2017年07月18日

7/18放送「小学校訪問P」赤十字集会〜大新小☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「小学校訪問P」
和歌山市立大新小学校にお邪魔しました。


IMG_1401.JPG


大新小学校では「青少年赤十字」の活動を行っています。
このほど、「赤十字集会」が開かれました。

集会の前には、赤十字委員の皆さんによる「募金活動」が行われ
児童たちは、これまで貯めてきた1円玉や古切手などを
回収用の容器に入れていました。

IMG_1387-001.JPG

校長先生も地域の方から寄せられた古切手を持って来てくれました。

IMG_1394.JPG

「赤十字集会」では、
はじめに、
募金ご協力ありがとうございました。
とお礼の言葉がありました。


IMG_1400 (1).JPG


そして、
「青少年赤十字」のちかいのことばを元気よく
みんなで唱和しました。

「赤十字の歌」もみんなで元気よく。
そして、
今年の赤十字活動の目標が発表されました。


IMG_1408 (1).JPG


「1円玉15000 古切手10000枚 古カード100
みんなで取り組んで達成してくださいね。

募金で集められた1円玉や古切手などは、
バヌアツネパールなどの災害の多い国に送られるとのこと。
赤十字委員から発表がありました。


さて、1年生にとっては今回初めての「赤十字集会」
これから6年間、活動を行っていくにあたって
着用する「赤十字バッジ」が、6年生から贈られました。

IMG_1412.JPG

これから、赤十字活動頑張ってくださいね。


この日は、日本赤十字社和歌山支部の方も訪れ、
「青少年赤十字」についてのおはなしがありました。


IMG_1415.JPG


最後に、松田晃校長先生のおはなしです。

IMG_1418 (1).JPG


この「赤十字集会」を進行したのは
「赤十字委員会」の皆さん。
一生懸命勤めてくれました。

IMG_1419.JPG

大新小学校では、赤十字活動として
他に公園の清掃も行っています。
これからも赤十字活動、頑張ってくださいね。

「大新小学校」はこちらをクリック!


明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☔| 小学校訪問(2017) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

7/13放送「小学校訪問O」動物から命の大切さ学ぶ「わうくらす」〜東山東小☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「小学校訪問O」
和歌山市立東山東小学校にお邪魔しました。

東山東小学校では、このほど
動物を通して命の大切さを学ぶ「わうくらす」
2回目の授業が行われました。


IMG_1315.JPG


これは、和歌山市の小学生を対象に開かれている
「動物愛護啓発事業」のひとつで、
東山東小学校では5・6年生の児童が受講しています。


IMG_1329.JPG

この日は、和歌山市保健所から
生活保健課獣医師渡邊喬(わたなべたかし)さんが学校を訪れ
児童たちに「犬正しい飼い方」について
お話しました。

IMG_1322.JPG


この中で、渡邊さんは
「犬や猫を飼うのは楽しいことばかりではありません。」
「犬や猫が生涯を終える
最後まで、きちんと飼えるかどうか
最初にしっかり考えることが大切です。」

と訴えました。

IMG_1313.JPG


渡邊さんによると
「わうくらす」は、4回シリーズの授業で
この日は2回目。
和歌山市内では、今年度17校がこのような授業を受けています。
生き物を飼う上での心構えなどを話し
動物を通して命の大切さを学んでもらい、
他者への思いやりの心を育てることが目的。

「東山東小学校の皆さんは、素直に聞いてくれ
積極的に参加してくれるので、とても進めやすいです。」
と渡邊さん。

この日は、渡邊さんと一緒に愛犬のレオも来ていました。
授業の終わりに児童たちはレオと触れ合いました。


IMG_1331.jpg

IMG_1335.jpg


児童たちに感想をお聞きしました。
「柴犬を飼っていますが、散歩などはパパに任せてました。
これからは、率先していきたいと思います。」

「僕は動物を飼っていませんが、レオと触れ合えてよかったです。
可愛くてフサフサしていて、なめられた時は嬉しかった。」

「おばあちゃんちで犬と猫と魚を飼っています。」


IMG_1337.jpg


「ペットショップで可愛いから飼いたいと思っていましたが、
飼う時はしっかりとお父さんお母さんと相談したいです。」

「知らないこともあってたくさん学んだので、しっかり頭に入れて
将来もし飼うことがあったらきちんと守りたいです。」


IMG_1336 (3).JPG


東山東小学校の5・6年生の児童の皆さんは
とても良く学ばれていました。
わうくらすでしっかり知識を身に付けて、
将来は、良い飼い主さんになってくださいね。


「東山東小学校」はこちらをクリック!


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 小学校訪問(2017) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

7/11放送 「小学校訪問N」大きくな〜れ!田植えで歓声〜三田小☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日は「小学校訪問N」
和歌山市立三田小学校にお邪魔しました。

IMG_0987.JPG

三田小学校では、今年も5年生が
「米づくり」の一連の作業を体験しています。
6月の初旬、学校近くの田んぼで田植えを行いました。


IMG_0964.jpg


「5月12日に種まきした苗、おおきくなーれと言って育てたので
こんなに大きくなりました。」

と説明するのは、
長年にわたって、三田小学校の米づくりを支えてくださっている
三田地区連合自治会長南出帥治(みなみですいじ)さん

この苗を田んぼに植えてゆきます。

IMG_0967 (2).jpg

「田んぼに入ったことある??」
「ない!」「初めて!」

ほとんどの児童が、初めての体験。
まずは、はだしで田んぼに入ります。
恐る恐る田んぼに入る子どもたち。

IMG_0974.JPG

「わー!!」「ちょっと気持ちわるい」
「気持ちいい」

歓声が上がります。

IMG_0975 (1).JPG


実際に入ると、子どもたちの足首よりももう少し深く、
転ばないようにバランスを取るのがちょっと大変そう。

横一列に並んで、いよいよ手で植えていきます。
南出さんはじめ、地域の農家の方たちがアドバイスをしながら
子どもたちは一歩一歩後ろに下がりながら
等間隔に苗を植えてゆきました。

IMG_0976.jpg


「お米づくり」の一連の作業について
三田小学校の中尾先生にお聞きしました。

「今日田植えをしたら、夏休みまでは稲の様子を見ながら
今度は案山子づくりをします。
夏休みの登校日には案山子を立てて、
2学期に入ったら、社会の時間でも農業のお勉強をします。
秋には収穫をして、もち米なので、餅つきをして、
ワラは、(前回の取材のように)
しめ縄づくりをします。
春は、この田んぼはレンゲ畑だったので、
子どもたちはそこでレンゲ積みで遊ばせてもらいました。
1年を通してお世話になる田んぼです。
また、地域の方たちは何も言わずにこのように協力して
下さっているのでありがたく感謝しています。」



IMG_0979.JPG


子どもたちのお世話をしてくださっている南出さんは
「種を植えて、田植えまで一生懸命してくれたので
これからしっかり管理していきます。
稲は、あたたかいほど分けつしていきますので、
5〜7本くらいになります。
私が、ことだま農法という話をしたら、
大きくな〜れと声を掛けてくれたので、
苗も大きく育ちました。
一生懸命その気持ちになってくれています。」



IMG_0982.JPG


IMG_0986.JPG


IMG_0991.jpg


IMG_1001.JPG


田植えを終えた子どもたち。
「ヌメヌメして気持ち悪かった。」
「足が気持ち悪かったけど、楽しかった。」
「上手に出来ました。」
「大きくな〜れと念じながら植えました。」
「立派なお米を作るぞ!

実りの秋が楽しみですね!

「三田小学校」はこちらをクリック!


明日は「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 小学校訪問(2017) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする