2019年01月07日

1/7放送 「特定健康診査」〜受診期限が迫っています☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

月曜日は「暮らしのゲンキ」です。
今日は「特定健康診査」について
国保年金課の宮島優香さんにお話を伺いました。

「特定健康診査」を受診できる対象者は、
平成30年4月1日現在、和歌山市国民健康保険に加入している
40歳から74歳までの方です。
平成30年度中に40歳になった方は、39歳から受診できます。
ただし、和歌山市国民健康保険から脱退された方は除きます。

特定健診とは、
生活習慣病を早い段階で見つけるための健診です。
血液検査、心電図、尿検査など1万円相当の健診が無料で受けられます。
健診を毎年受け続けることでからだの変化に気づくことができ、
健康管理に役立ちます。

受診期限は平成31年1月31日までです。
受診期限が迫っていますので、まだ受けられていない方は、
是非この機会にご受診ください。

対象の方は、5月の中旬に「特定健康診査受診券」をお送りしています。
受診の際は直接、実施医療機関に予約の上、受診してください。

受診日当日は、その受診券と国民健康保険被保険者証が必ず必要です。
受診券をなくされた方は、再発行が可能です。
特定検診に関するお問い合わせは、
和歌山市役所国保年金課までご連絡ください。

☎073‐435₋1215です。

特定検診は受診することはもちろんですが、
受けたあとが大切です。

健診結果によっては、特定保健指導のご案内を送付させていただいて
います。
この特定保健指導は、健診の結果から
生活習慣病になるリスクの高い方のみ
ご案内している健康教室です。

この教室は、市役所はもちろん、市内7つの医療機関でも実施しています。
手紙が届いた方は早めに生活習慣を見直すチャンスだと思って
是非特定保健指導を受けてくださいね。

受診期限は1月31日となっています。
また、期限が迫ると医療機関によって受けられない場合があります。
お早めに受診ください。


詳しくはこちらをクリック!


明日も「暮らしのゲンキ」です。
お楽しみに。

posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| 暮らしのゲンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする