2020年03月24日

3/24放送 道路建設課のお仕事

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

今日は、暮らしのゲンキをお送りします。
道路建設課のお仕事について、
鶴見一恵さんにお聞きします。
道路建設課.JPG

Q 道路建設課の業務内容は?
和歌山市役所東庁舎4階にある道路建設課では、道路や橋梁といった公共構造物の建設や、既存路線の拡幅・改良工事など、都市計画道路や生活道路の整備に関する業務を行っています。計画された道路を実現させるために、設計委託を行い、周辺住民の方々の意見などを参考にさせていただきながら、道路の形(法線)を決めていきます。その後、設計図面を精査し、建設総務課にて入札を行います。業者が決定すれば、事務処理や周辺の方々へのお知らせ、そして業者との協議を繰り返し、工事が円滑かつ安全に進むよう、工事全体の監督を行います。以上、一部の業務を例に挙げましたが、路線ごとの予算管理や、急傾斜対策など、課内での業務は多岐にわたります。

Q 鶴見さんのお仕事は?
この一年、上司の工事の補助をさせていただき、監督を行うための勉強をしております。和歌山市西庄地内の道路改良工事の監督補助を行い、通学路の安全確保を第一に、市道の整備を進めてきました。児童が安全に通学することができるよう、グリーンラインとポストコーンを用いて、歩行空間を確保しました。元からあった道の拡幅はほぼ完了しましたが、県道へ接続する新しい道の整備は終わっていません。早く皆様がご利用できるよう、協議を重ねながら、整備を進めてまいります。

Q 仕事をする上で心掛けていることは?
一つ一つを丁寧に積み重ねることを心がけています。これは、事務処理や設計業務、監督など全ての基本であると思っています。知識や経験が足りないと感じる部分が多々あり、一つの物事に時間がかかってしまうことがよくあります。また、メモをとらないなど、不精をしてしまうと、後々自分で理解できなくなってしまうなど、次回につなげることができなくなってしまいます。人との関わりも丁寧に積み重ねることが基本であると考えています。工事は騒音が発生したり、通行止めや片側通行になってしまったりと、周辺にお住まいの方々には、多大なるご迷惑をおかけしてしまうことが多いです。道路や橋梁が完成した時に、「協力して良かった」と思っていただけるように、工事を進めていきたいと考えています。

Q 市民の皆さまへメッセージを!
工事中、周辺の方々はご不快な思いをされる場合が多いです。日頃のご理解とご協力、心より感謝いたします。ご不快な思いをされないよう、最大限に努力をしていますが、至らぬ点もあるかと思います。しかし、工事後「迷惑に思うときもあったが、良い道になった」と感じて頂けるように、丁寧に工事を進めていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。和歌山市が住みよく、災害に強いまちになるように、安全で快適な市道を整備していきます。

■お問合せ先
 和歌山市道路建設課 073−435−1087
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする