2019年01月28日

1/28放送 「公民館フェスティバル」2月15日から開催☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「公民館フェスティバル」開催について
生涯学習課の井本小百合さんにお話を伺いました。

公民館フェスティバル.jpg

公民館は、地域住民に密着した最も身近な学習の場として
地域の文化の向上、地域連帯感の高揚等を図るために
活動を続けています。

その活動の中で生み出された作品を展示し、
また習得した演技などを発表することで
公民館活動の様子を市民の皆様に知っていただくとともに
公民館相互の交流を深める機会とします。

今年は、2月15日(金)から17日(日)までの3日間開催。

作品展については、
2月15日(金)から17日(日)まで、
市民会館展示室で開催します。

時間は午前9時30分から午後5時までとなっていますが、
初日の15日は、午前10時からテープカットを行い
そのあとご入場いただけます。
最終日の17日は午後3時までです。

実践発表会は、
2月16日(土)午前11時30分から、
和歌山市民会館小ホールで行います。

作品展は、全42地区 約1850点の出品が予定されております。
展示品としましては、
絵画、ちぎり絵、写真、パッチワーク、生け花、陶芸、手芸、
書道、川柳など、さまざまな作品が展示されます。

実践発表会は、
29地区から約400人の方が出演予定で、
演目は、民謡、コーラス、大正琴、社交ダンス、太極拳、和太鼓、
フラダンス、健康体操などがあります。

井本さんは
「皆様に公民館活動を知っていただく絶好の機会ですので、
多くの方々ご来場をお待ちしております。」

と多数の来場を呼び掛けています。


詳しくはこちらをクリック!


明日は「まちかど通信36」です。
お楽しみに。






posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする