介しています。
雑賀崎地区連合自治会長寺井節次(てらいせつじ)さん
にお話を伺いました。

雑賀崎支所長&会長.JPG
(松下所長・寺井会長)

雑賀崎の風習として今も伝えられている
「ハナフリ」は、
彼岸の中日、
沈む夕日から光の玉が「花が降る」ように見える現象です。

60年ほど前のことですが、はっきりと覚えています。
花束が降ってくるんですよ。
海のほうへ、花束が次々とー。
鮮明に覚えています。」


残念なことに、今では見られないと、寺井さん。
しかし、貴重な「ハナフリ」を体験されたおひとりです。

ハナフリパンフ.JPG


寺井さんが連合自治会長を務めて5年目
地区の自慢は団結力が強いことだそうです。

それは自治会入会率の高さからも伺えます。
自治会入会率は、なんと100%の雑賀崎地区。

「前々から100%です。
民家が密集しているこの地区では、
昔から、たとえばボヤがあっても消防が来るまでに
隣近所の人がバケツの水で消してしまうほど。
大きな火災がないのも自慢の一つです。」


寺井さんは誇らしげに話してくださいました。

しかし、海がすぐそばと近く、急斜面の雑賀崎。
津波からの避難訓練は最重要課題のひとつです。

雑賀崎支所階段から.JPG

「とにかく急斜面、道路が狭く高齢化も進んでいますので
津波からの非難が大変だということで、毎年訓練は欠かしません。
お年寄りの方も頑張って訓練に参加されています。」



坂道が多く、訓練も大変ですが、
寺井さんによると
「坂道が怖くては雑賀崎に住めません」という通り
みなさん、足腰が強いようです。

いざという時には、
団結力の強さで協力し合って乗り切ってほしいですね。


地区の課題についてお聞きしました。

「人口が減っていることと高齢化率が高いこと」
と寺井さん。

そのために、
昔の「ゲンキな雑賀崎」を取り戻そうと、自治会をあげて
みんなで一致団結して取り組んでいます。
そんな中、2017年には、
「雑賀崎まちあるきマップ」を作成しました。

マップ.JPG


雑賀崎小学校6年生の児童たちの手書きのイラストが入ったマップ。
名所や名物などがわかりやすく紹介されています。

これは、和歌山大学観光学部雑賀崎小学校
地元の自治会が協力して作成したものです。


マップ2.JPG


「子どもたちのイラストは見事な出来栄え」と
と寺井さんも満足な様子です。

マップが功を奏したのか、最近では観光客も増え、
漁船からの魚の直接販売が人気です。
「和製アマルフィ」といわれる景色を見ながら鮮魚を船から直接買うー。
県内外から多くの方がこの直接販売に訪れているようです。

雑賀崎漁船.JPG

雑賀崎ハタ売り.JPG


日本のアマルフィ2.JPG

そして、このほかに人気なのが
雑賀崎の美味しいもの。

寺井さんのおすすめは、直接販売されるアシアカエビは、
焼いても煮ても、どんな食べ方をしても美味しいとのこと。

また、よもぎの串団子「おおやさ」は明治時代から伝わる
雑賀崎の銘菓です。
ほかにアセの葉でくるんだ「アセ寿司」も美味しくて人気です。


アセ寿司.JPG


寺井さんは
人情深いところ、景観が素晴らしいところを
堪能していただけますので、
ぜひ雑賀崎に遊びに来て下さい。」

と多くの来訪を呼び掛けています。


雑賀崎のお魚.jpeg
(南くるみがいただいてきたお魚〜鱗取り中)

雑賀崎のお魚で煮つけ.JPG
(煮つけにしました〜美味しかったです)


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする