2019年01月22日

1/22放送 市役所お仕事紹介〜「地籍調査課」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

今日も「暮らしのゲンキ」をお送りしました。
和歌山市役所のお仕事紹介
今回は「地籍調査課」
地籍調査課の高野裕子(たかのゆうこ)さんにお話を伺いました。

地籍調査課 高野さん3.jpg

市役所本庁舎の西側にある
アラスカビル2階に地籍調査課があります。
地籍調査課では、和歌山市の土地の境界をひとつひとつ確認して
正確な地図を作成する業務を行っています。

地籍調査課は、班を設置しておらず、
地籍調査事業を進めるための予算や、所有者調査、
そして事業を正確にすすめるための現場監督といった業務を
役割分担しながら進めています。


高野さんが担当しているのは、
地籍調査事業の監督業務です。

地籍調査はまず1年目に地元説明会を開催し、
調査地区の土地に赴いて
土地所有者や関係者の立ち合いのもと、
ひとつひとつ隣の土地との境界を確認していきます。
それから、境界の測量を行います。

2年目には、
調査結果にもとづき作成した地籍図・地籍簿を
所有者に確認したいただく閲覧という業務があり、
3年目に、
県知事の承認と国の認証を経て、完成した正確な地図が
法務局に備え付けられます。

高野さんはその一連の工程を監督する業務を担当されています。


地籍調査が完了していると、
もしも元の土地の位置が分からなくなったとしても、
データをもとに正確に復元できるというメリットがあります。

近年、大規模な自然災害が頻発していますが、
市民の生命と財産を守ること、迅速な復旧活動を行うための対策は
和歌山市でも重要な課題となっています。

地籍調査は迅速な復興に直結する全国的にも重要性が高まっている
やりがいのある仕事です。

ところで、高野さんは
昨年4月に、和歌山市役所に入庁、
初めての所属部署が地籍調査課です。

仕事を行う上で気を付けていることとして、
土地の調査を行う際は、
現在法務局に備え付けられている公図や測量図などの
客観的な資料を参考にし、
よく理解している必要がありますが、
その土地のことをよくご存じなのは
土地所有者の皆様であるという考えのもと、
実際に現場で所有者の皆様のお話を
よく聞くことを心掛けています。


高野さんは
「地籍調査課は、和歌山市の地籍調査課進捗率100%を目指し、
課員一丸となって業務に励んでいます。
皆さまの地域で地籍調査を行う際には、ぜひご協力のほど
よろしくお願いいたします。」

と話しています。

詳しくはこちらをクリック!


明日も「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。


posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☀| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする