2019年02月07日

2/7放送「まちかど通信37」〜防災公園の清掃と避難訓練〜中之島地区☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信37」
今回は中之島地区をご紹介しています。
今日は、連合自治会長として6年目。
中之島地区連合自治会長 白井公雄(まさお)さん
お話を伺いました。

IMG_0398.JPG

平成29年5月に、和歌山市で初めての防災公園
中之島地区にできました。

JR紀和駅前の「紀和駅前公園」です。
紀和駅の高架下を利用した全長700メートルの細長い公園です。

IMG_0418.JPG


「防災公園」というだけあって、
公園内の遊具などにもさまざまな工夫が凝らされています。

例えば、大きなホロを被せると、すぐに泊まることが出来たり
救護所としても活用できる「防災パーゴラ」

IMG_0405.JPG


非常用のコンロになるベンチ。

IMG_0401.JPG

IMG_0404.JPG

また、災害時のトイレも数多く整備されています。

IMG_0413.JPG



大地震などいざという時の避難所になるこの公園は、
避難者にとってとても便利な公園です。

そこで、地区の皆さんもこの公園を大切にしています。

駅前とあって、中之島地区の玄関口になる公園。
自治会や各種団体の皆さんで、週に1度など定期的に清掃を行って
とても美しく保たれています。

IMG_0408.JPG

近くの企業や個人の方で、熱心に毎日掃除される方も
いらっしゃるようです。

また、この公園が出来て、地区の皆さんの防災への意識を高めようと
昨年11月11日(日)に、中之島地区連合自治会をはじめ、
消防団・防火委員会、婦人会、婦人防火クラブなどの協力のもと、
初めての自主避難訓練が行われました。

「おかげさまで329人の方にご参加いただきました。
今後は毎年1回チームワークがとれるような訓練を
行ってゆきたいと思います。」

と白井さん。

多くの皆さんが参加された防災避難訓練。
新たな課題も見えてきたようです。

「中之島地区には、従来の避難場所である小学校だけでなく
県立体育館防災公園もあります。
どれも活用できるように考えていくことが課題ですね。」

とおっしゃいます。

IMG_0411.JPG


ところで、中之島地区では、毎年7月14日・15日に
志磨神社で行われる夏祭りが有名です。

和歌山市内でも、港まつりに次いで、多数の夜店売店が出店され
家族連れや子どもたちが楽しむお祭りです。
白井さんが子どものころにはすでに行われていたとのこと。

また、神社の境内では「奉納演芸」で盛り上がります。
ものまね、マジック、漫才、のど自慢など盛りだくさんなプログラム。

「昔はもっとにぎやかでした。
夜遅くまで、私の家まで歌声が聞こえてきました。
今と違い、カラオケもない時代は生バンドの演奏での歌でした。」

と懐かしそうに話してくださいました。

中之島は、市駅もJR和歌山駅も、どちらも歩いて15分くらいという
とても便利なところに位置しているため
中之島に住みたいという方も多くいらっしゃるようです。
紀和駅だけでなく、紀伊中之島という駅もある中之島地区。

しかしその反面、高齢化が進んでいるのが現状。

「私としては、活気のある街にしてゆきたいと願っています。
そのために、男性の方にも積極的に外に出てきていただけるように
【男の居場所】をつくりたいと思っています。」

と白井さんは話してくださいました。

IMG_8754.JPG

男性がひとりでも気軽に来ることが出来る「男の居場所」。
是非実現させていただきたいですね。


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

2/5放送 「まちかど通信37」〜JR・市駅に近く「防災公園」があるまち〜中之島☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信37」
今回は中之島地区をご紹介します。
中之島連絡所 所長山口正則さんにお話を伺いました。

中之島 山口所長.jpg


中之島地区は、和歌山市の中部に位置し、
道路が国道24号と北大通りが東西に走っており、
交通の利便性が大変良いところに存在しています。
人口は、平成31年1月1日現在6581人
3212世帯の方が生活しています。

この地区には、
中之島公園・向ノ芝公園・紀和駅前公園
3つの大きな公園があり、市民の憩いの場所となっています。

中之島公園.JPG
(中之島連絡所の隣にある中之島公園は桜がキレイです)

紀和駅前公園については、
和歌山市で初めての防災公園として、
平成29年5月にオープンしました。

IMG_8736.jpeg


IMG_8744.JPG


IMG_8754.JPG

また、これからの季節、和歌山市で一番早く咲くと有名な
国道24号、地蔵の辻交差点から西側に100メートル程
桜並木があります。

2月下旬に1本だけ咲き、3月上旬にまた1本だけ咲き、
4月上旬にはソメイヨシノの桜並木が咲き誇り、
市民の目を楽しませてくれています。

この桜並木は、1976年昭和51年に和歌山県工場緑化協会が
科学系の工場が多かった同地域に、
環境や景観対策として植樹しました。

大半は、4月初旬に咲くソメイヨシノですが、
その中に1本だけ2月下旬に咲く桜は沖縄や鹿児島県に分布する
カンヒザクラ(寒緋桜)といい、その桜にはメジロの姿ものぞきます。

IMG_0373.JPG

中之島地区社会福祉協議会では、
思いやりでつくる幸せな街 中之島
になればと
平成4年から65歳以上の一人暮らしの方をお招きして、
2ヶ月に1度、偶数月に「ふれあい食事会」を実施しています。
楽しくおしゃべりしながらのお食事の後は、
みんなで楽しく歌を歌ったりして、楽しいひと時を過ごします。

平成4年に始めてから、一度も休むことなく実施しており、
この2月で259回となります。

IMG_0392.JPG

所長となって2年の山口さんは、中之島地区や地区の皆さんについて
「皆さんとても仲が良く、活動が活発です。
そこへ、約2年間参加させていただいて
私なりに色々勉強させていただき、
楽しませていただいています。」

と話してくださいました。


IMG_0390.JPG

「中之島連絡所」はこちらをクリック!


明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

1/31放送「まちかど通信36」〜公園の美化活動でわかやま環境賞・特別賞「西浜婦人会」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信36」
今回は雑賀地区をご紹介しています。
今日は、60周年を迎えた「西浜婦人会」の取り組みについて
37年間にわたって会長をつとめる
堰本信子さんにお話を伺いました。


堰本さん2.jpg


西浜婦人会の主な取り組みで永く続けているのが
高津(たかつ)公園の清掃・美化活動です。

「もう何十年も続けています。」とおっしゃる堰本さん。
調べてみると昭和56年(1981年)から。
今年で、38年になります。


高津公園3.JPG

雑賀小学校の南側、星林高校の東側にある「高津公園」は
地区の皆さんの憩いの場所。
この高津公園の清掃活動と花壇のお手入れ、花の植え替えや水やりを
西浜婦人会の皆さんが続けています。

夏の暑い時は、朝夕2回の水やりが必要だそうで、
お世話をするのも大変です。
しかし、道行く人たちが、
「ご苦労さま」
「お花可愛いですね」
と声をかけてくださることが
とても嬉しいとおっしゃいます。

「通る人の和みになれば」という思いで
活動を続けていらっしゃいます。

高津公園4.JPG

高津公園5.JPG

その永年の活動が評価され、昨年(平成30年度)
わかやま環境賞特別賞に選ばれました。

「これも励みになっています。
知事から賞をいただいたときは皆で写真を撮って来ました。
大喜びをしています。」



ところで、雑賀地区では毎年お盆の2日間、地区をあげての
「盆踊り」が開催されています。

この2日間は、小さなお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで
500人もの皆さんが集います。

この時も西浜婦人会の皆さんには大きな役割があります。
毎年恒例の、売店です。

輪投げ・ヨーヨー釣り・フランクフルトなどのお店を出しているそう。
毎年恒例なので、この売店を目当てにやってくる子どもたちも多いとか。
そこで、堰本さんたちは、わなげの賞品も同じものにならないように
去年と違うものを用意したりして工夫をされています。

それはずべて
「地域の皆さんに楽しんでもらいたい」
という気持ちからです。

「このように
地域の皆さんが、何かでつながっていく
それが一番大切なことではないかと思うんです。」

堰本さんは、常日頃から地域の皆さんとつながっていればこそ、
独り暮らしの方がどこにいらっしゃるかということもわかるので
例えば、災害が発生しても、一緒に避難できるのではないか?
むしろ、このような人々のつながりを大事にしなかったら、
地域活動はありえない、とおっしゃいます。

高津公園の梅2.jpg


そんな「つながりを大切にー。」という思いから、
雑賀地区では、2年前から
「さえずり会」がスタートしました。

第2第4の日曜日、午後1時30分から4時までの間は
西浜の自治会館に、どなたでもお越しいただける
「おしゃべりをする場」を設けています。

おしゃべりしましょう、という意味で「さえずり会」。

1人でもグループでも、時間内であればいつ来て、
いつ帰っても自由。

最近ではおしゃべりだけでは済まなくて、簡単な手芸なども
行っているそうです。

堰本さんは、
「どなたがいらっしゃらなくても、私は1時半から4時までいます。
もしも、お独りでさみしくされているなら、
さえずり会にお越しください。」


それが堰本さんの願いです。

スタートした年は391人の方が来られ、
昨年はちょうど300人。

「今年は何人の方が来られるのか楽しみです。
これはずっとずっと続けていきたいと思っています。」


IMG_0368[2549].jpg


ところで、放送ではお伝え出来ませんでしたが
毎年3月に開催されている
「和歌山市人権フェスティバル」での
劇団Qによる人権劇は、もうずっと堰本さんが脚本を書かれています。
演じる女優は和歌山市婦人団体連絡協議会の皆さんです。

「劇団Q」はクエスチョンのQ
お答えはそれぞれ皆さんの心の中にあります、という思いで
堰本さんは毎年脚本を書かれています。
今年も3月に「人権フェスティバル」が開催されます。
是非、劇団Qの「人権劇」にもご注目くださいね。


「わかやま環境賞」はこちらをクリック!


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 | まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする