2021年01月06日

1/6放送 体験農園「土の農園」の利用者募集

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆


昨年7月に公園の一部をリニューアルオープンした、四季の郷公園。
今回は四季の郷公園内にある体験農園の利用者募集について
和歌山市 農林水産課の田又あすかさんに伺います。

農園見学会チラシA (002)-1.jpg

Q:まず、体験農園とはどのようなものでしょうか。

体験農園では、プロの農家さんに教わりながら、自分の手で安全・安心かつ新鮮で美味しい野菜を育てることができます。何を植えるのかを農家さんが計画してくれますし、収穫までに必要な作業を学ぶことができるので、初心者でも安心です。苗や種はもちろん作業に使う道具は全て準備されているので、手ぶらで参加ができます。

Q:広さや利用料金はどの程度なのでしょうか。

1区画、約20uです。利用料金は年間5万円で4月から翌年1月まで利用できます。

Q:どんな野菜が作ることができますか。

春夏野菜はトマトやキュウリなど、秋冬野菜は白菜やキャベツ・大根など、通年で25種類程の野菜を育てることができます。
また、農薬を使わないため安心安全ですし、土づくりをしっかりしているので味の濃い野菜ができます。

Q:農業体験以外にもイベントがあるそうですね。

昨年は農業に関する講演や”かかしづくり”、”しめ縄づくり”などのイベントも行われました。今年も収穫した野菜を使った料理教室など様々なイベントを行う予定です。

Q:申込方法について教えてください。

和歌山市ホームページから申込書をダウンロードし、郵送又はメールにて申込をしてください。申込先は、「NPO法人 さんどう」宛てで、住所は〒640-0301和歌山市木枕228−1です。問合せ先は農林水産課073−435−1049です。申し込み締め切りは、2月26日(金)です。

Q:農園見学会も行われるそうですね。

1月10日(日)と1月17日(日)の午前10時〜正午の間、体験農園の見学会を行いますので、体験農園がどんな場所なのかを実際に見てからお申し込みいただけます。職員も常駐していますのでご質問にもお答えいたします。ぜひ、お立ち寄りください。

Q:市民の皆様へメッセージ。

四季の郷公園には農産物直売所や地域食材レストランがあり、四季折々の食を楽しむことができます。BBQ広場もあるので、オリジナル商品やとれたて野菜を持ち込んで楽しむこともできます。また、令和3年4月には四季さい館や四季さい館前の多目的広場も新しくなる予定です。新しい魅力いっぱいの四季の郷公園に是非お越しください。

チラシ案@ (002)-1.jpg

【お問い合わせ】
和歌山市ホームページ(詳しくはこちら☆
和歌山市農林水産課 ☎073-435-1049
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする