2018年10月11日

10/11放送 まちかど通信24〜人と人とのつながりを!「安原地区公民館10周年記念文化祭」☆

(今日の放送はこちらからお聴きいただけます)

「まちかど通信24」
今回は安原地区をご紹介しています。

今日は
安原地区公民館長南美喜也さん
公民館の活動と文化祭についてお話を伺いました。

IMG_7879.JPG

安原地区公民館の活動は今年10周年の節目の年を迎えました。

「地域の人と人のつながりを深める一つの機会になれば」
という願いを込めて始まった公民館活動。

現在、剣道、生け花、日本画、写真、絵手紙
5つの教室を開講しています。

教室によっては、週に1度や月に1度と異なり特色がありますが、
さまざまな年齢層の方が一生懸命取り組んでいます。

子育て中や仕事を持っている方には、なかなか参加していただきにくい
現状がありますが、剣道については、40人ほどの生徒がいて、
必ず保護者の方も一緒に参観されていますのでとても賑やかです。


IMG_7890.JPG


その日ごろの成果を発表する「文化祭」は、
今年も開催されます。

「おかげで10回目の文化祭を
11月2日から4日まで3日間、安原支所の1階と2階を使って
開催します。」

と南さんは嬉しそうに話されました。

対象は、子どもから大人まで。
安原地区にお住まいの方、
安原地区に働きに来ている方、さらには以前住まわれていた方も
作品を出品されます。

また、地域にある学校や団体、
施設に入所されている方の作品なども出品されます。

文化祭当日には、
介護施設から車で連れてきてもらった入所者の方が、
自分の作品の前で
笑顔で記念撮影をする姿も見られるそうです。

「よかったね〜。」という声に笑顔でうなずく入所者の方。
そんな良い光景が見られ、それを見る中で、
南さんは
「また、来年もやろう」という思いを新たにされるそうです。

IMG_7875.JPG

毎年、400人くらいの方でにぎわう文化祭。
最近では、出品作品だけでも150点以上にのぼります。

第10回記念文化祭では、特別なプログラムとして、

11月3日(土)の午後1時30分から2時30分くらいの間に
支所の前庭でリコーダーミニコンサートが行われます。

ところで、この文化祭は地区の皆さんにとっても
大きな励みになっているようです。
これまで、文化祭に参加された方の感想をお話してくださいました。

「このような発表の機会をいただきありがたい。」
「見てくれた人が良かったねと言ってくれる」
「ひとつの生きがいが増えたような気持ちなります。」
「私も何かしようかな?という思いになりました。」
「家族で見に来られて共通の話題ができてうれしい。」
「友達と電話をかけあって見に来ました。
年に一度会うことを楽しみにしています。」

などたくさんの喜びの声や感想が届いているそうです。

IMG_7884.JPG


南さんはこの文化祭について
「今まで以上に、
安原連合自治会の協力を得て、近所の方々、友達、家族など
より多くの方々が、文化祭を見に来てくれたらと思います。
人と人とのつながりが深まり広がる機会となるように。
あたたかい活気のある安原地区になればと願っています。」

と思いを語ってくださいました。

第10回安原地区公民館文化祭が盛大なものになりますように

IMG_7892.JPG

「安原支所」はこちらをクリック!


明日は「ゲンキトピックス」です。
お楽しみに。



posted by ゲンキ和歌山市 at 07:25| 和歌山 ☁| まちかど通信(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする