2020年03月25日

3/25放送 世界自閉症啓発デー・和歌山城ブルーライトアップ

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

水曜日は暮らしのゲンキ。
障害者支援課の脇谷香奈子さんにお聞きします。
 世界自閉症啓発デー.jpg

☆ 和歌山城ブルーライトアップ ☆
     4月2日(木)18:00〜23:00

Q 4月2日は「世界自閉症啓発デー」
平成19年の国連総会で決議。自閉症への理解を深めてもらう取り組みが行われています。シンボル的な事業として、自閉症のテーマカラーであり「希望」と「癒し」を表す青色で世界各地の名所旧跡等がライトアップされています。日本では、4月2日〜8日を「発達障害啓発週間」とし、ブルーライトアップやシンポジウム等の様々な啓発普及活動を実施。和歌山市でも、市のシンボルである和歌山城をブルーにライトアップし、自閉症について理解を深める啓発活動を行います。

Q 自閉症とは?
原因は特定されておらず、多くの遺伝的な要因が複雑に関与した生まれつきの脳の機能障害が原因と考えられています。環境や親の育て方によるものではありません。また、自閉症は、症状が軽い人も含めると約100人に1人いると言われています。対人関係や社会性の障害、コミュニケーションの障害、想像力の障害(例えばこだわりが強いなど)の3つの特徴があります。その感覚や行動について誤解を招くことが多く、より一層の理解が必要です。

Q 自閉症の方にはどのように接すれば良い?
◎会話が苦手
 ・発達に応じてその人が理解できる言葉を使う
 ・写真や絵などを添えて説明する
 ・短い表現で話す
◎人混みや大きな音、光などの強い刺激が苦手
 ・刺激による不快感を増幅させない安心な環境づくり

Q 和歌山城ブルーライトアップの見どころは?
桜が咲き乱れる中での特別な演出は1年に1度だけ。この機会に一人でも多くの方に自閉症について正しい理解と認識を深めていただき、障害の有無に関わらず誰もが幸せに暮らせる和歌山市を目指していければと願っております。

■お問合せ先
 和歌山市障害者支援課 073−435−1060
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする