2021年01月27日

1/27放送 和歌山市のまちづくり

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日は、和歌山市のまちづくり
市内の都市再生推進法人の活動をご紹介します。

☆都市再生推進法人とは、都市再生特別措置法に基づき、
地域のまちづくりを担う法人として、市町村が指定した団体です。
まちづくりの新たな担い手として期待されています。


前回に引き続き、
「株式会社 紀州まちづくり舎」吉川誠人さんにお話を伺います。

IMG_9525.JPG

まちづくりに携わったきっかけ

家が実は、有本川の真横にあって、昔からその川を眺めて生活していました。小学校の頃、川の色が変わっていく時代がありましたが、大人になると川が透き通っているのに気づきました。その有本川をカヌーで下ったことあるんですけど、これが気持ちよかったんです。これは皆さんに知ってもらいたいと思い、市堀川のカヌー体験を始めました。

そんな中で、和歌山市がまちづくりに活かすことが出来ないかなということで、一緒に考えてほしいというお話もあって活動を始めました。 水辺の取り組み、空き家の活用やポポロハスマーケットで評価され、一昨年、国土交通大臣賞をいただきました。

IMG_9516.JPG

「株式会社 紀州まちづくり舎」のこれからについて。

石窯を公園に作りたいです。「石窯ポポロ」を農園レストランとしてプレートランチをメインにしたお店にして、石窯をこっちに持ってきて、石窯を中心にしたお店にする企画をしています。公園で石窯があって、ピザを食べてもらえるような空間を作りたいです。

公園に来て、1日遊べるようなコンテンツを一つ一つ作りたいなと思ってるんです。例えば、DIYを楽しめたり、小さな店があったり。パン屋さんやコーヒースタンドなど。新しいコンテンツを作って、それをまちに広げていきたいです。

これから何か新しくものを作りたいとかお店がしたいとかそういう方達が集まってきてそれを実現していけるよな、またチャレンジしやすいようにここに来たら何か情報がある、実現しやすいようなコミュニティを作れたらなと思います。そこから色んな人が新しいチャレンジを起こして、店やコンテンツが増えてって歩いて楽しいまちになったら素敵だなと思います。

posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 和歌山市のまちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする