2020年01月06日

1/6放送 こども総合支援センターオープン!

☆今日の放送はこちらからお聴きいただけます☆

月曜日は「暮らしのゲンキ」。
今日(6日)、和歌山市北桶屋町に移転オープンする
「こども総合支援センター」について、
センターの中井亜沙美さんにお聞きします。
 センター1.JPG
こども総合支援センターとは?
○18歳未満の子どもに関する相談に対応
(子育てに関する情報が知りたい、
 子育てに悩んでいる、育児にイライラしている、
 しつけや教育のアドバイスがほしい、
 子どもが学校にいくことができない等)
福祉や教育に関する専門の職員がいますので、
福祉と教育の視点から子どもや保護者の方が抱える課題に
対応できます。


○子育てや子どもたちの学校生活を支援する事業
・保護者の病気、育児疲れや就労等で一時的に子どもを
 預かる「ショートステイ・トワイライトステイ」
・前向きな子育てを支援するグループワークやセミナー
・不登校の子どもたちが通う「適応指導教室」の運営

建物(4階建て)
1、2階:本町こども園(2020年4月開園)
3、4階:こども総合支援センター
相談室が増え、心理療法室や家族療法室を新設。
親子共により気軽にお越しいただける環境に。
また、適応指導教室に通う子どもが、
個別で静かに学習できる部屋も新設され、
子どもの状況に応じた支援を行いやすくなっています。

職員体制
移転に合わせて、「子ども家庭総合支援拠点」を設置し、
さらに和歌山市のこどもを支援する体制を整えていきます。

「子ども家庭総合支援拠点」は、地域のすべての子どもや
家庭、妊産婦等の相談に対応する子ども支援の専門性を
有した機関
のことをいいます。職員も増員。
これまで以上に、子どもや家庭に必要な支援に繋げ、
関係機関との連携・情報共有等を行っていきます。
このような取り組みが虐待から子どもを守ることにも
繋がっていきます。
 センター2.JPG
市民の皆さまへのメッセージ
移転後も当センターでは市民に寄り添う支援を大切に、
子どもに関するすべての相談に応じていきます。
子どものことで何か困っていることがあればご相談
ください。子ども自身の相談もお受けしています。
相談いただいて、すぐに解決することではないかも
しれませんが、ぜひ一緒に考えさせていただきたいです。
相談しようかどうか悩まず、
まずはこども総合支援センターにご連絡ください!


◎ こども総合支援センター ◎
○住所:和歌山市北桶屋町7番地
   (本町公園の北側、信愛大学の西隣)

○電話:073−402−7830

○電話相談専用ダイヤル:073−402−7831
   (月〜金)9:00〜21:00

○和歌山市のホームページ:こちら☆
 こどもセンター.png
posted by ゲンキ和歌山市 at 08:00| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする