2021年01月14日

1/14放送 企画展「歴史を語る道具たち」

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今回は、冬季企画展「歴史を語る道具たち」について
和歌山市立博物館の学芸員 泉あやこさんに伺います。

歴史を語る道具たち-3.jpg


Q:今回の冬季企画展「歴史を語る道具たち」を開催ということですが、どのような目的で開催されるのでしょうか。

和歌山市立博物館は、開館より40年近い歳月の間に、市民の皆さまからご寄贈いただいた様々な民具を所蔵しています。それらは、かつて和歌山に暮らした人々の生活をうかがい知ることのできる貴重な資料です。本展覧会は、小学3年生の社会科の授業と連携し、子どもたちに昔の暮らしを学んでもらう教育プログラムの一環として開催します。また同時に、昔の思い出を懐かしむ市民の皆さまに広くお集まりいただきたく企画しました。

Q:冬季企画展「歴史を語る道具たち」は、いつ、どこで開催されるのでしょうか。

この企画展の開催は、令和3年1月5日(火曜日)から2月28日 (日曜日)まで、和歌山市立博物館2階の特別展示室で開催いたします。

Q : 冬季企画展「歴史を語る道具たち」は、どのような内容なのでしょうか。

展示は6部構成です。暮らしの道具、遊びと勉強、はかる道具、暖まる道具、食事の道具、明かりの道具からなっています。加えて今回は、洗たくとアイロン道具の移り変わりを知ることのできるコーナーを設けました。総展示数は約110点、その内新たに加えた資料が約20点あります。

Q:こちらの冬季企画展「歴史を語る道具たち」についてもう一度、ご案内をお願い致します。

冬季企画展「歴史を語る道具たち」は、1月5日(火曜日)から2月28日(日曜日)まで開催しております。開館時間は、午前9時から午後5時で、入館料は大人100円、高校生以下無料、こども無料となっています。この企画展に関するお問合せは、和歌山市立博物館までご連絡ください。電話番号は、073-423-0003です。

Q:市民の皆様へメッセージ。

昔の道具には、人々の暮らしの知恵と工夫の数々がつまっています。皆さまのご来館をお待ちしております。

【お問い合わせ先】
 ・和歌山市立博物館 ☎073−423−0003
 ・和歌山市立博物館ホームページ(⇒こちら☆
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする